「褒める」と「叱る」 | セカンド・オピニオン㈱代表取締役 小澤隆のブログ
2012-01-27

「褒める」と「叱る」

テーマ:企業再生

人間って、行動経済学によると90%くらいの行動は理性でなく感情で決まるそうです。

仕事の現場でも、わかっているつもりでも 思わず感情的になる時があります。


頂いた月刊雑誌に目を通していたときに、「なるほど~」と思いました。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


人が成長するためには、ほめる、叱るは重要な要素です。どちらか片方ではなく、きちんと両方を行う必要があります。いわなくてもわかるだろうと、言葉にせず態度で表す方もいますが、言葉ではっきりほめ、はっきり叱る方が、伝わりやすいのは明白です。

    (中略)

「怒る」と「叱る」は目的が異なります。「怒る」は自分の感情を相手にぶつけてすっきりしたいという「自分の欲求

を満たす行為」です。「叱る」は相手の失敗やよくない言動に対して、改善を促す行為です。相手の言動の何がいけなかったのかを指摘し、その行動を振り返らせ、次はどうしたら良いのかを考えてもらう必要があります。一方的に話してもあまり効果はありません。効果的に叱るには、冷静に話し合う必要があります。


「月刊総務2月号 (株式会社ナナ・コーポレート・コミュニケーション 刊) OJTの極意 より抜粋」


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


「論語」の数々を思い出しました。「ピーター・ドラッカー」も同じようなことを言っています。

コミュニケーションが一方的にならないように自戒。


【ちょっと内輪ネタ】

・会議室の後始末を綺麗にしないで放置していたら 全社に「ちゃんとしましょう!」メールを貰いました。

犯人は私です。。。。 叱られてしまいました。。。。


セカンド・オピニオン㈱代表取締役 小澤隆のブログ-叱る①
(「叱る」って叱る側にはもの凄いエネルギーが必要です。良くなって欲しいですから。)



セカンド・オピニオン㈱代表取締役 小澤隆のブログ-褒める①

(その分 褒められたら 嬉しいですね)


セカンド・オピニオン㈱代表取締役 小澤隆のブログ-褒める⑤

(皆に褒められる・・・ 最高の気分!)



【イラストはイラストレーター茶谷順子氏の作品です。無断転載はお断りします】


小澤隆 http://www.second-opinion.co.jp/

(企業再生PT:http://kigyousaisei.jp/ )




企業再生人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス