ダイハツ純正デカール貼り&IRカットフィルム施工 | エス・トリップ (S・TRIP) 静岡県裾野市のフィルム貼り付け専門|DETAIL SERVICE

エス・トリップ (S・TRIP) 静岡県裾野市のフィルム貼り付け専門|DETAIL SERVICE

エス・トリップでは、カーディテイリングから住宅用フィルム、室内外装飾シートまで、さまざまな商品をプロフェッショナルが施工、作成致します。

image1.JPG
ダイハツ ウェイクの純正部品
サイドデカール・リアデカール・フードストライプの
貼り付けと、純正IRカットフィルムの施工です。
新車の状態で施工し、その後ディーラーへ運ばれます。

image2.JPG
デカール関係はこの様な状態で納品され、
中に説明書が入っているので確認しながら
指定の場所に貼り付けます。

image1.JPG
大体が、写真の様にプレスラインやドアエッジ等に
合わせれるようにカットされていますが、リタックが和紙の為
伸びたりするので慎重に位置合わせをします。

image2.JPG
ドアエッジ部には切込みが入っているのでそこで合わせます。

image2.JPG
その後圧着。

image3.JPG
サイドデカールも同様、切込みとエッジ部分で合わせます。

image2.JPG
指があるプレスラインで位置合わせし
右の切込みと繋げると、絵が繋がります。

image1.JPG
フードストライプ。
ウェイクはグリル部分のデカールがフードストライプになります。
ボンネットに貼るデカールがフードストライプになる車両もありますが
その違いは・・・解りません^^;
このフードストライプ・・・
すっごく大変・・・
ソリッドの黒で塗られたパーツとデカールがSETで送られてきて
デカールの透明な部分が、糊厚の関係なのか
エアを残したような状態になってしまいます。
解消するにはちょっとした技術と知恵で解消(*^_^*)

image2.JPG
デカールを乾かしてる間に、
IRカットフィルム

image1.JPG
車両に合わせてカットされたフィルムです。

image2.JPG
解り難いですが、ハイマウントの部分がカットされているので
その部分と

image1.JPG
熱線の端子部分と熱線のラインに合わせて貼っていきます。

image2.JPG
二枚分割になっているので
二枚目は一枚目に1mmも無い程度重ねて貼ります。

image1.JPG
重なり部分。
重なりが多いと仕上がりが悪くなるので注意。

image2.JPG
次にドア。
上部に指定の開きを作ります。
車種にもよりますが、10mm~15mm。
自分は、指定の開きより若干少なく貼ります。
それは・・・外からも中からも解るほど開いてしまうから^^;
純正部品なので基本は指定の開きにしますが、
ミリ単位で調整します。

image1.JPG
下の入れ込みはヘラを使って入れ込めば
内装をバラさなくても大丈夫です。

image2.JPG
FIXガラスはなんの問題なく貼れますが、
注意ステッカーが貼ってあるので、その周りの
水抜き、エア抜きを丁寧に行います。

image1.JPG
最後に、施工証明書のステッカーを貼ってフィルムは完成。

image2.JPG
その頃にはデカールも乾いてきているので
リタックを剥がして、
こちらも完成。

image1.JPG

image2.JPG