台風19号災害チャリティのご報告と御礼 | まあるい世界の作り方

まあるい世界の作り方

名古屋でワイヤーアートジュエリーの制作とレッスンをしています。美しい天然石や、創作を通して日々感じる事、私が志す『光のお仕事』について綴ります。

こんばんは。

読みに来てくださって、ありがとうございます。

 

名古屋でワイヤーアートジュエリーの制作と

レッスンをしています、ninaです。

 

〈ninaの自己紹介ページです♪〉

http://ameblo.jp/s-tani/entry-12187533117.html
 


この度の台風19号により被害を受けられた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

 

今日は一連の【チャリティ】のご報告と御礼の記事です。

 

10/14にこちらのブログでチャリティしますと宣言して以降、翌日よりジュエリーの制作販売を行ってきました。

 

その内容は、【チャリティ】ジュエリーの売り上げの半分を、ヤフー基金より被災された方々へお送りするというものでした。

 

 

10/31までに10点お創りし、そのすべてが御縁を頂きました。昨日の記事と重複しますが、ご購入くださった10名の方、そして応援してくださった方々、本当にありがとうございました。

(制作過程にあった私の思いは、今日は割愛します。昨日のブログ、よろしかったらご覧になってください。⇒★★★

 

 

 

それで今日はさっそく、チャリティさせてもらいましたので、そのご報告です。まずは例によって超アナログなのですが…(笑)

今回のジュエリー10点の売上です。

 

私がwebshopを開いているBASEさんでは、販売価格の6.6%と、一件あたり40円のリベートが発生しますので、それを差し引いた合計52,557円が全売上となりました。その半額、26,279円が今回のチャリティとなります。

 

ヤフー基金にアクセスして、振込しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

結論から言いますと、全額52,557円に少し色を足して、55,000円チャリティさせて頂きました。(5万円と5千円に分けて振り込みました。それしかできなかったので笑)

 

改めまして、本当にありがとうございました。一日も早く、被災された方たちのお気持ち、お身体が安心できる状態になりますように。安らかな日常が戻ってきますように。心からお祈り申し上げます。

 

 

 

 

さて。どうしてこのようにしようと思ったのか、2週間という期間を過ごす中で私が感じたことを少し書こうと思います。

 

最初、私がチャリティを、全額ではなく、『売上の半分』にしたのには、2つの理由がありました。

 

ひとつは、制作活動を今度もちゃんと続けていくためです。私はジュエリーをお創りすることにより、こうして、どなたかの力になろう!という選択ができます。

 

それがもし全額チャリティにして、石も材料も調達できない…となってしまったら、結局のところ、誰の力にもなれない状態を作ってしまうからです。

 

大好きなレストランがあって、美味しくて、居心地も良くて、これからもずっとずっと行きたいと思っていたのに、ある日突然、「火の車でした。もう続けられません」となったら、それはお客である私にとって最大の迷惑です。

 

同じことで、私は創り手である自分を、まずは必ず存続できるという前提でしか、チャリティできないし、してはならないと思いました。それが一つ目の理由です。

 

 

 

二つ目は、チャリティに『自己犠牲』の思いを、一切乗せてはならないと思ったからです。

 

お金というのは、その人の意図するエネルギーが乗ります。私は今回、このチャリティ企画に思いを寄せてくださった方からのお金を、一時的に預かるという立場にありました。

 

その私が、実際に義援金を振り込むときに、ほんの少しでも『惜しい』と思ってしまったら、それはもう、本当に最悪な事です。

 

『惜しい』という思いは、『本当であれば手放したくなかった』であり、暗に見返りを求める思いでもあります。

 

目には見えなくても、そのエネルギーを乗せて被災地へ届いてしまうなんてことは、絶対にやってはならないと思いました。

 

私にとって、それが守られるラインが、『売り上げの半分』だったのです。昨年までやっていたドーナツ義援金(自分が食べたドーナツと同じ金額を募金するというもの)も、要は「私と同じ分だけね」「半分に分け合おう」の思いでした。

 

 

 

でも最終的には今日、全額をチャリティさせて頂くこととなりました。

 

本当に奇跡的な流れだと思うのですが、「チャリティします」と宣言した途端、その数日内に、大きなオーダーやご依頼がどん!と入ってきたのです。

 

ここでは具体的に触れませんが、『もう来月は食べていける』と思いました。石や材料もちゃんと動かせるだけの資金が確保されました。

 

つまりは「安心して思い切りおやりなさい」という天からのメッセージだったのだと思います。この瞬間に私は、購入してくださる方のあたたかい思いのすべてを被災地へお届けしようと心に決めました。

 

この企画にかかわる全員が、何の無理もない、誰も泣きを見ない、なんて完璧な流れなのかと思いました。いつもながら天の計らいというのは、タイミングも何もかも絶妙で、美しすぎます。

 

 

 

先ほども書きましたが、『惜しい』と思うくらいなら、義援しない方が良い。例えば目の前に百万円あったとして、自由に使っていいよと言われたら、いくらまでチャリティするでしょうか。

 

今月生活できたらイイからと言って、20万手元に残し80万をチャリティする人もいれば、それ以外に貯金がウン千万とあっても、「一円だって惜しい!」と思う人もいるでしょう。

 

これは、大きな金額を出すべきだという話ではなくて、今の自分の真の姿を知る機会なのだと思います。惜しいと思う自分がいたら、それはそれでよい。その人に必要なお金なのだと思います。

 

チャリティの機会があるたびに、私は今、自分がどれだけ見えない世界を信頼できているのか、自分自身を測るような思いです。信頼できていればいるほど、気楽で、解放されていて、良い意味でどーでも良くて(笑)ラクなのです。

 

そして私は、このようなお気楽な内情で居られる今の自分を、本当に幸せだと思います。

 

祖母のように戦争を体験していたら、いくら豊かな現実が目の前に現れようとも、まだ不安回避の思考から、何をも握りしめていたいと思っているかも知れません。

 

でも今、日々を生きている私は、そんな苦しい思いなどまるでない。この時代に安穏と生かさせてもらっている私の感覚であればこそ、できる事をやろうと思えます。

 

 

 

いくら義援したかというのも、重要なようでいて、実は重要ではないと分かりました。

 

私が最初、ヤフー基金の使い方動画で見たヒカキンさんは、その場で100万をチャリティしていて、内心『おぉ!すげー』と驚いたのですが、今回の私のような人が20人いれば同じ額になります。

 

要は、自分が自己犠牲しないでできる事をやれば、全体で素晴らしい創造がされるという事なんだと思います。小さくても、やるか、やらんか(笑)それが大きい。

 

少しと言いながらたくさん書いてしまいましたが(笑)本当に思いがいっぱい湧いて、山ほど氣付きを与えてもらった2週間でした。(私が一番お得だったんだわ笑)

 

 

 

 

今日は御礼と、新しい一ヶ月もまた楽しく創造させて頂けるよう、熱田さんへ参らせてもらいました。

 

 

 

 

 

 

感謝とともに、前途洋洋です(笑)

 

 

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。明日も素敵な一日でありますように!愛をお贈りします。
 

 

★ステージアップできるオンリーワン・ジュエリー

【 Light & Crystal by nina 】 

http://ninacrystal.theshop.jp/ 

 

★11月8日(金)~17日(日)に、歩結実さんとの【二人展・実りと恵み】をオンライン上で実施します。(ninaは↑のwebshopサイトにて発表)

2019年の実りと恵みを受け取って、新しい一年へと繋ぐジュエリーをお届けします。ぜひご覧になってください。詳細はこちら♡ ⇒★★★

 

 

★11月のレッスンスケジュールをアップしました♡

創造の秋、満喫しませんか♪⇒★★★