タイトル通りなんですが、最近使っていたiPhoneを手放しました。
理由はさまざまありますが、それを細かく書いて行ってもただの毒吐きにしかならないだろうと思いますので、全部は書きません。
ただ、根本的な部分で相性が合わなかったという事になるんだろうなぁ、と思ったりしています。
手放す決心をさせるきっかけとなった決定的な出来事はありました。
それについては後ほど。

さて、ごく最近の私の周囲のAI関連環境にはデスクトップのWindowsマシンこそありますが、それ以外はMacbook Pro

 

 

それからApple TV4Kや

 

 

iPod Classic

 

 

そしてiPhone 12Mini

 

 

という感じでこのままiMac、iPad、Apple Watchと進んで行ったらもうそれこそ本当に俗に言う所の「Apple信者」さながら、という事にもなりかねない状態です。
しかしそんな中でも唯一、少し前から何となく馴染めなさを感じ続けていたのがiPhoneでした。
まぁそれでもカーオーディオ出力用を想定した場合どうしてもAndroidよりはiPhoneの方が都合が良く、もう殆どその為だけといった理由でそれ以外のさまざまな不都合には我慢して使い続けて来ましたが、しかしここへ来てほとほと愛想が尽きて来ました。
一応そう思う決定的なきっかけみたいなものはありまして、それはたった一回アップデートするだけの為に、都合3回もパスコード入力を要求された事(アップデートファイルダウンロードで1回、アップデートインストールで1回、アップデート完了後の再起動で1回)。

 

 

他にも外ではまだマスク着用が不可欠である状況下で未だ頑なにFace IDを採用している不合理や

 

 

Androidと共通でリリースされていたアプリでiPhoneではまともに機能しないものが多かったり、また余計なアップデートのせいでそれまで動いていたアプリが使い物にならなくなるなど、いろいろストレスに感じていた事が続いた後でこれですから、もうこの一件ですっかりブチ切れてしまい「やっぱりAndroidに戻すか」という考えに至ったのでありました。

そうする事で、ポータブルオーディオ用とは別にまた新たにカーオーディオ用専門としてiPod Classicを用意する事にしてしまったり(何とまだ入手可能なんですね。ちょっと驚きました)、

 

 

或いはApple TVでメールアドレスやパスワードの入力を要求された際にiPhoneを連携させて簡単に済ませられていたのが出来なくなってしまう、などといった点で新たな我慢を強いられなければならない問題は出て来ます。
ですが、この部分はどこまで行ったって必ず何かしら付いて来るものなので、ある程度は仕方無いとも思います。

そんなこんながありまして、またAndroidとの新しい生活が始まりました。
まだ数日しか経っていませんが、今の所概ね快適に使う事が出来ています。

 

 

さよならiPhone。
基本的にちゃんとした理由も説明せず「とにかくつべこべ言わずに要求された操作をやれ!」と言わんばかりの、ある種高圧的とも受け取れる姿勢が変わらない限り、もうそちらへ戻るつもりはありません。
ただこれまで通りMacbook ProとApple TV、それとiPod Classicはお気に入りなので使い続けますがw(何故かこれらは高圧的な感じがしないんですよね。同じメーカー製なのに不思議)。