見ている人は見ています | セカンド・オピニオン㈱代表取締役 小澤隆のブログ
2012-04-03

見ている人は見ています

テーマ:企業再生

不患人之不己知。患不知人也。(論語の一説)


「相手が自分のことを理解・評価してくれない」という話を聞く機会があります。ですが、話の中では、この人が同じように相手を理解・評価しているかどうかについては、殆ど触れられていません。あまり周囲の評価を気にしない方が良いです。周囲の評価を気にすると自分の行動が止まってしまいます。失敗を危惧して挑戦のない、「可もなく不可もない」人生って面白くないと思います。


それに。。。過去はいくら悩んでも変えることは出来ませんが、解釈・位置づけは変えることが出来ます。本人がツライときには周囲は良い評価なんてしません(このツラいときに自分を信じ切るかどうかが勝負どころです)。将来結果が伴うと、ツラい時期を勝手に「下積み時期」やら「成功のための試練の時期」のように拡大解釈してくれます。本人からすると、「同じこと」をやっているだけなんですが、勝手に周囲が評価を変えるんです。見ている人は実は良く見ていますし、その他大勢の方ではなく、そういう人達に理解してもらえると、すごく嬉しいですよ!


セカンド・オピニオン㈱代表取締役 小澤隆のブログ-周囲の評価①

(社内ではなく、社外が見てくれていた感動の瞬間!いやー頑張りました! )


セカンド・オピニオン㈱代表取締役 小澤隆のブログ-周囲の評価②

( 見てくれていないようでも、必ず誰かが見ています。他人の目なんか気にしない。) 



セカンド・オピニオン㈱代表取締役 小澤隆のブログ-周囲の評価③

( 子供も理解してくれると嬉しいですが、、、いつか理解してくれます!) 


【イラストはイラストレーター茶谷順子氏の作品です。無断転載はお断りします】

小澤隆 http://www.second-opinion.co.jp/

(企業再生PT:http://kigyousaisei.jp/ )

企業再生人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス