日本の会社総数 | セカンド・オピニオン㈱代表取締役 小澤隆のブログ
2012-09-06

日本の会社総数

テーマ:企業再生

9月になり、暑さも幾分和らいできたようです。


日本には会社は何社あるでしょう? 円滑化法が施行されてから約3年になりますが、その申込総数は2012年3月末集計時点で300万件を超えています。一方で会社総数を見てみると、厳しい姿が浮かんできます。ちなみに円滑化法は2013年3月に期限到来です。その後は何が起きるでしょうか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本全体を俯瞰してみましょう。約421万社(2009年現在、2012年版中小企業白書より)と言われる日本の会社のうち、実働実績のない会社も多いと推測され、法人税申告している会社数は260万社です。この260万社の中で利益を計上している会社は64万社と4分の1に過ぎません。残りの4分の3の会社196万社は赤字に苦しんでいます(国税庁 統計情報2012年版より)。円滑化法による条件変更の申し込み累積数は20123月には300万件を超え(金融庁「中小企業金融円滑化法の施行状況の推移」2012年公表分より)、1社当たり複数件(複数銀行)、複数回申し込んでいるという状況を差し引いたとしても、260万社を分母に考えた円滑化法申込数から想定される“借入返済に困窮している会社”数は、かなりの割合であることが分かります。つまり、経営破綻危機は恥ずかしいものではなく、多くの会社・社長が直面している会社にとって当然に訪れる状況だと思ってください。

遅れに遅れた依頼原稿の一部より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
興味のある方は、利益分布図も見てください。面白いですよ。


【ちょっと内輪ネタ】

・O社長、ポートランドの話ありがとうございます。

・N先生、J出版のKさん、ご心配をおかけしました。

・インド出張チーム、ミクロネシア出張チーム お疲れ様でした!

セカンド・オピニオン㈱代表取締役 小澤隆のブログ-会議2
 ( アジアのメンバーと今後を考える図。文化も違えば常識も違います。)


【イラストはイラストレーター茶谷順子氏の作品です。無断転載はお断りします】

小澤隆 http://www.second-opinion.co.jp/

(企業再生PT:http://kigyousaisei.jp/ )


企業再生人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス