【放送概要】支援者、相談員を怖いと感じる理由(2020/3/10) | さとう社会問題研究所・心理コンサルティングのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

さとう社会問題研究所・心理コンサルティングのブログ

あらゆる社会での対人関係の問題は心の問題の原因にもなります。
法律や政策により苦しめられている方たちもいます。


さとう社会問題研究所では、社会問題を始め、
クライアントの抱える様々な問題解決のため、助言を続けています。

【放送概要】支援者、相談員を怖いと感じる理由(2020/3/10)

 

 

みなさん、ごきげんよう。

 

本日も放送概要についてです。

 

こちらの内容は、今週分の有料メルマガ掲載分の一部となります。

 

 

このお話は引きこもりだけではなく、支援全般に当たるお話です。

 

わたくしは開業前から、同じ虐待被害者、精神疾患の方の支援をしてきました。

 

みなさん、同様のお悩みを抱えていらっしゃいました。

 

開業前から10年以上、こういうお話をうかがい続けているので、

 

ここでは行政の支援の問題として挙げられておりますが、

 

社会的、一般的に、

 

手足があるなら病気ではなく、生きているなら健常者

 

という認識があるのではないのでしょうか?

 

職場でも、心因性の身体症状に対しては、あまり理解がされない様で、

 

わたくし自身、パワハラ塾だけではなく、

 

いろいろな職場で同じような目に遭ってきました。

 

特に、行政の支援者は、収入が安定している公務員で、ご自分は健康な方が多いからか、

 

こういう苦しみに対しては、かなり理解されない事が多く、

 

わたくしのクライアントにも自殺を図った事がありました。

 

 

「生きづさらを理解してくれない」という言葉がありますが、

 

この「生き辛さ」を考えると、「自分の苦しみが理解されない」事だと思います。

 

特に、せっかく相談の場で、苦しみを訴えているのに、

 

「これくらいならできるのではないですか?」

 

で畳みかけられると、

 

苦しみには耳を貸さない訳ですから、聴いていないのと同じ。

 

言うだけ無駄な訳ですよ。

 

まあ、当然のことながら、その場で相談支援関係は終了。次はないですね

 

 

それが、

 

「当事者や家族が行政や医療機関への相談を途中でやめてしまう」

 

なのだと思います。

 

まあ、罠の様なものですから、怖くて近づけないですよね。

 

 

引きこもり支援、同じ目線で 相談員「甘え」認識見直し

 

引きこもりを「自己責任」や「甘え」の問題ととらえる相談員から傷つけられると訴え、当事者や家族が行政や医療機関への相談を途中でやめてしまうケースが後を絶たない。認識のギャップを埋めて同じ目線に寄り添う支援の実現を目指し、当事者団体が相談員を対象とした研修会や講演活動を重ねている。

「生きづらさを理解してくれない」「すぐに就労に結びつけようとする」。NPO法人「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」(東京)が2018年11月~19年1月に当事者と家族計356人に実施した調査では、そんな記載が目立つ。支援や医療機関の利用を途中でやめたと回答したのは42.4%に上った。

KHJは17年度から行政や支援機関などの相談員を対象とした研修会を開催。「急がば回れ。仲間づくりをしてから就労した人の方が定着している」。1月下旬、都内の研修会では名古屋市の支援NPO「オレンジの会」の鈴木美登里理事が語り掛けた。自らも元引きこもりの当事者だ。

沖縄市や前橋市など各地から約60人が参加。関東地方から訪れた行政担当者は「当事者の声に耳を傾け、言葉の奥にあるものに気付きたい」と感想を語った。

当事者目線の重要性は支援機関の間にも広がる。経験者らでつくる一般社団法人「ひきこもりUX会議」(東京)への講演依頼は17年の9件が18年は18回、19年は25回と増加。官民の相談員を対象にした研修会を10年から続ける内閣府は昨年初めて当事者団体を講師に招いた。

UX会議の林恭子代表理事も20年近くの引きこもり経験がある。従来の支援を「道を外れた人を治療、矯正してまともな人間に戻そうという『上から目線』だったのではないか」として「引きこもりは必ずしも悪いことじゃなく、生きづらさから身を守る行為でもある。その人が生きたい未来を一緒に見てほしい」と語る。〔共同〕

 

 

以上となります

 

 

さて、さとう社会問題研究所では、ご相談いただく際に参考にして頂ける様、

 

わたくし自身の考えを皆さんにお伝えするため、有料のメルマガに加え、放送も行っております。

 

最近では、「癒しの場を提供する」という目的で、ゲームの配信を行ったり、

 

日曜は18時から20時の間、

 

土曜以外の平日も、19時から20時の間で、

 

メルマガの内容や社会問題に対する質疑応答や考察など、色々とお話ししております。

 

 

真面目な放送となるため、楽しい話題はないと思いますが、お勉強だと構えず、

 

興味本位で気楽に聴きに来ていただければと思います。

 

また、有料メルマガ『さとうのメルマガ』では、

 

こちらでお話しした内容を簡単に載せておりますのでお勧めしています。

 

 

放送は、こちらで行っています。

 

PCの方はGooglechrome、スマホの方は専用のアプリでご参加いただけます。

 

https://discord.gg/WxzJ6gU (さとう社会問題研究所のチャンネル)

 

この「discord」と放送に関しては、こちらでご確認ください。

 

さとう社会問題研究所の今後の予定(2018/2/11)

 

放送をご視聴いただくに当たり、トラブル防止のためルールを設けております。

 

こちらも前記事になりますが、ご確認の上、放送をお楽しみ(?)ください。

 

メルマガ配信のお知らせ(2018/8/25)

 

ということで、今回もこの辺で。

 

 

有料メルマガ『さとうのメルマガ』もよろしくです。

 

 

さとうかずや(さとう社会問題研究所