さいきんのマイブーム...(o-53) | エス・ビルドのブログ

エス・ビルドのブログ

ブログの説明を入力します。

こんにちわ!

最近は夏の暑さも落ち着いてきて、秋を感じるようになってきましたね爆  笑

もうすぐ過ごしやすい季節になってきますねラブ

 

でも、すこし残念なことが。。。

 

 

それは、日曜ドラマ『あなたの番です』が終わってしまったこと。。。

私がこのドラマを知ったのは、だいぶ終わりかけのころだったのですが、面白くて一気見してしまいましたグラサン

 

事務所では、放送された次の日のお昼休みに犯人の考察、オラウータンタイムが・・・(笑)

会社の子たちの考察もレベルが高すぎて、ついていけないほどでしたびっくり

 

月曜日のお昼にみんなの考察を聞くのが楽しくて、わくわくしていたので、それが終わっちゃったのは残念です。。。えーん

 

 

ただ、『あな番』でミステリ欲が高められ、最近のマイブームはミステリ小説を読むことです爆  笑

 

なので、少しですが、私のおすすめを紹介したいと思います!

 

 

『姑獲鳥の夏』 作:京極夏彦

この作品は私の中で一番の推しです!!!イチオシ!!!!!

この人の作品は、全部面白いのですが、特にこの作品は、はっとさせられます!!!

登場人物のセリフ「この世には、不思議なことなどない」という通り、

妖怪や怪奇現象など不思議なものを徹底的に言葉、論理で説明をしていき、読者に理解させていきます。

民俗学、宗教、怪奇現象、妖怪、心理学など興味のある方はぜひ読んでください!

 

 

『殺戮にいたる病』 作:我孫子武丸

この作品は、ラストどんでんがえし系ですね!最後まで読んだ後、もう一度読み直すこと確実です!!!

この物語は、サイコな犯人、犯人の母、警察の3視点から描かれており、最初から犯人はわかっているのですが、

最後の衝撃はすごいですガーン

エログロな場面もあるので、苦手な方はお控えください。。。

 

『ロートレック荘殺人事件』 作:筒井康隆

こちらもどんでん返しの作品。ページ数はそこまで多くないので、読みやすいと思います!

洋館で美女が殺されていく王道ミステリーです。

読んでいる間の違和感は、こういうことだったのか、と最後のトリックで納得できます!

この作品も読み直したくなりますねウインク

 

以上、有名どころではありますが、おすすめ3選でした!!!

ぜひ通勤の合間などにどうぞグラサン