優位性 | 岩手で釣りするブログ

岩手で釣りするブログ

岩手の釣り 海釣り/ルアー/渓流ルアー/岩洞湖•大志田ダム(菜魚湖)わかさぎ
2018年度 XESTAフィールドモニター


テーマ:

どうも

 

フィールドモニターとしてお仕事したいのに

全然魚が釣れなくてやきもきしているそ~あです

 

週末は荒れ模様でしたねぇ(´ω`;)

一応土曜日は所用ついでにちょっと竿出しに行きましたが

爆風と濁りで釣りにならず即納竿となりました(ーー;)

 

 

さてさてお題は”優位性”

 

アテクシ自身、数セットのタックルを所持しておりますが、

当然、各々に役割を持たせており、

タックルごとに優位性があるわけです

 

 

堤防でのロックフィッシュゲームで使うところですと、

ブラックスター、シルバーウルフ、HRF KJ、ダイダラ、ソルティーステージ

ですかね

 

まずはブラックスター

散々褒めちぎっているのでほぼ説明不要のメインロッドですね(笑)

ライトゲームロッドでありながら

小メバル~50クラスのアイナメ、40クラスのクロソイまで楽しめるロッドですが、

最大の優位性は繊細でありながらパワーがあるってことですかね

 

メバルのジグ単から20gのメタルジグまで投げられる負荷ウェイトの広さも

魅力の一つではないでしょうか

 

 

続いてシルバーウルフ

ベイトdeネコリグ用ロッドのつもりがこちらもバーサタイルに使えるベイトフィネスロッドになっております

リールの性能次第にはなりますが、

3g程度のジグ単から5"クラスのシャッドのスロー巻き等々でも使っております

最大の優位性はフロロを使った繊細な釣りがしやすいってとこです

 

 

ここ最近はブラックスターに押され気味なHRF KJですが、

このロッド、実は使い勝手が良すぎて使用頻度が下がってるんです(笑)

クロソイ狙いなら3.5gのJH~ビッグシャッドの巻、プラッキングまでなんでもこなせます

アイナメもパワーフィネス~1ozのロングスピンまでなんでもできちゃうんです

さらにはライトショアジギングでも~30gのジグをフルキャストできる汎用性

 

正直、いままで使ってきたロッドの中で一番釣果を上げているロッドなんですが、

この汎用性こそが一番の優位性になります

このロッドを使うと楽な釣りをしちゃうので、最近は使用を控えておりました(^^;

 

 

ダイダラに関しては、

ロングスピン専用機としての存在が優位性と言ってもいいんですが、

他のロングスピンロッドと比較してもかなり軽いですね

ロングスピンは総合して疲れる釣りなんで軽いのがとても助かります(笑)

もちろんパワーも感度も申し分ないですからね

 

 

そしてソルティーステージ

ほぼ磯ロック用であまり堤防では使いませんが、

テトラの穴打や根が荒いポイントなんかでは

硬いベイトロッドであるがゆえに、

根掛かり回避や強引なファイトができることがやはり優位性と言えるでしょう

 

ワイルドフィネス的な使い方もできるので

意外と重宝するんですよね

 

 

で、

なぜ今更こんな話しになったかっていうと、

タックルの組合せを考えた時に、

『ロッドの利点をうまく使えてないんじゃね!?』

って疑問が生まれたのが元なんですね

 

ブラックスターのタックルバランスを考えた時、

ライトゲームロッドなのにいいとこ使えてないジャマイカ!!

って気が付いたので、色々思案中でございます^^;

 

上手くいくかは正直やってみなきゃわからんので、

しばらく試行錯誤しながら煮詰めていこうと思います(´ω`)

そ〜あさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス