学生ボランティア団体「スーン」 | セカンド・オピニオン㈱代表取締役 小澤隆のブログ
2014-03-23

学生ボランティア団体「スーン」

テーマ:アジアに学校を創ろう!

ラオス学校建設教育支援プロジェクト「スーン」の皆さんから、ご連絡と写真を頂きました。


「スーン」は早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)主催下で、ラオス学校建設教育支援プロジェクトを実行している早稲田大・慶応大学生を中心とした学生ボランティア団体です。具体的には、ラオス人民民主共和国チャンパサック県ノンサ村・ノンヴィエン村に2校の小学校(2007年、2009年)を建設し継続的に教育ソフト面の支援をしています。 ⇒ スーンのwebsite


弊社へは、昨年201311月に「スーン」のメンバーの方から、「活動対象小学校への贈書を考えているので企業協賛をお願いしたい」旨のご連絡を頂いたのです。それまで全くご縁のない学生ボランティア団体さんでしたが、『アジアに学校を創ろうProject1号 ラオス幼稚園建設』をネット検索で知って、ウチなら企業協賛に応じてくれるのでは?と思ったそうです(笑)。


「スーン」のメンバー3人(大学4年生1名、2年生2名)とお会いし、プレゼンもして頂きました。とても熱心で初々しい3人です! 一方で大変緊張もされていて、企業協賛のプレゼンは初めてだったとのことでした。スーン資金班の思惑通り、形を変えて、ささやかな支援をさせて頂きました。写真を拝見すると、10期渡航は大成功のようです。「スーン」資金班と図書班の方々、お疲れ様でした!



スーン①

(支援先の小学校での風景。半年に1度、スーンの大学生メンバーが現地に渡航するそうです。)



スーン②

(皆さんで写真撮影。ボランティア学生さんも沢山。寄贈本に「ドラえもん」ラオス語版も見えます。)



コチラのプロジェクト1号 ラオス・パチュドン幼稚園の様子をAEFA の皆さんからご報告を頂きました。その様子はまた別の機会でご紹介します。



絵本をプレゼント

( 茶谷順子さんにプレゼントで頂いたイラスト。寄贈絵本と生徒さんの風景です。)


【ちょっと内輪ネタ】

・並行するプロジェクト、ビジネス絵本3号「働くあなたに贈ることば」も製本が無事完成しました!

・ビジネス絵本を創ろうプロジェクトの皆様、ありがとうございました&お疲れ様でした!

・「働くあなたに贈ることば」のお披露目会は、どうしよう・・・?アイデア募集中です。



イラストはイラストレーター茶谷順子 氏の作品です。無断転載は固くお断りします。】

 小澤隆  http://www.second-opinion.co.jp/

企業再生人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス