マリオネット | Everyday Live Days

Everyday Live Days

尼丁隆吉オフィシャルブログ


テーマ:
新曲のお話です。
つい最近できた楽曲なんですが
「White」のように、自分の中で
自分の書きたいままに書けた楽曲なので
紹介したくなりました。

タイトルは「マリオネット」

夢を持ってる人はたくさん
居られると思いますが

その夢に向かって一直線に
走り込めてる人ってなかなか
いませんよね。

だからこそ、カッコいいし
憧れを抱くのだと思います。

描いていた夢を
自分なりに現実的に考えて、
最終的には、今の道を歩いている
そんな方も中には居られます。

でも、若い俺にはなかなか
納得できない。まるで
操り人形に見えてしまう。
何も分かってない19才だから書けた曲
だと思います。


マリオネット

作詞・作曲
尼丁隆吉


違う 違う 違うんだ
こんなの僕の道じゃないんだ
でも言えない。言えるわけない。
周りの大人が僕の未来を変える。
あぁ、どうすりゃいい?
僕は誰のマリオネット
僕がこの道を選んだら
一体誰が幸せになるの

選ばれた人しか叶わない
努力しても報われないことがある
かもしれない なんて分かってる
それでも僕は選んだんだこの道を
あぁ、どうすりゃいい?
誰に気持ちを伝えればいい
僕の周りにいる大人の
誰が僕の心を理解するの

さよなら僕の夢見た自分 栄光の姿が
遠ざかって行く さよなら 未来の僕

夢、敗れた大人達が
「どうせ無理だ」って僕を詰る
僕の瞳に光がある 周りの大人が
それを消そうとする
あぁ、どうすりゃいい?
僕は誰のマリオネット
僕がこの道諦めたら一体誰が幸せになるの

さよなら夢よ 瞳に光の無い僕は
ごみくずの街に 捨てられたマリオネット


僕が夢を見つけた日から
今日までの道のり全てが
無駄になったとき 大人は言うのさ
にやけながら「言ったじゃないか」って


さよなら僕の夢見た自分 栄光の姿が
遠ざかって行く さよなら あぁ 未来の僕

さよなら夢よ 瞳に光の無い僕は
ごみくずの街に 捨てられた

ボロボロの

汚いマリオネット





Android携帯からの投稿

尼丁隆吉さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス