2016-11-04 21:52:41

Soft landing

テーマ:orthopaedic oncology

僕は今ある大学病院に在籍して、毎日骨軟部腫瘍の患者さんとお話し、診断し、治療を行っている。整形外科医で骨軟部腫瘍を専門にしちゃうことはそんなにない。なぜなら骨軟部腫瘍の領域は、患者さんが亡くなることが多くて、整形外科医はふつー敬遠することが多いからだ。関節や手や脊椎を専門にしていても、そんなに「ご臨終です」という機会は少ない。

 

 

 

とはいっても大学病院で亡くなる患者さんは年に2-3人程度なのでそんなに多いわけでもない。もうすでに手のつくしようがない患者さんなので、どうやってsoft landingというか、痛みや苦しみをできるだけとって見送りたいと思っている。緩和ケアチームが幸い存在するので、チームと連絡をとりながら看取ることになる。

 

 

 

患者さんの死に立ち会うたびに思うのは、何か患者さんにプラスになるようなことをできたのかな、ということだ。プラスになる、というのは一人一人違うから難しい。果たしてそれでよかったのかなあと思ってしまう。

 

 

 

ひるがえって自分ならどうしたいのだろうと思う。点滴さえ拒否する患者さんもいた。(結局どうしようかかなり迷いに迷って1日1本だけ点滴してしまった) soft landingは難しい。寝ている間にくも膜下出血ぐらいで亡くなったほうがよいかもしれない。でも悪性腫瘍で亡くなるときは時間的余裕がくも膜下出血よりかはあるから、最後にお別れが言えるかもしれない。どちらがいいだろう。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ryuuta19さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「orthopaedic oncology」 の記事

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:無題

>ゆきさん

なんといいますか・・・
頑張って治療してもうまくいく患者さんとうまくいかない患者さんがいます。またこちらの説明と患者さんの理解が食い違うこともあります。なんとかしたいなあ、精進しないといけないなあと思っています。

1 ■無題

父が悪性繊維性組織球腫で亡くなりました。骨盤に癌が出来るとは思わず、分かった時には何も出来ず5ヶ月で亡くなりました。その5ヶ月は本当に辛かったです。だんだん弱っていく姿を見てられなかった。
職場の人のお母様はクモ膜下で倒れてそのまま亡くなられたそうで。
難しいです、、、
骨腫瘍の先生は少ないので貴重ですね。私達はたった一人の先生と相性が合わなくて、他の先生に変える事も出来なかったのでそれも辛かったです。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。