こんばんは!

和食ライフスタイリストのmarieです。

HPへのご訪問ありがとうございます^^

初めましての方はコチラへ♪

 

 

********************

 

 

 

渡英して和食に興味をもった私は、
次に日本でも好まれているイタリア料理を、

 


中でも「家庭料理」と言われている

フィレンツェの家庭料理(トスカーナ料理)を学びに、

渡伊しました。

 

 

(和食が日本の家庭料理と言われているので、
対比するためにイタリアの家庭料理を選びました。)

 

 

 

相変わらずヨーロッパは街並みがオシャレ^^♪

 



ちなみに、アカデミアリアチ様にて手配しました。
http://www.ladovina.net/





トスカーナ料理は、
「マンマミーヤ!」


と聞き覚えのある言葉で使われてる
マンマ=母 の料理と呼ばれています♪

 

 


地理的には、
イタリアの中心部、
ベネチアの南、
ミラノ、ローマの北に位置します。



2週間の間、みっちりと
イタリアのトスカーナ料理研究家の

'フィアメッタ先生'に教えていただきました♪


 

 

フィアメッタ先生は、
和食も好きで、
自宅の料理教室の壁に、

 


「カンタン☆美味しく☆健康に☆」
 

日本語で書かれたものが飾られてました!



先生のレシピ本も購入したのですが、
どうやらこの3原則を教訓にされているようで、

サインと3原則のお言葉を頂きました。



それだけ、

和食はイタリアの料理研究家の方にも絶賛されている

のです!



また、先生の息子さんは料理を専門に撮るプロのカメラマンで、先生のレシピ本の料理写真を撮ったご本人でした♪



家族でプロとして料理に携わっているって素敵ですね☆


***********************



2週間で私がフィアメッタ先生に教えてもらった

料理の中で1番驚いたことは、


「食材を茹でる時に出るアクは

捨てずに旨味成分として考える」

 

ということです。

 

 

どういうことがというと、

タンパク質が多い肉や魚を茹でるとき、

アクが出ますが、

 

 

なんと!イタリアでは

そのアクは取り除かないのです・・・。

 



日本では、

「アクは味を濁らす原因になるので

取り除く」

 

という考え方で、

アクが出たらおたまですくって取り除いていましたが…

 

 

世界共通でアクは取り除くものだと思っていたので、

この真逆の発想には度肝を抜かれました!!


これは、
和食=引き算の調理法
イタリア料理=足し算の調理法
という考え方の違いだと考えられます。



素材の味を生かす場合、

アクを取り除く方が美味しくいただけるかもしれませんが、

 


今回みたいに濃い味付け

 

(アクアパッツアを作りましたが、

 ハーブ3種類とにんにく2カケ、オリーブオイルと

 分量が日本より多めの配合でした。)

 

だと旨味としてアクは取り除かないのも

ありなんだな、と思いました。

 

 

 


肝心の味は、
特に違和感なく美味しくいただけました!!

 

 

文化の違いで、

真逆の考え方になるなんて面白いですよね^^

 

 

和食には和食の良いところ、

トスカーナ料理にはトスカーナ料理の良いところ

があります♪

 

 

もっと海外の食文化を実感して、

和食の良いところを客観的にみて、

 

和食の良さをお届けします〜♪

 

 

▽応援よろしくお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

 

 

**********************

 

うまッ!はやッ!ヘルシーッ!

1アイディアのあるスタイリッシュな和食で

毎日の食卓に幸せをお届けできますように。

 

**********************