熊本市の萱野中央区長から震災時「ペット同伴避難所」の開設に対してお礼状を頂きました
中央区だけでも3万人の人が避難所に避難され、その運営に中央区長も大変な苦労をなされたとの事



やはり震災時は「人」「民間企業」「行政」の連携が必須で民間の機動力、継続支援の行政などの
それぞれの役割分担を理解することが重要と話してました。そして災害動物に関して公益社団法人
「獣医師会」の役目は大きかったと感じた



熊本地震から半年、いま熊本は家猫が帰る家をなくし野良猫が増え子猫のがどんどん増えてます
だからやるべき事はしなきゃ 11月22日から野良猫不妊手術(震災TNR)を1週間します!



もし私が熊本市獣医師会の会長になったら、やりたいこといっぱいあるんだけどなぁ (^o^)