タンザニアの布事情①〜カンガとキテンゲの違い〜 | 青年海外協力隊★キリマンジャロのジャカランダ〜タンザニア理学療法日記〜

青年海外協力隊★キリマンジャロのジャカランダ〜タンザニア理学療法日記〜

東アフリカに位置するタンザニア共和国。アフリカ最高峰のキリマンジャロ山の麓のモシ市で理学療法士として活動をしています。日々の些細な出来事を綴っていきます。


テーマ:
こんにちは。





日曜日の朝

家事の日です。


洗濯は手洗いなので、やはり時間がある時に一気にやってしまわないと溜まる一方。


洗濯後
うん、今日も色鮮やか…





タンザニアに来て、ここの布達が便利なので
タオルも乾きにくい厚手のTシャツ等もあまり着なくなりました。






そこで今日はタンザニアの布達を大まかに2つに分けて紹介しようと思います。






①カンガ
まずはタンザニアに代表的な布
その名もカンガ

こういう風に体に巻いて使う姿をよく見かけます。






カンガの特徴としては
中央下あたりにあるManeno(マネノ)と呼ばれる文字が書かれていることです。

これはスワヒリ語て書かれた諺(ことわざ)なようなもので、カンガを購入する際はこの内容を考慮する人も多く居ます。





カンガは速乾性もいいので、私はバスタオル代わりに使用しています。(ほんと晴れた日は30〜1時間くらいで乾きます)







②キテンゲ
スワヒリ語でキテンゲと呼ばれる布
アフリカ全体にあり、隣国のマラウイではチテンジ、ウガンダではチテンゲと呼ばれているようです。


キテンゲの特徴としては
なんといってもこのカラフルでバリエーションあふれるカラーでしょう







お店でもこんな感じで売られています。

綺麗だ〜!







キテンゲの使い方はほんとバリエーション豊富







こういう風に子供をおんぶするのに使ったり





女性達がお洋服の素材として使ったり…


(タンザニアはテーラー文化が発達しているので、それについてもまた触れます)




ほんと街を歩けばカラフルな色に溢れています。





おまけ


病院の中庭では晴れた日にはこんな光景が…




タンザニアでは洗った洗濯物をおいて乾かすのは結構普通…笑


衛生面については…

触れないでおこう…





Mchana mwema
よい午後を…

もずさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス