体のコリのメッセージ | 沖縄から発信中〜安里舞維✴︎子宮推命で「本望を生きる♡」

沖縄から発信中〜安里舞維✴︎子宮推命で「本望を生きる♡」

幸せ、豊かさとは…「本望・本音で生きること」♡
生年月日で分かる命式には、それが書かれている。

誕生日は、あなたが選んできたもの
命式を知ることは、確認作業☆
子宮推命のこと、日々感じることを綴っています。


テーマ:
先週の1日(金)に
北谷にある
スピリチュアルアロマリゾート
SEA FOREST シーフォレスト さんへ

行ってきましたルンルン

私の郵送鑑定もお申込み頂いていたので
鑑定書も持ってあしあと


今回受けたメニューは、
感情解放アロマ®️アクティブボディ

というもの

受けようと思ったのは、
私の好奇心からウインク

THEスピリチュアルってイメージ
だったけど
すごく現実的なものだった


一言で感想を言うと
フルマラソンを走りきったあとのよう
な充足感と
2〜3日は、脱力感を感じた

自分の本気の「本音」を捉えるって
もの凄い体力を使うのかもニコ


彼女の施術は
自分の「本音」と向き合うサポートを
してくれる

施術の流れとして

オイルマッサージをしながら
コリを見つけると
そこに触れて感じたことを

私の場合
「子供」「18歳の頃」「6歳の頃」

って彼女が伝えてくれる

波打つように
優しく触れていく



最初は
「安里さんは、感情や出来事があると
    分かっただけでコリがほぐれていく。
    執着があまりないのかも!」

って言ってて

おぉ、そうなんだと思いながら
私も自分が子供に対して感じていることや
コリに対するキーワードで
今の自分の気持ちや思いを話していった。
結構ノリノリで爆笑


で、背中の右下のコリを見つけると
ここはとても頑固だった

彼女が受け取ったメッセージが

「6歳の頃の私」

パッと思い出したのが
私が幼稚園の頃

お母さんは、
私が通う幼稚園の先生で
違うクラスの担任をしていた

その時、
他の子がお母さんと手を繋いでいるのを
見つけると
手を離しにきていたということを
お母さんからよく聞いていた


そのことは覚えてないけど
お母さんの話を聞いて
よく、思い出すようにイメージしてた


お母さんを取られないように
他の子に嫉妬心を抱いて

私は長女で妹と弟がいて
お家ではお姉ちゃんとして
生きなきゃと子供ながらに思ってたから

今思えば
嫌だーとか寂しーとか
感情を表現できない
子供だったな

あの頃を思うと
お母さんを独り占めしたかったし
私だけを見て欲しかったんだよね

それを満たせないから
寂しさをいっぱい感じてた

あの頃の私に
いっぱいお母さんに甘えたかったね
もうお姉ちゃんじゃなくていいよ

って思った

私自身、
頑なに閉じ込めていた感情だった


お姉ちゃんだからって
表現できなかった感情
今でも何かある度に湧き出てくる

それをもっと大切に
感じてあげようとも思った

お母さんに求めていたこと
今は自分が自分にやってあげられる

そして、
お母さんにやってもらうよりも
本当はそれが私を満たせる
唯一の方法だと感じている

本音を捉えて、
それを自然と許可できる瞬間の
充足感は

何とも言えない至福のひととき



大濱さんが
最後に伝えてくれたメッセージが
無防備を武器に

同時に私の中から湧き出てきた思いが
これからも私の本音を見ていこう

だった流れ星





帰る間際に
「安里さんは、子供みたいですね」
って言われたのが印象的で(笑)

私が靴を脱いだあと
並べずに
そのままの状態だったらしい(笑)



大濱さんの施術を体験して


体に触れて感じたことを
言葉にして伝えてくれる

これは彼女の才能

子宮推命の命式にも出てた

大濱さんのやっていることと
命式から感じたことも
おもしろかったから

次回、記事に書こうルンルン




mai

Maiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ