せんだいタウン情報 S-styleの編集部ブログ

せんだいタウン情報 S-styleの公式ブログです。
http://s-style.machico.mu


テーマ:

皆さん、こんにちは。

シネマコーナー担当の編集部・ひーろーが不定期で注目作品&インタビューをお届け。

今回は、2/3(土)より公開の映画『羊の木』のインタビューをご紹介します!

 

STORY

さびれた港町・魚深市の市役所で働く月末  一(つきすえ はじめ)は転居者男女6名の受け入れを命じられる。駅に到着した月末は、彼らの落ち着かない挙動や付き添いの不審な同行者に違和感を覚える。後日、月末が上司に問いかけてみると、彼らは仮釈放中の元受刑者で、刑務所のコスト削減と地方の過疎対策を兼ねた国家の極秘プロジェクトで移住してきた者たちだとわかる。さらに6人全員が殺人歴を持っていると知り、驚きを隠せない月末。ある日、港に死体があがったことをきっかけに6人と町の住民の運命が交わり始める…。

 

今回は、原作コミックの作画を担当したいがらしみきおさん、監督の吉田大八さん、6人の元受刑者の一人・福元宏喜を演じた水澤紳吾さんにお越しいただき、前編では吉田監督といがらしさんに作品について、後編では吉田監督と水澤さんにキャスティング、役どころについてのお話を伺いました。

 

Q.“元受刑者が町に転入してくる”という作品の設定について

吉田「僕らが知らない間に始まっていてもおかしくないし、リアリティのある設定だと思います」

いがらし「この設定は、広い意味では“移民問題”が背景にあると思うんです。監督が映画として出した答えの中に“友だち”というキーワードがあります。文化の違いを理解できなくても友だちにはなれるかもしれない。友だちというのは、そういうのを超えたところにある関係性ではないかと、作品を通じて感じました」

 

Q.原作から映画への変換や違いについて

吉田「原作のラストでは登校拒否の少年が出てくるんですけど、その子がある種の“希望”を感じさせていました。映画では、月末と受刑者の関係性から“希望”を予感させて、原作のスピリットを映画として受け継いだつもりです。それぞれに異なった形の“希望”を感じ取ってもらえると思います」 

 

→後編に続く

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

せんだいタウン情報 S-styleさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。