6/11~15『めばえ寄席(文化庁・本公演)ツアー』終了しました。

昨年10月に九州で行った『めばえ寄席』が、今年もご依頼が来ました。ありがとうございます。本格寄席を子供たちに体験してもらうという素晴らしい企画です。今回も大変勉強になりました。ご来場くださったお客様そして関係者の皆様、どうもありがとうございました。

6/11 京丹波町立下山小学校は、京都駅から車で80分ほどの場所でした。丹波篠山という言葉を聞いたことがあります。京都にはまだまだ自然がたくさん残っているなあ、と思いました。同校の体育館では生徒さんたちが座布団に座って観覧してくれました。寄席ということを意識してくれたのかもしれません。
 今回のメンバーは開口一番が春風亭柏枝、続いてマジックが私、上口龍生、上方落語を桂文三、子供達の大喜利コーナー、太神楽曲芸の鏡味正二郎、トリが春風亭柳橋、下座は三味線の稲葉千秋、太鼓鳴り物を柳亭楽ちん、三遊亭馬ん長でした。(敬称略)

6/12 長岡京市立長岡第四小学校は、かなり大きな学校で、生徒さんたちも多く、反応が素晴らしかったです。校庭の片隅にヤギがいて、和みました。

6/13 京都市立大原野小学校も大きな学校でした。体育館の反響が少し気になりましたが、良い生徒さんたちでした。終了後は特急サンダーバードに乗って福井県敦賀市に向かいました。敦賀といえば原発のイメージしかなく、何もない町だろうと思っていました。しかし実際は歴史ある町で何もないどころか日本史においては重要な場所であることがわかりました。敦賀港まで歩いてゆき美しい夕日を眺めました。1600年の歴史があるそうです。でも現在のその姿を見てもそのような趣は全く感じられませんでした。この港は1945年日本のシンドラー杉浦千畝が助けた多くのユダヤ人たちが降り立った場所でもあります。また気比神社の鳥居を見て驚きました。日本三大鳥居のひとつだそうです。そして石田三成の親友だった大谷吉継が城を構えていた場所でもありました。とはいえもはや城の片鱗さえもありませんでした。

6/14 美浜町立美浜東小学校に行く前に、安倍晴明神社に行きました。敦賀は安倍晴明とも関わりがあったのです。小さな神社でしたが、ほかにも参拝者がいました。敦賀の商店街は想像以上に広い道です。その道には松本零士の世界が銅像で表現されていました。銀河鉄道999です。しばらく行くと宇宙戦艦ヤマトでした。この街と松本零士の関係はよくわかりませんが、私にとっては嬉しい限りでした。

6/15 敦賀市民文化センターで行いました。今ツアー唯一の会館です。敦賀市立の小学校3校合同でした。

 今回のツアーもメンバーに恵まれ、たくさんのことを勉強させていただきました。お世話になりました。どうもありがとうございました。学校で演じさせていただき、子供たちからもおおいに学ばさせていただきました。どうもありがとうございました。
 この場をお借りして生徒さん先生方、スタッフそして事務所の皆様、共演者の皆様に厚く御礼申し上げます。どうもありがとうございました。