”見た目はおなじような耕うん機

なのに価格が違う理由”

 

こんにちは。

静岡農機情報センターの中村です。

 

クボタのミニ耕うん機を修理しています。

 

「エンジンの力が無くなった」という

ことで修理をしているのですが、分解して

いると、さすがクボタ!というこだわりを

感じます。

 

今回修理しているのは、ホンダの

こまめと同じエンジンを積んだ機種です。

 

見た目からは「こまめと同じなのに

なんで価格が違うの?」と思う人もいる

のは事実ですが、そこにはきちんとした

理由があります。

 

よく見ると外観の作りが違うのですが、

中身はさらに違います。

 

”頑丈な作り”

 

すなわち耐久性のある構造をしている

ことが分かります。

 

ちなみに、、、

 

今回の故障の原因は、ローターと

ギヤケースの間にマルチのビニールや

糸くず、泥、石、針金などが絡まって

いたこと。

 

爪が回る時に大きな抵抗になっていて、

そこにきて更にキャブレターの調子も

悪くパワーダウンしている状態。

 

エンジンの調子が崩れているのと、

爪を回すのに抵抗があるのと、

ダブルパンチでした。

 

爪軸を分解するときに、どうしても

ローターを強制的に外さなければならず

今回は壊して外しました。

 

新品のローターケース交換したのですが、

その部品を手に持って思ったのが「重い」

ということ。

 

ずしっと手にくる感じなんです。

 

鉄板の厚さ、補強の入り方、構造から

強固にできていることが分かります。

 

例えるなら、無垢板を使った手作り家具

のような品質の良さとこだわりを感じる

ことができます。

 

クボタは国内シェアNo1の

農機具メーカーです。

 

その理由を今回は部品からも

感じることができました。

 

また一つ農機具屋として成長できた

気がします。

 

クボタの耕うん機の修理は

私たちにお任せください!

 

静岡農機情報センター

中村真也

 

------------------------------------------

『地域密着の農機具専門店』

株式会社静岡農機情報センター

住所:426-0011 静岡県藤枝市平島1222-1

TEL:054-645-4502 営業:9時から17時

定休日:日・祝

Webサイト:http://s-nouki.jp 

ブログ:http://ameblo.jp/s-nouki/

メール:nakamura@s-nouki.jp