先日、アラスカシーフードを使った料理教室のイベントに行ってきました。





アラスカシーフードのお料理、美味しくいただいてきました。


 

       







私はアラスカは行った事がないので、寒いところ、氷河、オーロラ、北極ぐま・・というイメージです。


でもきちんと四季もあって夏は30℃近くなり、緑に覆われるそうです。





そんな地でとれるシーフード、100%天然だそうです。





アラスカ州はサステイナブル(地球や環境に優しい)な世界的なモデルと言われています。


魚や他の海の生き物、環境を害さない、絶対に乱獲しない、こういった


厳しく管理された漁業管理を守りながら漁業を営んでいます。





汚染から守られ、自然を大切に育った魚は安心、安全だと説明を聞いてて実感しました。





アラスカで獲れるシーフードは、たくさんあります。


サーモン類は、キングサーモン)、シロザケ、ベニザケ、カラフトマス・等


白身魚類は、スケトウダラ、マダラ、銀ダラ、ニシン・等


赤魚類は、キンキ、カレイ等


カニも色々獲れます、たらば、ズワイ等





そんなアラスカの魚を使った料理教室イベントでは、賛否両論のオーナーの


笠原 将弘さんがデモストレーションで美味しいお料理を紹介してくれました。




       





東京ガスの Studio+G GINZA gCUBE の素敵なキッチンで


仲良し料理の先生方との実習、本当お客様気分、楽しませていただきました。





紅鮭と白菜の炊き込みご飯  かまどさんという土鍋で炊きました。







炊きあがり、ふっくら。焼いた紅鮭のほぐし身、万能葱のせて・・美味しそう~




       









真ダラのかぶら蒸し は、メレンゲとかぶのすり卸しまぜ、真ダラの上にたっぷりのせて


蒸しあげます。


       


お椀につゆをはって、柚子をのせ




       


タラはこれからの時期、鍋料理などでも活躍するかと思います。


脂肪も少なく低カロリー、コレステロールを下げるタウリンという成分や、


ビタミンDやEも多く含まれています。


高血圧や動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病の予防にもなるヘリシーなお魚です。







マスカルポーネチーズがたらこと混ざり、コクある味わいの たらこポテトサラダ


       






アラスカキンキのごぼうの煮付け


キンキがふっくら仕上がってました。ごぼうの風味がかくし味になり、


日本酒飲みたい・・気分になりました。


       






とっても美味しくいただきました。




       



笠原さんと、仲良し沼津先生、谷先生     

       


      






料理教室でも、家庭でもアラスカシーフードを色々なお料理に使ってみたいなと


感じたイベントでした。