ドナドナ | C1500にまつわるエトセトラ

C1500にまつわるエトセトラ

CHEVORET・BLAZERからC1500に乗り換えでブログも引っ越し!
不定期にC1500中心にブログを綴ります。


テーマ:
8/15
新潟の友人に誘われアメ車のナイトMTGに向かう。

順調に関越道を北上中に道路の継ぎ目で車両に衝撃。
その途端に油圧が抜けたのが確認でき、アクセルを踏むも計器に反応なし。
エンジンがストールしている事に気がつき、ハザードつけて路肩へ避難。

シフトをPに戻し、キーを廻すもクランキングだけでエンジンが掛かる気配はなし。

衝撃を受けた時に腹を当てたような感触があったので、オイルパンを当てたのかと、車外に出てみたがオイルなどを撒いた形跡は無し。

念の為オイル量を目視したが問題なし。

ここで、主治医のショップに連絡。

状況から察すると燃料ポンプじゃないかとの事で、キーONでポンプが動いているか確認したところ、どうも音がしない気がする。(高速なので、走行音が煩くイマイチ聞こえない)

燃料タンクをプラハンマーで叩いたりしたが、掛からず。
何れにせよ、ここから動く方法を考えなければと言うことで、これ以降はネクスコと話したり、保険屋と話したり、友人と話したり。

止まった場所が群馬と新潟の県境まであと少しという場所で、色々と制約が。

結局、車を群馬県内の保険屋の指定工場に入れ、人間は一泊して翌日帰ることに。

お盆の金曜日、宿が取れるか心配でしたがボロいながらも温泉付きの宿を手配出来ました。

今、C1500は群馬県内のGMのディーラーにいます。
が、お盆明けということでかなり混雑しており、原因が判るまでに時間が掛かりそうです。
photo:01


photo:02


photo:03


photo:04






iPhoneからの投稿

taku27さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス