現行カムリにBEWITH+DIATONEシステム | VIBES 『 楽しい車の弄り方 』

VIBES 『 楽しい車の弄り方 』

カーオーディオ、カーセキュリティなどを取扱う専門店です。
VIBES 店長が日々の取付や流行のカー用品などを紹介します!!


テーマ:

本日はトヨタ 現行カムリのご紹介です。

今回は当社一押しの国産ブランドなりますDIATONEとBEWITHの

ユニットを用いたシステムを構築させて頂きました。

 

 

ちなみに加工前の純正ドアトリムです。

 

画像では判りにくいですがデザイン/形状に「クセ」があります(汗)

 

 

 

いきなり加工後です。

ドアトリム中央部のトリムを一体加工形成を施しアウター化しました。

ちなみにフロントスピーカーはDIATONEが誇るフラッグシップモデル

DS-SA1000のネットワークレスモデルDS-SA1000NLです。

 

トゥイーターはピラーに埋め込みましたがTW-SA1000専用設計の

秘密兵器(笑)を用いてマウントを形成し定番のスエードで仕上げました。

 

リアシートバックに同社唯一のサブウーファーSW-G50を2発前向きにセットです。

小容量のシールドボックスでも良好な低域再生が可能で

価格以上のパフォーマンスを有したユニットです。

 

スピーカーはDIATONEで統一しましたがその他ユニットは

BEWITHの限定モデル「K」シリーズを用いました。

純正ナビと共存を図れるルームミラー形状のメモリーソースプレーヤー

MM-1DKです。ブルーの「BEWITH」エンブレムが「K」の証です。

 

サブウーファーボックスの背面にユニット固定ボードを制作し

「K」シリーズのプロセッサーSTATE A6Kと

モノラルアンプP-100Kを壁面の横幅いっぱいに並べてセットしました。

その姿から勝手に「ブルートレイン」と命名しました(笑)

 

先だって発売されましたaudio-technicaの「Rexat」(レグザット)シリーズの

AT-RX5500Aでプロセッサー→アンプ間を接続しました。

フラッグシップモデルに相応しい拘り抜いた至高の一品です。

 

当社でも珍しいDIATONEとBEWITHの組み合わせでの

システム構成から奏でられる出音もまた趣のある

魅力的なそれでした。

 

国内外各種ブランドを用いたオーディオシステム構築のご相談も

お気軽に当社までお問合せください。

 

 

 

 

ヴァイブスさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。