先週行ってきましたお伊勢参りの二日目編です。


朝の7時にホテルをチェックアウトしていざ伊勢神宮内宮を目指します。
今回は昔の人が歩いて参拝したように自分もしたいと思い歩いて内宮を目指しました。
きちんと外宮まで行ってそこからスタート。
外宮から内宮までは4キロと地図に書いてありました。
いつもそれぐらいは歩いてる距離なので余裕のよっちゃんです。
道も迷子にはなるワケがないくらいの大きい一本道でしたので余裕のよっちゃんです。


しかし歩いてる人は誰もいません。
通学途中の小学生とかとしかすれ違いません。
みんな歩いては目指さないのか。天気も悪かったしね。
途中でポツポツと雨が落ちてきてましたがまだまだ傘を差すほどではなかったですね。
朝のお天気ニュースで『三重が大雨警報だぜ!気をつけな!!』みたいなコトを言っていたので覚悟はしていたのですが日頃の行いが良いからかセーフでした。



途中で立ち寄った『猿田彦神社』

$白くまの~いきあたりばったり~-130620_074312.jpg

熱心に参拝してる男性が一人いましたが他には神社の方が掃除してるくらいで静かな神社でした。
朝早かったしね。


そして次に目指すは昨日は立ち寄ることが出来なかった『月読宮』です。
先程の猿田彦神社の先の道をを右に曲がれば内宮で左に曲がれば月読宮です。
左に曲がり地図を確認しながら先へ進むもそれらしき雰囲気が無い。
「さっきの二股に別れた道のもう一つのほうだったか!?」と道を間違えたと気付き横道に入って軌道修正をする。
さっきの二股のもう一つのほうの道に出た。
灯篭もあるしコッチの道の方がソレっぽい。


正解!!

$白くまの~いきあたりばったり~-130620_080449.jpg

『月読宮(つきよみのみや)』発見。

昨日行った『月夜見宮(つきよみのみや)』と同じ読み方をする『月読宮(つきよみのみや)』。ややこしいですけどそうなんだからしょうがない。


参道に入ると女性が一人だけ前を歩いていました。
適度な距離を保って同じ方向を目指します。


$白くまの~いきあたりばったり~-130620_081413.jpg

見えてきましたね。



$白くまの~いきあたりばったり~-130620_080953.jpg

この月読宮は4つの社が一列にならんでる別宮です。
写りきれてませんね。すいません。


$白くまの~いきあたりばったり~-130620_081326.jpg

$白くまの~いきあたりばったり~-130620_081235.jpg

$白くまの~いきあたりばったり~-130620_081300.jpg

$白くまの~いきあたりばったり~-130620_081336.jpg

全部違う社ですよ。


4つも並んでいると何とも不思議な感じでしたが神話にでも出てきそうな雰囲気の場所でした。
どの別宮もそうでしたけど意外なほど簡素なんですがやはり周辺の空気が違うんですよね。
ふざけたことは出来ない雰囲気。
気持ちが凛としました。
一皮剥けた気がしました。(気がしただけ)



そして最終目的地の神宮内宮に向かいます。
8時30分は過ぎてたと思うのですが内宮に近付くにつれ歩いてる人も増えるかと思ったのですが全然人が歩いていない。
こんなもんなのか?天気が悪いから歩いてないだけか?と考えながら内宮到着。
宇治橋大鳥居前まで来たら人がいました。それでも数えるくらいです。
人が少ないうちに参拝したいと思って早く来たのですがここまで少ないとは思わなかったです。
ラッキー。


$白くまの~いきあたりばったり~-130620_084016.jpg

鳥居前に居た猫。
慣れたもんで逃げない。


$白くまの~いきあたりばったり~-130620_084130.jpg

大鳥居。



$白くまの~いきあたりばったり~-130620_084204.jpg

宇治橋の上。

$白くまの~いきあたりばったり~-130620_084220.jpg

五十鈴川。


$白くまの~いきあたりばったり~-130620_084931.jpg

御手洗場。
けっこう深いので落ちたら大変です。


$白くまの~いきあたりばったり~-130620_085457.jpg

滝祭神(たきまつりのかみ)

ここは御手洗場を出たら右に行ったところにあるんですが以前テレビで伊勢神宮が紹介されてた時に『必ず立ち寄って欲しい場所!』と強く紹介されてたので「必ず寄ろう!!」と思っていたのです。
ここに立ち寄ってから正宮に行くと取り次いでいただけると言われているらしいです。
垣根の中には小さな岩があります。
岩が御神体なんだそうです。
垣根の隙間から拝めます。
四方八方の隙間から拝んできましたよ。


$白くまの~いきあたりばったり~-130620_090304.jpg

風日祈宮(かざひのみのみや)
川を渡ったところにあります。

$白くまの~いきあたりばったり~-130620_090920.jpg

ちょうど祭りをしているところに出くわしました。
伊勢神宮では年に1500回を超える祭りが行われているそうです。



$白くまの~いきあたりばったり~-130620_091151.jpg

太い木。
めっちゃ太いです。


$白くまの~いきあたりばったり~-130620_092235.jpg

いよいよ正宮です。
この石段の下までしか撮影は出来ません。


正宮はやっぱり違います。
もちろん大きさが違うというのもあるんですけど醸し出す空気が違いますよ。
ここでしばし正宮を眺めておりました。
何とも飽きない時間です。
ただ建物を見てるだけなんだけどね。


$白くまの~いきあたりばったり~-130620_092424.jpg

隣では新しい正宮が作られてました。
秋にはこちらに移るそうです。


$白くまの~いきあたりばったり~-130620_092635.jpg

また太い木。


$白くまの~いきあたりばったり~-130620_092703.jpg

さらに太い木。

太い木を見ると生命の強さを感じずにはいられません。




$白くまの~いきあたりばったり~-130620_093018.jpg

荒祭宮(あらまつりのみや)

正宮を参拝する時は個人的なお願い事(恋人が出来ますようにとか)をするのは好ましくないと言われていますのでこちら荒祭宮で正宮では出来なかった個人的なお願い事をするとよいらしいです。
もちろん私も個人的なお願い事をしましたよ。


$白くまの~いきあたりばったり~-130620_093237.jpg

こちらも新しく作ってました。





$白くまの~いきあたりばったり~-130620_093826.jpg

5色がちょうど某アイドルグループカラーだった神宮のお守り。
買いませんでしたが。




これにて参拝は終了です。
このあとはおかげ横丁とかおはらい町などを散策。


$白くまの~いきあたりばったり~-130620_102756.jpg

おはらい町にあった銀行ATM。
とりあえず中に入ってみましたが中は普通のキャッシュディスペンサーでした。




ご飯を食べたりお土産散策してる間にどんどん観光客が増えてきてましたがバスツアーなどで来てる人が多かったです。


そしてもう一度正宮まで参拝に行ってみる。
今度は参道もどこも人が多かったんで朝早く来ておいてよかったですわ。
やっぱり伊勢神宮だな。
『死ぬまでに一度はお伊勢参り』と言われているだけのことはあります。


帰りは駅までバスに乗りました。
降りる手前のバス停までが210円とかだったのに一つ過ぎたら運賃表の値段がいきなり410円になった時は驚いたね。
「いきなり倍か!?」ってね。
410円って分かってて410円握りしめてたけどいきなりの上がりっぷりに伊勢詣で中で一番エキサイトしましたね。






みなさんも死ぬまでに一度はお伊勢参りをどうですか?