NHKは顔出し出演した元暴力団幹部に現在生活保護を受けている事情や心情について聞くべきだった! | 脱サイレントマジョリティー宣言;名指し提案型意見集

脱サイレントマジョリティー宣言;名指し提案型意見集

怒り、憤りを感じることがあまりにも多い、この世の中。我慢していては精神衛生上、甚だ良くない。
そこで、思うがままのホンネの意見を、ここに主張することにした。
わが青春時代の反骨精神よ蘇れ。
沈黙の子羊、サイレントマジョリティー状態からは、もう卒業だ!


テーマ:

3月に再放送されたNHKの「アナザーストーリー」。

 

山口組と一和会の抗争を取り上げた内容だったが、驚いたことに、当時の幹部が内縁の妻に付き添われて車椅子酸素吸入状態で顔出し出演していた。

 

この元幹部、今は生活保護を受けているという。

これまで国民年金には未加入だったのだろう。

暴力団としては当たり前か?

 

若いころは勝手気ままに暮らし、国民年金加入という義務は果たさず、一般市民に恐怖を与えるようなことをしておきながら、年とってからは権利として生活保護を受け取っている。

なんと甘えていることだろう。

 

この点に対し、インタビュアーも質問はしていたが、その内容はといえば、「今は生活保護を受けていますが・・・」といった、なんとも曖昧な問いかけのみ。

 

したがって、相手からも「こういうことになるんで・・」といった、曖昧な返事しか返ってこなかった。

 

編集でカットされたのかもしれないが、そこはズバリ、

 

・生活保護を受けている身で顔出し出演をOKした理由は?

・元暴力団の身でありながら、生活保護を申請したいきさつは?

・若いころには反社会勢力だったのに、今は社会に養われている。恥ずかしいとは思いませんか?

など、突っ込んで聞くべきだった。

 

顔出し出演をOKしてもらったので、忖度したのだろうか?

もしそうだとすれば、ジャーナリストとして粒が小さい話しだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怒髪天人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス