心の在りかを見つける旅

テーマ:

早朝です。こんなに早くブログを書くなんて後にも先にもあるかないか(笑)

いよいよ土曜日になりました千葉県いすみ市での星空ヨガイベント。からのタイ。交通手段はどうするか?から始まり、現地での携帯電話の問題、ブログの更新はどうしようか、パッキングはどうやってやるんだっけ・・・など細かな悩みが多々あるわけです。多々あるのですが、先ほどベッドの中で思いました。これって悩みではないな。決められないだけ。選択できていないだけ。

 

答えはシンプルだった


私はどうしても問題を複雑にしてしまう節があるようです(笑)選択をすれば解決できる問題を、さぞ大きな事象のように悩む。考えてみれば、この謎の悩みに対するエネルギーやいなや勿体ない。mottainai。(カタカナに何だかしたくなりました。以前流行しましたね)

「決める」

ただ、それだけ。

どうして決められないか?これは完全に現実逃避行の他なりません(笑)現実と向き合わないと何も解決しないし変わらないことは頭では理解しているはずなのに。

心の問題でしょうか?うんうん。それも考えられますね。心ここに在らず。ということもあるくらいなので。心がどこか別のところへ逃避行しているのかもしれません。

さて、どうするか?

 

自分自身と向き合うには瞑想


自分自身との向き合い方って簡単に言うことはできるけど、向き合い方って何ぞや。ふと冷静に考えるとよくわからない、私も。答えって人それぞれで、これだって答えもあるわけではないと思うし。よくわからないながらに考えると

「心の在りかを明確にすること」

ではないかなと思ったりもする。心は目に見えない形のないもの。その心の在りかを明確にしていくことが自分自身と向き合うこと。

もちろん、簡単にできることではない。

その近道が静かに目を閉じて呼吸に耳を澄ませて無心になる瞑想だと思う。

無心と有心は極の関係。

無心に達すれば有心にも達することができる。心の在りかが見つかる。

瞑想を極めることができれば、本来の自分、心の在りかが見つかる。

 

朝起きた瞬間、電車での通勤時間、ふとした瞬間に。

少しの時間で良い。

目を閉じて静かに呼吸を繰り返してみましょう。

心の在りかを見つける旅にでましょうか。