戸籍法が変わる!?2024年を目途に!そのときどう対応するか? | 家族信託・生前対策コンサル活用術|斎藤竜

家族信託・生前対策コンサル活用術|斎藤竜

リーガルエステートの代表・司法書士 斎藤竜|士業・専門家がゼロから始める家族信託・生前対策活用術|低単価手続き代行から高収益コンサル業務へ移行するには?


テーマ:

生前対策・家族信託コンサルタント

司法書士の斎藤です

 

平成31年2月1日に戸籍法部会第12回会議において、
「戸籍法の改正に関する要綱案」が決定された
というニュースがありました。

 

◆戸籍証明書、提出不要に結婚・年金受給など

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40768920R00C19A2EA3000/?n_cid=SPTMG002

◆相続時の戸籍謄本集め1カ所で請求OKに 

  24年から手続き簡略化

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO42198260Y9A300C1PPD000/

 

5年後のことになりますが、
2024年に士業・専門家の業務で携わる比重が多い、
戸籍謄本、相続人確定作業が大きく変わる内容です。

 

2019年、2020年と相続法改正、遺言保管制度の創設と

改正が目白押しですが、更に続いていきます。

 

今回の記事は下記のとおりです

 

・そもそも相続人確定のための戸籍請求とは?

・戸籍法改正の予定とその内容とは!?

・戸籍謄本の添付省略、マイナンバーの紐づけは!?

 

一体どのように変わっていくのでしょうか?

 

是非、改正に伴って

自分たちの仕事をどのように変えていくか。

考えながら読んでみてください(^^)/

 

それでは、どうぞ。

____________________

そもそも相続人確定のための戸籍請求とは?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

相続手続における、

相続登記、相続税申告、金融機関での払い戻し手続きや、

遺言作成、信託契約書作成などなど。

 

生前対策業務を行うには、

相続人を確定させる必要があります。

 

相続人が確定しないと、

法律関係を確定させることができないからです。

 

戸籍は、「筆頭者」の本籍地である

市町村の役所に請求しなければなりません。

そして、本人の転籍、婚姻、離婚、

コンピュータ化に伴う様式変更など、

様々な事由によって戸籍が新たに作成されるのです。

 

戸籍には原則、

作成された期間中の情報しか記載されません。

 

過去に出生、離婚、養子縁組したなどの情報は

その当時の戸籍を確認しなければわからないため、

死亡時の戸籍から遡りながら、

全ての役所から取り寄せるという

手間な作業が発生します。

 

転籍など繰り返している人などは、

数か所の役所で取り寄せる必要があるため、

場合によっては戸籍を全て揃えるために

1~3か月かかることもあります。

 

しかも、戸籍を一つ一つ

専門的な知識をもとに

戸籍を読み込まなければならないため、

士業事務所でいうと、

専門的な知識を有するスタッフの育成と

人的なリソースが必要なため、

ここに業務効率化の壁が立ちはだかります。

 

_________________

戸籍法改正の予定とその内容とは!?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

戸籍法の改正は

今国会に提出される予定で

要綱案が決定されました

http://www.moj.go.jp/shingi1/shingi04600030.html

 

戸籍の広域交付制度が新設され、

今までは、本籍地の役所で請求

又は一部の地域だけですが、

コンビニで現在戸籍を請求することができました。

 

これを、全国の市区町村の役所で

現在戸籍と除籍を取り寄せることができます。

 

呼び方も、今までは戸籍謄本、除籍謄本と呼んでいましたが、

改正されたのちは、

今後は戸籍証明書、除籍証明書と呼ぶそうです。

 

僕も、この要綱案を読み解いていて、

“???”という疑問点がたくさんつきましたが、

他の制度を応用していることに気付きました。

 

不動産関係の仕事をしている方だと

よく取り扱っている登記情報です。

 

登記情報も以前は

登記簿が帳簿(バインダー)時代には、

不動産の所在地を管轄する法務局でしか、

請求できませんでした。

(今でもコンピュータ化前の閉鎖謄本は、

現地の法務局でしか取得できません)

 

しかし、今では登記所間がネットワークで連携しており、

どこの法務局でも全国の不動産の

登記事項証明書を取り寄せることができます。

 

従前は登記簿謄本といっていましたが、

(名前の名残は残っています)

現在では登記記録のデータ化に伴い、

登記事項証明書といいます

 

この流れと同じく戸籍も戸籍謄本から

戸籍証明書にかわっていくということです。

 

戸籍法の改正に関する要綱案では、

“磁気ディスクをもって調整された戸籍

又は除かれた戸籍の副本は、

法第8条第2項の規定に関わらず、

法務大臣がこれを保存するものとする。”

と記載されています。

 

今までは、市区町村が戸籍の正本を

法務局が副本を管理していましたが、

このデータを法務大臣が

保存するものとされています

 

データ化されていることから、

登記事項証明書と同じく、

戸籍証明書も全国の市区町村で、

取り寄せすることができるという流れです。

 

請求する際は、マイナンバーカード等の

写真付き身分証明書の提示の上、

請求することになるようです。

 

資格者が職務上請求する場合の

取り扱いなどはこれから詰めていくのでしょう。

 

しかし、今後、最寄りの役所で、

登記事項証明書と同じく

役所の職員と相談しながら

1つの窓口ですべて完結する時代が訪れます。

 

被相続人の出生から死亡までの戸籍や

相続人の戸籍というように、

今まで取り寄せるのにものすごく時間が

かかっていた作業が1日で終わるようになるので

これは、士業・専門家も一般の方にとっても

効率化が図れ、便利になります。

 

手続きが必要な法務局、金融機関などの

最寄りの市役所で戸籍を収集して、

そのまま手続きができるといった利用も想定できます。

 

_______________________

戸籍謄本の添付省略、マイナンバーの紐づけは!?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

役所同士で情報が交換されるので

不動産登記続きにおける会社謄本などの取り扱いと同様に、

婚姻届けなど戸籍謄本の提出が要求される手続きにおいても、

戸籍謄本を提出が不要とさます。

 

また、電子的な戸籍証明情報も発行できるようです。

 

電子的な戸籍証明情報が

どういう取り扱いになるかは、今後の動向次第。

(登記情報提供サービスの照会番号と同じ??)

 

しかし、今後の活用方法次第では、

効率化できる部分が多くなってくると思います。

 

マイナンバーと紐づけするかという部分については、

要綱案では、個人番号(マイナンバー)を利用しないと

明記されています

 

個人的には、紐づけたほうが、

相続手続き、申告、すべての手続きについて

2年前エストニアも見てきました。

 

徹底的な効率化が図れるので、

役所の無駄な仕事も減っていいと思うのですが、

マイナンバーを利用せず、

所要の整備を行うようです。

 

いずれの改正も、従前どおり、

役所から取り寄せした戸籍の読み解き、

相続関係図の作成などは行う必要はあります

 

我々専門家にとってみれば、

格段に業務効率が図れるようになるし、

従前の登記情報の改正と同じく、

調べる作業の時間短縮が図れる分、

お客様とのコミュニケーションや

面談などにあてることができ、

より本来やるべき業務に集中できる時間をつくれそうです。

 

_____________

まとめ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・戸籍法の改正により2024年以降、

 収集業務がどの役所でもできるようになり

 利便性が確実にあがる

・実際の実務での運用はこれから整備されていく

・効率化した時間を本来業務に充てられるようになる

 

次回をお楽しみに。

 

______________________

財産管理対策は家族信託・後見制度しかないと

誤解していませんか?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

認知症・財産管理対策として

家族信託・民事信託の提案をしている

士業・専門家が多くなってきています。

 

しかし、本当に最適な

対策を提案できていますか?

 

資産管理方法の一つである

不動産法人化を活用することで、

所得分散を図り、

税率を個人所得よりも圧倒的に低くしたりする

など、節税対策という意味で

大きなメリットがある手法を活用することができます

そして、家族信託と同様、

認知症対策として活用することもできます 

 

家族信託と不動産法人化をどのように使い分け、

お客様に提案していくのか

また、信託組成と法人化の相違点、

平成30年度税制改正で縛られた

一般社団法人規制が不動産法人化や

民事信託でどう関係するのか

 

実務の観点から

税理士法人レディングの木下勇人氏に

わかりやすく解説していただきます!

 

【生前対策・家族信託コミュニティー~LFT~4月定例会】

生前対策ツールとしての家族信託と

不動産の法人化の違いを知り、提案をする!

日時 4月10日水曜日13時30分~16時30分

会場 株式会社東京八重洲ホール

 

★セミナー内容★

◎不動産法人化ってそもそも・・・概要を超簡単に解説!

◎不動産法人化のメリット・デメリットを実務家目線で解説!

◎信託と法人化、似ている部分・似ていない部分

◎不動産の一般社団法人化?信託であれば

  一般社団法人は受託者?受益者?

詳細・申込はコチラ

http://ptix.at/K1SsQj

 

先生業高収益化家族信託・生前対策コンサルタント|司法書士斎藤竜|志業未来塾さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント