リスケ法後の世界 | セカンド・オピニオン㈱代表取締役 小澤隆のブログ
2012-09-14

リスケ法後の世界

テーマ:企業再生

最近「中小企業金融円滑化法」(モラトリアム法やリスケ法とも呼ばれてます)がなくなった後の世の中ってどうなるの?という質問を受けることが多くなりました。あまり迂闊なことを言うと叱られてしまいますが、私見では「多くのリスケ法対象企業にとって、変化はない」と思っています。


リスケ法は事実上銀行にリスケ(リスケジュールの略、銀行からの借入の返済について、元本返済を猶予してもらうこと)を強要していましたが、このリスケ法がないからといって銀行の態度が大きく変わることはないと思っています。むしろ心配なのは、リスケ法で時間の猶予を貰った中小企業が、その間に有効的な手を打たず問題を先送りしている点です。事業が赤字のまま放置されている会社は、リスケ法があろうがなかろうが最終的には消滅しますし、赤字脱却に向けて真剣に頑張っている会社は、リスケ法の存在に関係なく生き残るでしょう。


厳しい言い方かもしれませんが、リスケ法を再々々延長したところで、既に「死に体」の中小企業を延命させるだけですし、その様な「死に体」の会社は、借入金の返済猶予とは無関係に資金繰りに窮余して消滅して行くのです。


リスケ法の期限切れが迫った現在、「さぁ何とかしなければ!」と真剣に考えている会社には、「さぁ こうしましょう!」とできる限りのことが出来れば・・・と思っています。事業計画やスキームという話の前に、負の感情に引きずり込まれることなく、冷静に&前向きに物事を考えて貰うことが大事です!



【ちょっと内輪ネタ】

「リーダーに贈る言葉」出版記念パーティーへの多数のご参加ありがとうございました!

・Yさん 準備のお手伝いありがとうございました。

・MさんHさん、参加ありがとうございます。Mさんからの「エレキング」etc笑えました!

・K取締役 電話連絡ありがとうございます。

・C会長O部長、海外視察お疲れ様でした。

・W先生 ブログ再開おめでとうございます。


セカンド・オピニオン㈱代表取締役 小澤隆のブログ-荷物

(お手伝いの図。 苦しいときはちょっとでも荷物を降ろして、リラックスするのも大事です。)



セカンド・オピニオン㈱代表取締役 小澤隆のブログ-勉強

( 頑張りすぎても良いアイデアはなかなか出ません。休むのも大事です。)


【イラストはイラストレーター茶谷順子氏の作品です。無断転載はお断りします】

小澤隆 http://www.second-opinion.co.jp/

(企業再生PT:http://kigyousaisei.jp/ )

企業再生人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス