こんにちは!

農機具の救世主「静岡農機情報センター」の中村です。

 

倉庫にずっと眠っていたゼノアのトリマーを修理しています。エンジンが掛かりません。プライマポンプが割れています。燃料ホースが固着しています。フューエルフィルターも目詰まりしています。まずは、エンジンを復活させて、その後、他の部分のチェックをしていきます。

 

 

この機種は、だいぶ古いです。しかし、ただ倉庫で眠っていただけなので、部品さえあれば復活させることができます。キャブをエンジン本体から外して、シリンダとピストンを目視で確認して状態を確認。エンジンの中は綺麗です。スパークプラグから火花も飛びます。燃料をシリンダに少し垂らし、初爆を確認。燃料系のメンテナンスでエンジンは復活できそうです。

 

 

キャブレターを分解すると、案の定、ダイヤフラムはガチガチに固まっていました。交換します。キャブクリーナーで燃料の通路を洗浄し、新品のダイヤフラムを使いキャブのオーバーホールは完了。次は、燃料ホース、メクラ、フィルターの交換です。

 

 

こちらも在庫部品があるので、すべて新品に交換しました。スパークプラグも交換して、すべての部品を組み付けてエンジンを始動します。「ブルーん、ぶんぶん」と調子の良いエンジン音とともに復活しました。しかし、次の故障がわかりました。

 

刃が動かない。

 

エンジンは調子よく吹けますが、肝心の刃が動きません。長期間、使わなかったのでオイルが硬くなり、刃と刃がくっついてしまったようです。刃の洗浄、エンジンの背面にあるギヤケース内の状態を確認することにします。ギヤケースを開けると、グリスが劣化して固まっていました。ろうそくのようになっていました。これでは当然、潤滑なんてできません。古いグリスを取り除いて、新品のグリスを充填します。刃の洗浄もして、ギヤケースのオーバーホールも完了です。

 

 

再びエンジンを始動して、アクセルと吹かすと、調子よく刃が動き始めました。あとは、刃を研げば完全復活です。

 

使いっぱなしのトリマーの場合、ギヤケースの中がグリス切れを起こしていることがよくあります。スムーズに刃を動かすためにベアリングを使っているので、定期的なグリスアップは欠かせません。グリスニップルがあれば、グリスガンを使って充填する。ニップルがない場合は、分解して充填することをしましょう。

 

エンジントリマーの修理、メンテナンスなら私たちにお任せください。

 

------------------------------------------

農業機械整備1級技能士がいる藤枝市の農機具専門店

株式会社静岡農機情報センター

住所:426-0011 静岡県藤枝市平島1222-1

TEL:054-645-4502

営業時間:9時から17時 定休日:日・祝

 

農機具の買取り依頼はこちら:

https://noukikaitori.com

 

WEBサイトはこちら:http://s-nouki.jp

 

ブログで修理の様子などを発信しています!

http://ameblo.jp/s-nouki/

 

Facebookはこちら:https://www.facebook.com/shizuokanouki/

 

メールはこちら:nakamura***s-nouki.jp 

(***を@に変換してください)

 

#エンジントリマー修理 #ゼノア #CHT2300 #藤枝市 #農機具店