英語の勉強は声に出す | 京進スクール・ワン鴻池教室「リーチング日誌」
新型コロナウイルスに関する情報について

京進スクール・ワン鴻池教室「リーチング日誌」

京進スクール・ワン鴻池教室の岩根信之です。私が勉強について「日々思うこと」「ちょっとしたコツ」「教室でやりたいと考えていること」などをつづっています。

京進スクール・ワン

鴻池教室

 

“いいね!”

実感キャンペーン

スタートします!

(2月1日~3月31まで)

image

京進スクール・ワン鴻池教室は、JR鴻池新田駅前にある「1対2」で指導する個別指導塾です。
ホームページは>>こちら
無料体験授業受付中!
☎06-6748-7585 
ご遠慮なくお問い合わせください。
メールフォームでも受け付けております。
メールフォーム>>こちら

 

  先この時期の中学生の英語は、中1なら初めて本格的に英単語を覚える時期だし、中2、中3なら、過去形や過去分詞形の表を必死で覚えるべき時期です。

 

 そういう子たちを見ていて不安に思うのは、声に出さずに何とかしようとすることです。特に、暗記力に自信のある人ほど後々のダメージが大きくなってしまうので注意が必要です。

 

 そもそも言葉なんて「文字」より先に「音」で存在していたものだということからも、音を無視して、声に出さずに勉強することがいかに馬鹿馬鹿しいかは理解できると思います。

 

 大学入試改革で英語は四技能で騒ぎになっている割には現場の中高生は声に出して読むことを軽視しがちです。

 

 春はいい習慣を身につけるには最適の時期です。英単語の暗記や過去形&過去分詞形を覚えるときに声に出すことを意識しましょう。