他者を介して行う内省 | セカンド・オピニオン㈱代表取締役 小澤隆のブログ
2013-04-25

他者を介して行う内省

テーマ:企業再生

新社会人の研修を眺める機会があります。皆さん素晴らしい熱意と初々しさが眩しいくらいです。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「何が起こったの?

「その時、自分はどう判断したの?

「そのことで学んだことは何?

「うまくできたと思うことは?

「もっと上手にできたはず、と思うことは?

「次回、どのような準備をしておけばいいのかな?

「ほかに何か気付いた点はある?


部下や後輩は、こう問われることで懸命に考え、仮説を立てられるようになります。立てた仮説を次の行動に反映し、同じ失敗を繰り返すことも減ってきます。

他者を介して行う「内省」は深い気づきと学びをもたらします。自分が内省したい時は、誰かに内省につき合ってもらえばよいのです。部下や後輩の「内省」にかかわることも躊躇する必要はありません。

私たちは誰に内省の相手をしてもらっているでしょうか。そして、誰の内省の相手になってあげているでしょうか。

『わくわくヒューマンスキルコラム第91回:内省するには他者の力が必要 執筆:田中淳子氏』より抜粋

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


他者を介して行う内省・・・「自分の間違いを自問自答するだけでなく、他人にも問うた上で、その指摘を受け入れること」・・・・でしょうか。他人の指摘を受け入れるのは勇気が必要です。多くの場合、プライドが邪魔したり、自分自身のエゴが勝ったり、要は「自分自身がその指摘を認めたくない」のです。あ、書いていて、内省が始まりそうです。


他人の指摘を受け入れる度量のある人は、圧倒的「に少数派です。新社会人の方も頑張ってください!


【ちょっと内輪ネタ】

・地方の再生案件は、出張ベースなので体力的にキツイです。

・「禍々しいオーラ」かぁ・・・ 今度、私のオーラがどんなものか占ってください。

・岩田松雄さんのセミナーに遊びに行こう。セカンド・オピニオン㈱代表取締役 小澤隆のブログ-新社会人②
( 緊張しながらも 熱意いっぱいの新社会人。見ていると「初心に帰ろう」という思いが浮かびます。) 


 小澤隆  http://www.second-opinion.co.jp/

企業再生人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス