私の心に去来していたことが書かれていました!

ドキドキしながら読ませていただき、リブログさせていただきました。

今のイタリアからです。ぜひ、ご覧ください。

 

ここが分かれ道。

二つに一つの選択ではない、みんなで考える時と思う。
 
この夕焼けの色から思い出した記憶があります。

短歌と共に記憶しています。

      

かつて北朝鮮の水爆実験のニュースが゛耳に飛び込んできたとき、

私は老化した足のリハビリの最中。

 

海、大地を超えて水爆実験の地響きが伝わってきたような錯覚!

 

赤黒い夕焼けの中に、

 

ああ、地球が病んでいるのに!

取り返しがつかないと。

 

なんとも言えない思いが湧き、生まれた短歌です。

    

      あなうら(足裏)に 水爆の響きの痺れあり 

           病む 地球とわれ 染める夕焼け 

                                      

In  the bottom of my feet, I`ve got pins and needles                      

 caused by H-bomb explosion.     .
 The sick Earth and I are there
The sun sets
In the red sunset

 

 

温暖化、山火事、山が崩れる など

様々な警告が出される中、

見えない病魔による汚染!

ついにここまできてしまった。

 

さらに戦争難民キャンプでは大変な事態に。

病魔が進化しそうという。

やがては自分に襲い掛かると思わないのか !

それなのに、まだ、人間を殺すための設備,機器が生み出されている。

それがどういうことか

単純に考えれば判断ができる。

 

ありえないようなスピードで

変化する世界。

どちらに向かうか、

地球人として考えるべき時と思う。

 

Tsugumi さんリブログさせていただき有難うございました。

大変な状況の中、お元気で過ごされますよう。

こちらも、良い情報をお送りできればと思います。  

にほんブログ村 ポエムブログ 写真短歌へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村


地域おこし協力隊ランキング