カボチャとリンゴのケーキ | 子ども達と自然に暮らそ!

子ども達と自然に暮らそ!

十和田で耳つぼジュエリーのおうちサロンをする傍ら、
子育てがラクに楽しくなるように、
自然食、自然療法などを取り入れながら、
子ども達との自然な暮らしを提案しています。


テーマ:

久々のレシピです。

 

実家からもらったリンゴと、

煮たカボチャが残っていたので、

子供たちのおやつにしました。

 

私はいつも目分量でやるので、

以下の分量は目安です。

 

【カボチャとリンゴのケーキ】

<材料>

国産小麦粉・・・250g

全粒粉・・・50g

重曹・・・小さじ1/3

豆乳・・・1カップ

菜種油・・・50cc

黒糖・・・55g

天然塩・・・ひとつまみ

煮ておいたカボチャ・・・適宜(一口大5ピースぐらい)

リンゴ・・・1/2個

シナモン・・・少々

 

※水分量は、煮ておいたカボチャの

水分にもよるので、

豆乳は豆乳以外の材料を混ぜた後、

様子を見ながら足していってください。

 

<作り方>

1・カボチャは煮ておきます。

(おかず用に作ったかぼちゃの煮つけでOK)

 

2・煮たカボチャをフォークなどで粗くつぶします。

 

3・リンゴは小さめのいちょう切りにしておきます。

 

4・粉類全てボールに入れて、2、3を入れて混ぜます。

 

5・菜種油、豆乳を入れてゴムベラでさっくり混ぜます。

 

6・クッキングシートを敷いたパウンドケーキ型

または、天板の上にクッキングシートを敷き、

シートの上に2cmくらいの厚さに伸ばし、

185度で45分焼きます。

(それぞれの家庭のオーブンによっても違います)

 

 

又、普段、子供たちが来たときに良く焼くのが

ワッフル。

ホットケーキの要領で焼くワッフルは

子供たちも大好きです。

うちみたいに、一度に何枚も続けて焼くのには、

鉄製の直火で焼けるワッフル器が便利です。

電気のワッフルメーカーは、

続けて何枚も焼いていると

ヒーターが焼き切れてしまうので、

もう電気タイプは使いません。

 

 

【我が家のいつものワッフル】

 

国産小麦粉・・・200g

全粒粉・・・50g

黒糖…50g

天然塩・・・ひとつまみ

重曹・・・小さじ1/3

豆乳・・・1カップ

 

材料はすべて目安。

ボールの中に全て材料を入れて

さっくり混ぜて、ワッフル器で焼きます。

 

 

 

 

 

 

さっちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス