中秋の名月を愛でましょう | 台灣・台北で当たる占い師として評判の龍羽の開運ブログ

台灣・台北で当たる占い師として評判の龍羽の開運ブログ

政財界・芸能界ご用達占術師兼実業家。25年以上前に現在の中国の台頭を読みきって単身海を渡り、現在は主に台湾でビジネスを展開。台湾の李登輝元総統をも魅了した驚愕の的中率で、貴方をサポート。特に占いを活用しながらのビジネス相談には定評があります。

今日は旧暦8月15日、十五夜。

中秋の名月と言われ、1年で最も美しい月と称えられています。


その昔、上流社会では観月の宴が開かれたり、

農民たちの間では収穫祭が行われたり、

中秋の名月を愛でる慣習がありました。


ぜひ、月を眺める時間を取り、月に向かって深呼吸をしてみましょう。

月からのパワーを受け、身体がほぐれていく感覚を感じながら、運勢も整えられますよ。




台湾では中秋節

中秋節前には月餅を送りあう習慣があります。


近頃は、月餅に限らず、パイナップルケーキ、ヌガー、アイスクリームなど
中秋節限定の商品がたくさん出回っていますね。


お中元のような意味合いがあり、日頃お世話になっている方へ贈るもの。


ワタクシもいただくことが多いのですが、もともと月餅は得意ではありません。

一つがずっしりとへビーですから、たくさん食べられない。


それに、現在はグルテンフリーを実践中だから、食べられるものに制限が…

ごめんなさい!というものもありますので、ご了承くださいね。



日本ではお月見団子かな。

昔ながらにススキを飾って、お月見団子をお食べになる方はどのくらいいるのでしょうか?


お月見もそうですが、台湾でも日本でも、時代とともに変化があります。

 

このたび、台湾の大学で日本文化について、教鞭をとることになりました。

 

日本と台湾の文化の共通性や違いについて、教えるのはとても楽しいです♪


楽しいキャンパスライフが始まりましたが、

 

その合間を縫って、日本へ弾丸出張ありで、神出鬼没と言われております。(笑)



話戻って、中秋の名月はまんまるですが、満月ではありません。

ちなみに今年は十五夜の翌日が満月です。

月を見上げてみてくださいね~

 

 

 

台湾占い師・龍羽のきまぐれ日記-ランキング この記事が「悪くない」と思えたらポチッと

 

■ 現在募集中/予定のセミナー情報 ■

◎11月23日大阪、11月24日東京でセミナー開催予定。

詳細は決まり次第、ご案内いたします。