京都府木津川市にある相楽(さがなか)小学校の学校寄席が終了しました。
http://www.kizu.ed.jp/saganaka-es/?page_id=40

文化庁の本公演として行われましためばえ寄席です。京都駅から近鉄京都線に乗りました。長年京都に行ったことはありますし、その周辺でもお仕事をさせていただいておりますが、この電車に乗るのは初めてでした。祝園(ほうその)という全く読み方のわからない地名で乗り換えて無人駅の西木津駅に着きました。到着した学校も相楽(さがなか)とは読めません。きっと京都ですから由緒ある名称なのでしょう。
会場は同校の体育館ですが、ごくらく亭の名前で本格的な寄席が行われました。
出演は開口一番として柳家やなぎ、二番手が私のマジック、上方落語の桂文三、仲入り後に生徒さんたちによる大喜利コーナー、そして三増紋之助の曲独楽、トリは春風亭柳之助、お囃子は木本惠子でした。(敬称略)
体育館の中は一杯で400人位の子供たちが体育座りをしており、とても良い雰囲気でした。喋りネタはターベル式袋玉子です。
今回も呼んでくださった学校関係者の皆様、スタッフの皆様、そして生徒さん方々どうもありがとうございました。