マインドデザイナーがキニナル世界をどこよりも深く語るブログ(仮)

マインドデザイナーがキニナル世界をどこよりも深く語るブログ(仮)

リワーク(仕事復帰)・キャリア形成・産業保健分野等に関する話題をメインに、ふむふむほっこりな記事を書き連ねます。

Amebaでブログを始めよう!

「働き方改革」が日本を滅ぼす」とは、本日発売の週刊新潮。これには、ワーク・ライフバランス認定コンサルタントとして、異議を唱えなければならない。

残業を厭わずがむしゃらにバリバリ働く。この"勤勉さ"が、"古き良き美徳"だと言うのだから、日本のオジサン達の頭は、カチコチである。体力に物を言わせる働き方では、もう世界レベルでは通用しないのは、薄々でもわかっていないのか?これからのビジネスパーソンには、遅くまで残業する時間と体力があるなら、自社以外でも通用するグローバルなスキルを身に付けるべく、自己啓発やリベラルアーツに励んで欲しいもの。それこそが日本企業の国際競争力を育むのではないだろうか。

それから、残業時間の削減は結果であって、手段ではない。それを取り違えて、生産性の向上を図る業務改革を放ったらかしにしたら、職場が崩壊して「発展するどころか存続すらできない」のは当然である。
問題の生産性向上ノウハウは、既に色々な事例が、世に出ている(例えば、この本が参考になるでしょう)ので、業界に合わせて参考にしていただきたい(※私は、この著者の回し者ではありません)。


私は、週刊誌の中で週刊文春と週刊新潮だけは、毎週必ずチェックしているので、今週の記事にはがっかりである。それから、本文中に登場する、常見陽平氏、オジサン達の意見を代弁して、どうする!?