金融担当大臣談話-2012年11月 | セカンド・オピニオン㈱代表取締役 小澤隆のブログ
2012-12-12

金融担当大臣談話-2012年11月

テーマ:企業再生

以下は11月に公表された金融担当大臣談話の抜粋です。要は「リスケ法の延期はしないけど、期限が切れたからといって貸し渋りや貸し剥がしはさせません」というアナウンス効果を狙っています。一番関心の高かった「不良債権の要件」が元に戻るかどうかは、この談話の中では「恒久措置」と明言しています。

「こんなグレーゾーンを残したままで良いのか?」という疑問はあるものの、今の経済状況を考えると、自民党政権でもこのままであって欲しいと思います。


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【中小企業金融円滑化法の期限到来後の検査・監督の方針】


1.中小企業金融円滑化法(以下「円滑化法」という。)が来年3月末に期限を迎えるにあたり、借り手の方々や金融機関から円滑化法の期限到来後における金融機関や金融庁の対応について様々なお問合せが寄せられています。金融庁としては、こうしたお問合せに広くお答えするため、今般、円滑化法の期限到来後の検査・監督の方針について明確に示すことといたしました。今後、あらゆる機会を通じて、このような金融庁の方針の周知徹底が図られるよう努めてまいります。


(金融機関の役割)

金融機関が、個々の借り手の状況をきめ細かく把握し、他の金融機関と連携を図りながら、貸付条件の変更等や円滑な資金供給に努めるべきということは、円滑化法の期限到来後においても何ら変わるものではありません。金融庁としては、円滑化法の期限到来後も、貸し渋り・貸し剥がしの発生や倒産の増加といった事態が生じないよう、引き続き、日常の検査・監督を通じて金融機関に対し、他業態も含め関係金融機関と十分連携を図りながら、貸付条件の変更等や円滑な資金供給に努めるよう促してまいります。


(検査・監督の対応)

こうした金融検査・監督の目線やスタンスは、円滑化法の期限到来後も、これまでと何ら変わることはありません。なお、金融検査マニュアル等で措置されている、中小企業向け融資に当たり貸付条件の変更等を行っても不良債権とならないための要件(注)は恒久措置であり、円滑化法の期限到来後も不良債権の定義は変わりません。

(注)「経営改善計画が1年以内に策定できる見込みがある場合」や「5年以内(最長10年以内)に経営再建が達成される経営改善計画がある場合」は、不良債権に該当しません。その上で、個々の借り手の経営改善に具体的にどのように密着して取り組んでいるのかについては、検査・監督において従来以上に光を当ててまいります。


(借り手の課題解決)

借り手が抱える経営課題は様々であり、また、そうした課題の解決には相応の時間がかかることは十分認識しています。借り手が引き続き課題の解決に向けて努力していくことは重要ですが、全ての借り手に対して来年3月末までに何らかの最終的な解決を求めるというものではありません。したがって、金融機関に対しては、自らのコンサルティング機能を積極的に発揮し、それぞれの借り手の経営課題に応じた最適な解決策を、借り手の立場に立って提案し、十分な時間をかけて実行支援するよう促してまいります。

(現場への周知徹底)

以上を踏まえ、金融機関に対しては、こうした金融庁の検査・監督の方針を営業の第一線まで周知徹底し実践するとともに、今後も、更には円滑化法の期限到来後においても当金融機関の顧客への対応方針が変わらないことを個々の借り手に説明するよう促してまいります。



詳細は金融庁HPへ  ⇒ 金融担当大臣談話

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【ちょっと内輪ネタ】

・銀行から政府系事業再生支援会社に転身したIさん、頑張れ!

・監査法人の大先輩の方々、先生方、いろいろありがとうございました。




セカンド・オピニオン㈱代表取締役 小澤隆のブログ-残業
( 怒涛の11月が終わって一息つくかと思いきや、あれれ? とりあえずクリスマスまでは走ります!) 



【イラストはイラストレーター茶谷順子氏の作品です。無断転載はお断りします】

小澤隆 http://www.second-opinion.co.jp/



企業再生人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス