ワールドカップの効果!

テーマ:
こんばんは、コーチのコガです

ワールドカップロシア大会の影響は
スクールにも
良い効果として現れています

子供達は
大迫選手のヘディングシュートの真似をして
練習をします

これまでヘディングなんて
やろうとしなかったと思います

他国の選手のプレーも真似します

特に
日本代表と激闘を繰り広げた
ベルギー代表選手

俺はアザール
俺はルカクなんて言いながら
シュートやドリブルをしています

これは
とても大切なことです

我々だって
リトバルスキーの真似をしました
プラティニの真似をしました
マラドーナの真似をしました

模倣から
次のステップに繋がっていくのだと思います

メッシやクリスティアーノ・ロナウド
だけではなく
みんなのアイドルが
素晴らしいプレーを見せてくれることで

あのプレーをしてみたい
あのフェイントをしてみたい
あんなシュートを決めてみたい

じゃあ
真似をしよう!
練習をしよう!

この角度だったかなぁ
こんな距離だったかなぁ
こんなタイミングだったかなぁ

これが
サッカー選手を育てるのだと思います

今大会は日本代表が頑張ってくれたことにより

メディアで取り上げられることが増えて

子供達の目にも止まっているのだと思います

こんな現象が
Jリーグに起こってもらいたいのですが
日本では
まだまだそこまではいっていないのが現状です

それでも
このワールドカップをみて影響を受けて
サッカーを本格的にやりたいなと思ってくれる
子供達が増えることは
とても良いことだと思っています!

ワールドカップはもう終盤ですが

是非
乾選手のようなシュートが決められるように
スクールに参加してみませんか?

やってみると
それがとても難しいこともわかるかもしれません
サッカーって楽しいスポーツなんだと気づくかもしれません

いつでも体験にきてくください!

2018年サッカーデビュー
とっても良いと思います!


観て真似する

テーマ:
スクール生は、W杯を観てサッカーの勉強をしていると思います。

・日本代表の応援
・スーパースターのプレーを観る
・ゴールダイジェストを観る

様々な形からのシュート練習を行い
アイディアを出したり、
友達の真似したり、
と意識高く取り組めていたと思います。
これもW杯効果なのかと考えさせられます。
例えば、
日本代表の乾選手の得点場面を真似する。
真似をしていると、いつかコツがわかり成功体験が増え、得意なプレーとなり、自信になるのではないでしょうか。
つまり、サッカーが上達するために重要な要素は「観る」ことであり、その観たものをどう行動に起こせるかが上達に大きく影響するのではないでしょうか。

日本代表はベスト16で負けてしまいましたが、準々決勝が始まりました。
ウルグアイ・フランス・ベルギー・ブラジル
凄いプレーでしたね。

様々な視点からサッカーを観て、真似をするプレー見つけてもらいたいなと思います。

プレーの予測

テーマ:

こんばんは!

 
コットンハーバー木曜クラス担当しました。竜崎コーチです!
 
W杯はみなさんご覧になりましたでしょうか。
日本代表、惜しくも負けてしまいました…
活躍した日本代表に一歩でも近づけるようトレーニングしていきたいと思います!
 
そのために、本日はテーマは「プレーの予測」でトレーニングしました!
 
普段から行なっている
周りをみる
状況判断
良いトラップ
というトレーニングにプラスαとして
プレーの予測を追加してトレーニングしました。
 
普段のトレーニングにも慣れてきて、
徐々に上達しているのでよりレベルの高いことを求めてみました!
 
サッカーでは複数のプレーの連続です。
1つをできるだけでは良い選手にはなれません。
 
一瞬一瞬で状況が変わるスポーツなので、
複数のプレーの判断を瞬時に出来る事が求められます。
 
その中で子供達にはトレーニングの中で1つと2つと要求しました。
 
子供達は複数要求しても難なくこなすことが増えてきました。
 
この調子でトレーニングを続けて
良い選手、日本代表を目指したいと思います!!
 
 
 

ボールを扱う

テーマ:

こんばんは、オオタケです。

 

水曜横浜スクールを担当しました。

ここは明るく、いつもおしゃべりしながら自分を伝えてくれます。

会話ができることはいいことですね。

 

自ら!がたくさんあり、

それがプレーにています。

 

今日のメインテーマは「ボールを扱う」でした。

ボールを一緒に動く

聞いて動く

見て動く

右足も左足もお尻も使う

自分の意図したところに早くいくために

そして、自然に苦手が作られないように

 






ドリブルが蹴っていくになってしまったU12

ボールを扱うをボールを運ぶという表現で

ボールを押し出し、ボールから離れず、交わす

そして、ワンステップでシュート!

なんども何度もプレーすると

ボールタッチがスムースでリズムがよくなる

飽きてしまうことなく、反復練習を一生懸命でした。

素晴らしい集中力です。


今日のゲームはロシアワールドカップに負けないプレーがありました。

そのプレーがでた時は、ボールを優しく扱い、ボールが離れていません。

 





上手になっていく姿勢がスクール生にありました。

 

 

 

 

多様な動きでプレーが変わる

テーマ:

こんばんは、オオタケです。

水曜横浜スクールを担当しました。

 

今日は暑い日差しでのスクールとなりました。

 

U9は年長から3年生・女の子と

笑顔が多く、仲の良い行動で一生懸命にプレーしています。

 



U12は練習前にU9の隣で自習練習をしています。

プレーの理解や苦手なことに挑し、できることを増えてきています。

 



子どもの身体的成長や理解力の成長はもちろん

コーディネーション能力がたかまると

ゴールに向かうドリブルが変わっています

ドリブルするボールタッチが変わっています。

片足立ちでプレーして、前後左右・緩急がある動きだからこそ

多様な動きが自然でぎこちないもの

 

みんなワールドカップを見ている。

ということで試合を多くして

ここ!コスタワールドカップ0627として盛り上がりました。

 




やはり、ゴールに向かうために、ゴールを守る

シンプルなスクール生のゲームはおもしろい

 


 

スクールだからこその成長

テーマ:

おはようございます、オオタケです。

 

昨日の金曜コットンハーバークラスは片山コーチでした。

スクール生をよく見て、ココロを捉えた指導をしています。


U8のウォーミングアップはドリブル!

そして、ボールとともに動かないぎこちない体の動き

ステプッテップワークが見られ

動きづくりのコーディネーショントレーニングに移ります。

 


しゃがむこと

ジグザグに走ること

相手を見てスピードを変えること

くぐって、ジャンプすること

など、日常の動きになく、さらに連続で動くことはない



 

現代社会の公園事情や学校放課後の遊び場など

さまざまなが環境が体と動きの成長を停滞させているのかもしれません

だからこそ、サッカースクールやスポーツクラブがあり

子どもたちの成長を楽しくサポートしている現在ではないでしょうか

 

スクール生は楽しく笑顔が多く全力です!

 

U12のウォーミングアップリフティング

時間内に最高記録目指し、集中力を高め黙々と挑戦しました

取り組む姿勢と達成する喜びが見られました。



ボールを奪われないために何をするのかがテーマとなった2対1

味方も相手も見て、ボールを受けるスペースを見つけ

さらにパスしたら動き、順番待ちをしながらプレーに関わる



「観ている」ことが「関わる」ということが大切

この気づきがある選手は成長していました

 

そして、普段よりもゲームの時間を長く!

 

今日はみんながワールドカップ選手のように試合を楽しみました。

動くこともドリブルもパスも

ボールを奪われないこともボールを奪うことも


全ては試合で勝利に向かって

得点をとるために

ゴールを守るために

 




黄色Tシャツのスクール生がブラジル代表に見えます

 

仲間の重要性

テーマ:
こんばんは!
 
コットンハーバー木曜クラス 竜崎です!
 
本日のトレーニングは前回に引き続き
「コントロール」
をメインにトレーニングしました!
 
シュートを打つためにボールが置かれていないので
継続してスムーズなコントロールができるよう取り組みました!
難しい体制や難しいバウンドボールのまま
シュートを打ってしまうシーンが多々みられます。
 
そこで
コントロールをして良い体制になり、
打ちやすいところに止めることができれば、
ゴールに繋がります!
 
ですが、ゲーム中にはトラップのできないシーンもあります。
良いコントロールをしてシュート
ができるようになってくれば、
その後は、
今は止めるべきなのか、
ダイレクトでシュートを打つべきか
といった局面の状況判断ができるようになることです。
 
 
また、自分よりも良い状態にいる選手やフリーな選手を使うことを
覚えたらきっとシュートで攻撃が終わります。
 
今後のトレーニングで取り組んで行きたいと思います。
自分が不利な状況で無理をするプレーが多くみられるので、
今は何をすべきかという判断力も身につけていきたいです。
 
 

中止連絡

テーマ:

本日のスクールは雨天のため中止としたします。

ワールドカップを見て、

ますますサッカーが好きになってくれるといいなと思います。

 

日本代表が勝ちました。

これからも応援しながら、プレーを盗みましょう!

 

 

体験希望者、入会検討の方

本日は中止となりました。

次回のご参加ご連絡をお待ちしております。

全力の時間

テーマ:

オオタケです。

 

U8では体をスムースに動かし、

素早い動きとボールタッチを同調させる

また、速いドリブル・早いタイミングとは・・・・

どういう感覚なんだろう

全力疾走やステップと歩数はどのくらいだろう

どのようなリズムだろう

もっともっといろいろな動きを身につけていきます。

 

U12は攻撃方向にスムースに動く

そのためのターンとシュートを繰り返しました。

ボールをどのように呼び込み、どの地点でボールをコントロールするのか

その際の体の向きはどうしたらいいのだろう

ボールを受けるときの角度による違いなんだろう

シュートまでの早くするためのボールタッチ数と足の運びは

 

友だちの動きが読み取れれば、どのようなパスが良いか理解できたと思います。

適当なパスとなる取り組みは

学ぶ選手の向上になりません。

お互いができるようになることが一番です。

 

 

サッカースクールは遊び場ではありません。

サッカーボールをたくさん蹴って

サッカーボールをしっかり止めて

自由自在に扱えるように学ぶ場所です。

 

友だちを見て感じて

コーチの話を聞いて

自分が動いてプレーする

できる楽しさ・できた喜びのために

この70分間を大切にしていきたいと思います。

一歩一歩前に

テーマ:
こんばんは、コーチのコガです

本日のCHスクール
U9クラスは
ステップワーク、アジリティ
ボール投げ上げ、バウンドキックなどの空間認知
ボールタッチ、ドリブル、ターン
そして
1対1

様々なトレーニングから
いろいろな刺激を与えました
もちろん
全ての能力を最終的には身につけてもらいたいのですが
今の段階では
どれが出来ないといけないというものではなく
いろいろと経験しながら
ある時に
それぞれの繋がりがわかり
突然できるように
なってきます

この年代は一つの事だけをやるのではなく
いろいろな動き
いろいろな刺激を与えてあげることが大切です



U12クラスはパスをメインテーマに行いました

パスの強弱の重要性
見方の状況を見て
どの強さが良いのかを
考える
判断をすること

お互いが上手くいったと思うことが正解となります

自分だけの判断基準ではなくなってきます

それから
相手を見なくてはパスは繋がりません

パスの受け手も同様です

見なくてはいけないこと
考えなくてはいけないことが

沢山でてきました

これが

サッカーの楽しいところなのですが

やはり
今日は上手くいかないことの方が多かったです

しかし
上手くいかなくても
投げ出さず
なんとかやろうという姿勢が出てきました

これは
これまでの
楽しいだけから

もう少し上手くなりたい

という気持ちの変化かもしれません

一歩一歩ですが
着実に前進しています

今日からワールドカップも始まります

もっともっと
サッカーに興味をもって
サッカーを好きになって

上手くなりたいと思ってくれたら嬉しいですね!