先日の台風15号台風の被害状況をニュースで見ながら、

1年前の同じ時期に襲来した台風21号を思い出しました。

あの時は、
電柱が折れたり、太い樹が折れて倒れていたり、
至る所で屋根の被害を見受けられ、

停電範囲は市内でも様々で、
我が家はほんの数時間の停電で済みましたが、
4日間も停電していた地域(私の数少ないママ友が住んでいた地域)がありました。

停電が長引いた地域では、当然ながら冷蔵庫の中が全滅で、後片付けが大変だったって言ってました。

その後、1年経っても、
未だにビニールシートで屋根を覆っている家を見かけます。


極最近になって、やっと順番が巡ってきて修理してもらえたって話も聞きました。
近所の家も、夏休み中に屋根を直しているのを見ました。


そうそう、

今年1月、
息子の自転車特訓で大仙公園へ行った時に
2018年9月4日の台風21号台風の被害で、
太くて立派だった樹が倒れて伐採されてしまっていた場所の傍に、
新しい生命が芽吹き、すくすくと育っていることが
『生命のリレー』として
記されていましたグリーンハーツキラキラ


今頃は、もっと大きく育っているんでしょうね