【目次】

①まえおき

 

②イチジクを育ててみた感想

 

③品種の紹介

 

④まとめ

 

 


<①まえおき>

鉢植えにすると品種にもよりますが
購入2年目から実がなることもあります。

頑健で根の張りもよく
たいへん育てやすい果樹です。

無農薬で育てることができるのも魅力です。


夏と秋の2回実がなる夏秋兼用種と
秋の1回だけなる秋果専用種があります。


また、挿し木からでも
簡単に育てることができます。


自家栽培だとねっとりとジャムのような

完熟果が味わえます。



<②イチジクを育ててみた感想>

今現在、私が育てているのは

桝井ドーフィン、ヌアールドカロン
バナーネ(ロングドゥート)
ブリジャソットグリース、ビオレソリエスの

5品種で

 

このうち桝井ドーフィンは店で購入
その他はメルカリで挿し穂を買い
挿し木にして育てました。


桝井ドーフィンは購入したその年に
実が2~3個

バナーネは2年目に数個

ヌアールドカロンは3年目に数個

ブリジャソットグリースは2年目に数個

の実がなりました。

ビオレソリエスは
まだ8ヶ月目なので実は付いていません。


鉢植えなので
どれも着果までの年数が短めです。


8ヶ月~4年程度の幼木なので
実が小さめで数も少なく
まだ味に大きな差は感じませんでした。


完熟果はどれもねっとりとして
ジャムのように甘く美味しいです。


イチジクは肥料、特にカルシウム分を好むので
元肥として蛎殻や卵の殻などの有機石灰なども
混ぜ込んでおくとよいかもしれません。



<③品種の紹介>

 

★ビオレソリエス

 

(楽天)

 

 

(アマゾン)


 

 

●秋果専用種。

●幻の黒イチジクと言われ大人気。

●樹の勢いが強く

着果までに年数がかかる。

●晩生の品種なので収穫時期が短め。

●中級者~熟練者におすすめ。

 

 

★ロングドゥート(バナーネ)

 

(楽天)

 

(アマゾン)

 

●夏秋兼用種。

●長細くて大きめの実。

●ねっとり甘い。

●初心者におすすめ。

 

★ヌアールドカロン

 

(楽天)

 

(アマゾン)

 

 

●秋果専用種。

●糖度が高い。

 

 

★ブリジャソットグリース

 

(楽天)

 

 

●夏秋兼用種。

●適度な酸味もあり

甘みと酸味のバランスがよい。

 

 

★ロードス

 

(楽天)

 

 

●秋果専用種。

●糖度高め。

 

 

★桝井ドーフィン

 

(楽天)

 

(アマゾン)

 

●夏秋兼用種

●よくスーパーなどで

売られている品種

●実が大きく、たくさんなる。

●初心者向におすすめ。

 

 

 

<④まとめ>

 

●品種には夏秋兼用種と秋果専用種の

2種類の系統がある。

 

●無農薬で育てることができる。

 

●鉢植えなら購入してから

1~3年目で実が付き始めます。

 

●頑健で育てやすい。

 

●挿し木が簡単にできる。

 

●自家栽培すると完熟果が味わえます。

 

●肥料、特に有機石灰や苦土石灰などの

カルシウム分を多く必要とする。

 

●初心者には桝井ドーフィンか

バナーネ(ロングドゥート)を

おすすめします。

 

 

 

<関連する記事>

 

イチジク一覧の記事へ

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加していますので
クリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


果樹菜園ランキング