第1日:今日のお昼は「戦艦伊勢の『そうめんとアサリのクラムチャウダー』」 | 海軍メシときどき現代メシ

海軍メシときどき現代メシ

旧日本海軍で出ていた料理にハマった自称:漂流絵師が、実際に
各艦艇で出された海軍メシを食べながら、そのレシピとエピソード
を紹介するブログです。ときどき、現代の食事も食べます!


テーマ:

皆さん、こんにちは。


自分が住んでいる関東は8月に入ってから、どうにも天気がスッキリとせず、
あまり太陽を見ません。気温もそれほど高くなく、このまま秋に突入してしまう
のではないか、という感じです。

まぁ、暑いより涼しい方がいいのですが、「夏!」という感じがあまりせず、
ちょっと物足りない気がします。

それはさておき、今日の昼食は「そうめんとアサリのクラムチャウダー」

食べました。

夏は、よくそうめんを食べるのですが、どうしてもつけ汁がめんつゆばかりだと、

飽きてくるんですよね。にゅうめんというテもありますが、涼しいとは言え、
どうも夏に食べるには合わない感じがする・・・

そこで、ふと、旧日本海軍の料理レシピにそうめんを扱ったものがあったな、と
思い至り、早速資料を引っ張り出してきました。


【そうめんとアサリのクラムチャウダー】
(材料:2人分)
むきアサリ(1パック)、そうめん(2束)、玉ねぎ(1個:櫛切り)、しいたけ(4個:
小口切り)、トマト(1個、湯むきしてざく切り)、長ネギ(1本、青いところ)、
青豆(100g、グリーンピース可)、小麦粉(山盛り大さじ4)、生クリーム(大さじ4)、
牛乳(1/2カップ)、バター(適量)、塩(適量)、こしょう(適量)

 

①鍋に半分ほどの水とアサリを入れて火にかける。沸騰したら弱火にして、
 10分ほど煮る。ここで、アサリのダシをとる。
②①に、トマト以外の野菜を入れて煮込む。玉ねぎ、しいたけ、青ネギを先に
 入れるとグッド。煮崩れるので、トマトはあとで入れる。
③別の鍋で、ルウを作る。火にかけて、バター投入。小麦粉を入れて、焦げない
 様に弱火で炒める。よく混ざったら、クリームと牛乳を少しずつ入れて、よく練る。
 ダマにならない様に、何回かに分けていれるのがコツ。
④全体がドロッとしたペースト状になったら、ここに②を汁ごと全部とトマトを投入。
 味見をしつつ、塩とこしょうで味付けする。これで、アサリのクラムチャウダーが
 完成!!
⑤そうめんを固めにゆでる
⑥アサリのクラムチャウダーをつけ汁に、そうめんをズズッと食べる。

 

このメニューは、昭和14年に旧日本海軍の第一艦隊内で行われた料理コンテストで、

戦艦「伊勢」の主計科が提出したメニューで、コンテストで高い評価を受けました。

 

で、実際に食べてみると・・・メチャクチャ美味いッ!!

食べた時は、あまりの美味さにビックリしたものです。
マジで、ここまで美味いとは・・・ッ
 

いつものめんつゆで、そうめんを食べる事に飽きたアナタ、一度試してみては
いかがでしょう?
 

《参考資料》
「絶品!海軍グルメ物語」(新人物文庫)
「提督の食卓 第一集・第二集」(同人誌:スタジオゴンドワナさん)
「居酒屋鳳翔まかない記」(同人作品:路地裏の浪漫堂さん)

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=49261211

 

漂流絵師(自称) 鳳 翔太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス