AIU留学体験記2019
  • 21Mar
    • アメリカ合衆国 スポーケン コパン ①

      こんにちは!1月半ばからアメリカ・ワシントン州(DCじゃないで)にて留学しているコパンです!中の人が分かった人もいると思いますがブログネームの由来は探らないでくださいね。「書かないといけない」と思いつつ2か月が経ってしまったこのタイミングで一本目の投稿をしますね。なんでもAIUから僕の留学先へ来た学生が近年いなかったそうなので、留学先選びの参考にしてくれたらうれしいです。1. ブログ名を教えてください!コパンです!2. 留学先の国名と町の名前を教えてください!アメリカ・ワシントン州のスポケーン市です。留学が始まってから2か月が経ちますが未だに町の名前の正しい発音がわかりません。昔シャケがとても獲れたことで発展した街らしく、ダウンタウンにはシャケのモニュメントっぽいのがあります。聞けば「シアトルからシカゴの間で最大の都市」らしいですが、ミルウォーキーとかミネアポリスとかいくらでも大都市はあるのでたぶんこれはガセです。ワシントン州の中ではシアトルの次に大きい都市で、規模感は秋田市レベルを想像してください。具体的なスポケーンについてはWikipediaを見たほうが早いと思いますごめん3. 大学名を教えてください!ゴンザガ大学です。近頃日本で圧倒的な知名度の向上を見せつけている大学ではないでしょうか。たぶんそのうちスポーツ番組で観ることになると思います。印象としてはリベラルアーツ寄りの総合大学という感じで、ビジネス系の学部が看板らしいです。あとイエズス会系のカトリックの私立大学です。4. 学科・取っている授業は?AIUではGB(ビジネス系統)の専攻ですが、今学期は専攻関係なくいろんな授業をとっています。AIUよりもハイレベルで、申請の際に要求されるGPAが他大学より少し高いのも納得した気になります。来学期はもっと専攻の授業をとるつもりです。 (ア) General Physics (座学4単位+実験1単位) おそらくみんなが想像するであろう物理の授業です。AIUの卒業要件でもあり、折角設備がしっかりした大学に行くのでこの環境で理系の勉強をしようと思ったことがきっかけです。授業のスピードは速く、オフィスアワーを活用せざるを得ません。週に一度の実験はとにかく楽しいです。 (イ) Accounting 1 (3単位) これはこちらに来てから知ったのですが、ゴンザガはどうやら会計学ガチ勢らしいです。教科書も大学で発行しています。今はその初歩レベルの授業を履修しています。 (ウ) Principle of Management (3単位) マネジメントといってもかなり広い領域をカバーしているのですが、主にHuman Resource Managementを扱う授業らしいです。授業中に先生が話す内容、スライドにあるメモと教科書の内容を総合的に理解しないと授業を通して何を勉強しているのかわからなくなります。現になってます。 (エ) Studies in Fiction (3単位) アメリカ人作家によって書かれたフィクション作品を通して、物語の「読み方」を勉強する授業です。僕は教職課程を履修しているのでAIUでもEnglish Literatureの授業をとってから留学しているのですが、それとも違う角度から物語を分析します。ただ、読む量が多い(毎授業50ページほどの予習を前提です)のと、学生の分析の高いレベルについていくだけで精いっぱいの状況です。ただ、これもアメリカに来たからこそ受けられる授業だと思うので、頑張ります。(そう自分に言い聞かせる) (オ) Snowboarding (1単位) 車で90分ほどの山でただただスノボをします。たのしいです。 (カ) Piano (1単位) ただピアノを弾きます。「リベラルアーツしてる」気分になれます。5. 最大何単位中、何単位取っていますか?最大18単位、推奨15単位、最低12単位で16単位を履修中です。6. 大学(または地域)を選んだ理由は?第一志望先の大学だったこともあり、たくさんありますが、(ア) 英語圏の大学で、そこまで大規模ではないこと。(イ) 大学のレベル。特にビジネス分野のレベルが高いらしいです。(ウ) Leadership Studiesの授業が多く開講されていること。(エ) スポーツマネジメントの授業が開講されていること。(オ) スポーツ強豪校であること。特にバスケが熱いです。(カ) 気候が寒すぎないこと。充分寒いですが秋田レベルの寒さです。(キ) 近くのモンタナ州にホームステイ経験があり、その近くに行きたかったから。ざっとこんな感じだと思います。高校時代に運動部だった人が8割だと聞いた気がするし、学生はスポーツに関する教養が凄いのでスポーツに興味がある人におすすめです。7. 実際にその町に住んでみた印象は?キャンパス内で生活が完結してしまっているのでよくわからないですが、秋田市みたいな感じだと思います。州内指折りの都市のはずなのですが、秋田市って感じです。州内のバスは学生証をスキャンするとタダで乗れます。 (a) 良かった点: これまで会った経験上はやさしい人しかいないです。この前スマホを落としたのですがおじさんが拾ってくれて返ってきました本当にありがとうございました (b) 予想と違った点: 今のところ特にないです。強いて言うならベンチプレスを150kgでやってる人がいたぐらいです。8. 治安はどうですか?悪いらしいです。寮からもたまに夜パトカーの音が聞こえます。一人で夜歩くのはやっぱり危険らしいです。ダウンタウンについては日中穏やかなよい街ですが、日没と同時に明らかにヤバそうな人がたくさん出現してきたので笑いそうになりました。笑ったら本当にヤバい気がしたのでtwitterで「草」とだけツイートしました。でも今度以前AIUに留学していた学生にダウンタウンを案内してくれることになりましたばんざい9. 物価は日本と比べて安い?高い?多分日本と同じぐらいです。たぶんアメリカの都市部の割には安いほうだと思います。10. 気候は日本に比べてどうですか?寒暖差の激しい秋田みたいな感じです。緯度的には秋田よりずっと北で、3月上旬までは雪が積もっていたのですが、西海岸だということもあり、ここ数日でほとんど解けました。キャンパス内にハンモックを吊って寝てる人も多く、やっと春が来たなあという感じです。11. 日本との文化的な違いは?特に感じません。むしろ秋田にいた時よりタイムマネジメントはきっちりしていて、物事に関して柔軟に対応してくれる人が多いです。料理も味は濃いのは想定内ですし生活面ではすぐ適応できたと思っています。ただ味噌汁は出汁の味を感じられないしとてもしょっぱいです。…ざっとこんな感じでしょうか。長い文章を書くのが苦手なので色々おかしくなっているような気もしますが、何か質問があれば答えるからバシバシ質問してください。たぶん僕が誰かわかる人も多いと思います。次回はもっと高質なコンテンツになるように生活したいと思いますがんばります。コパン

      7
      テーマ:
    • アメリカ ミルウォーキー せりあ①

      Hello everyone!1.ブログ名せりあと申します~。一応スペルにしますと、Celiaです名前の由来はフランス語の授業でつけてもらったいわゆるフレンチネームです。断じて100均ではないです笑(完璧な余談ですが、AIUの言語の授業はロシア語以外はその言語圏で使われる名前をつけてもらえます。こういう時にすごく便利ですね!)2. 留学先の国名と町の名前そんなわたくしですが、アメリカはウィスコンシン州ミルウォーキーにて留学生活を謳歌しております。位置は気候のところで説明しますねウィスコンシンはチーズとビールとハーレーダビッドソンが有名ですが、その中でも乳製品の生産量は全米トップクラスで、America's Dairylandというアメリカの農産業を担う州、つまり日本でいうところの北海道ですね。(私はチーズもお酒も大好きなのでルンルンで上陸したところ、お酒が飲めるのが21歳からという現実に直面しましたorz 9月までの辛抱です。2回目以降ではお酒のレポートしたいです。。。)ハーレーには縁がないですが、帰国するころには似合う女になりたいですね。嘘です。3. 大学名ミルウォーキーにあるアルバーノ大学におります。 カトリック系の女子大学ですので、男性の方にはあまり参考にならないことをここに謝罪します笑 私は女子高出身なので居心地は最高ですね学長先生はもちろんシスターで、教会も聖職者もばっちり学内にあります。たまにお祈りしに行きます 4. 学科・とっている授業リベラルアーツカレッジなのでAIUと同じようにいろいろな授業が取れますが、AIUと違う点はたくさんの専門的な学科があるところです。看護学部が特に有名で、何人もの友達が聴診器を当たり前のように持っています。あと面白いと思ったのが"Art Therapy"と "Music Therapy"ですかね。日本だとどうしても短大や専門学校で培うしかないですが、ちゃんと学部としてカウントされているのが日本と違うな~と思いました。わたくし、AIUではグローバルスタディズのメディアのゼミを取っているのですが、あんまり開講されてなくて残念。単位を埋めようと社会学系を取っていますが、こちらもあまり開講されてないので踏んだり蹴ったりですね笑 学部に所属するシステムでなくいろいろなカテゴリの授業とれるのはまだ救いです。あと机が絶対4人1掛けなのでグループワークやディスカッションが必然的に多くなります。そんな私が今学期とっているのがこちらです↓✾HUM150 Fantasy in ModernFiction & Film名前に騙されて取りましたが今のところFilmに触れていないです笑 おとぎ話を読んで、それを基にした小説だったりアカデミックな読み物読んでエッセイ書いてます。当たり前のように月曜に水曜までに60ページ読んできてね~と言われました。まさにBeyond mylimits。でも2時間弱の中でグループワークでいろんな面から読み物分析してプレゼン作るのは楽しかったです。✾HUM150 Women in Muslim Societyそのまんま、ムスリム社会の女性についての授業です。ムスリムの卒業生呼んでセッションしたり、町にあるムスリム女性センターでお話聞いたりと一番アクティブな授業です。しかし車で15分のセンターに現地集合といわれたときはびっくりしました。こっち来てまで車社会ですか。。。しかし先生がとてもいい人で、定員オーバーなのに特別に入れてくれたり、授業終わるたびにわからなかったことはないかい?と聞いてくださるので救われています。✾RL210 Control of Life & Death一言で言うならば「死生観」の授業。一応宗教学のくくりなのでバンバンキリスト教やイスラム教、仏教用語使われるのでてんやわんやですが、エッセイでの評価はとてもやさしく生命倫理を効率よく学べています。朝8:10から始まるので眠い目をこすりつつビデオを見てます。チェコのわっぱ君と同じように、"聖クレア"と言われて調べてみたら聖キアラでびっくりしました。わかるかい!✾PSY110 Life Span Developmentこちらは心理学の授業です。現在のAIUには心理学の授業がないので、留学先でとる生徒が多い気がします。かくいう私もその一人です。名前どおり、人の人生における発達についての授業です。今は子供のトピックで、そのうちグループプレゼンがあります。この授業が一番グループワークが多いしゲーム的なことも多くて楽しいですね。✾INS198 American Ways留学生必須の授業で、たまにエッセイあるくらいで一番緩いですね~ それもそのはず、この授業でくらいストレスフリーになってほしいらしく重宝してます。授業中にクッキーやラビオリなど手料理ふるまってくれて感激しました。先生がAIUでいうところのCIAのトップで留学もろもろの手続きをしてくれています。単位交換できるのを祈ってます。✾ENG055 Integrating English Usageこちらも留学生必須の授業なので少人数です。英語の使い方とのことですが、正直内容は語彙力のテストだったり、英作文の書き方だったりEAPやコンポ、アカリでやったことあるようなものなので退屈ですね。楽しみはET見てアクティビティすることかな?そこそこヘビーなのに単位はまさかの0。そんな馬鹿な。。。✾ENG057 Advanced English Pronunciation上のと似た名前、同じ先生の授業ですがこちらはすごく楽しいです。名前の通り英語の発音についてなので矯正もできるしなによりアクティビティが毎度毎度楽しいですね。一人一人の発音の弱いところをしっかり対策して集中的に強化していくので、英会話が苦手な私にはとてもありがたいです。こちらも単位は0です5. 最大何単位中何単位か1学期における最大単位は18単位とAIUと同じですね。私は今学期も来学期も16単位取ろうと思っています。教授曰く現地の生徒も16単位がいい塩梅らしいです。実はスケジュールが合わなくて最初は10単位だけだったのですが、アメリカでは12単位以下だと違法移民扱いされるのでアメリカを考えている方はご注意をば。単位変換も1:1なのでわかりやすいですね6. 大学を選んだ理由実はこの大学、ましてやアメリカに留学するつもりは1ミリもありませんでした笑 学内先行の時点ではスウェーデンやフィンランド、ドイツやノルウェーを選んでいたのですが落選してしまいまして。。。 必要者面談で代替案として提示されたのがここでした。正味な話、私は大多数のAIU生と違いEAP2から始まり、4年で卒業するためにはどうしても2年の冬に留学をつかまねばならなかったのでたくさん考えた結果ここに行くことを決めました。最初はヨーロッパ留学勢の様子を見ると心が痛んだのですが、最近ではここにして間違いはなかったなと思えるようになりました。なんてったって女子しかいない状況に3年身を置いた身ですので慣れっこですし、チーズはおいしいし、大学の人たちはびっくりするくらい優しいですから。7. 住んでみた印象  a. 良かった点何度も言っていますがとにかく人が優しいですね。どの教授もすぐに生徒の名前を憶えてくださるし、現地の学生も私を見るなり声をかけて一緒にご飯食べよう!と誘ってくれます。ありがたや。そして大学側が学生用にいろいろなプログラムを用意してくれています。地元のミルウォーキーはもちろん、お隣の州シカゴにもバスで連れて行ってくれました。これがその時の写真ですね。観光以外にも工作だったり、ムービーナイトと言ってみんなで映画をみたりとアクティビティの豊富さは目を見張るものがありますね。  b. 予想と違った点留学生がとにかく少ないです笑 今現在いるのは、AIUからは私と夏留学ですでに1セメスター過ごしている先輩、韓国から3人、チリから2人と10人にも満たないです。そして何が悲しいって、先輩とはあまり授業が被らないので今学期から来た留学生たちと一緒にいることが多いのですが、私以外みんな同じ大学の友達と来ているので混ぜてもらっても母国語でバリバリ話されるので英語で突っ込んでいける気概をなくすことですかね?笑 みんないい友達ですがそこだけさみしくなりますね8. 治安そもそもアメリカの治安の悪さは言うに及ばない(笑)ですが、その中でもミルウォーキーはトップクラスに悪いとネットでは言われていましたが繁華街から離れた閑静な住宅街の中にあるので犯罪に遭ったり見たりということはないですね。旅行でNYに行ったときにはホームレスをたくさん見ましたがこっちでは見ていません。でも確かに夜中や未明にパトカーのサイレンが鳴っているので治安はあんまりよくないんでしょう笑9. 物価私が知る限り日本とそんなに変わらない気がします。自販機も150円くらいだし、ご飯も毎食1000円以内には収まってますしね。交通の便がAIUより悪い気がするのであんまり外に出かけないから比較ができませんが笑 バスは地元民に聞いたところ複雑でよくわからないとのことなので、友達の車やUber使って出かけますね10. 気候ミルウォーキーはミシガン湖に面しており、カナダのトロントがめっちゃ近いです。つまり寒いってことです笑 ピーク時は秋田より寒いし何なら今でも少し雪は残っています笑 一番寒かったときは渡米して1週間目に体感した-26℃で、このせいでまるまる1週間大学は休校しましたのでラッキー☆というのは冗談で、この寒さで水道管が破裂して未だに一部の教室は使えないままです。というか大学も休校することってあるなんてAIUじゃ考えられない!私は茨城出身で寒さにとことん弱いのに秋田やミルウォーキー(ついでに言えば学内選考で出してた北欧も)という寒いところに縁がありまくりなので何枚もヒートテックを用意して上陸しましたが、想定していたよりははるかに暖かいのでやって行けてます。春が楽しみだな~ 11. 日本との文化的な違い誰かも言ってたけど接客の態度には驚かされました笑 私自身秋田でアルバイトしていたのが某アメリカ発カフェで、お客様第一にを徹底的に叩き込まれていたぶんびっくりしました。普通に座ってレジ打つし、店員同士で大声で会話してるし、ケータイいじるし何なら接客中に電話していることもざらです。あとはコミュニケーションを積極的にとるところですかね? ハグなどのスキンシップは正直AIUで克服したので大丈夫でしたが、すれ違うたびに笑顔なのはもちろん、"Hello, how are you?"のような相手を気遣う言葉をかけられ、返答に困っているうちに相手はもういないこともありました笑 でも慣れてくるとそれがどれほど大事なのかがわかります。今では私も積極的に使えるようになりましたわ~い一人くらいユーモアにあふれさせようとしたら長くなりました笑 こっちの課題終わらせるよりはるかに時間かかりました。そりゃあそうだ、日本語の長文なんて下手したら入試以来?! あんまりまとまってない気がしますが、何か質問等ありましたらお知らせくださいそれでは See you again!せりあ

      2
      テーマ:
  • 20Mar
    • チェコ ブルノ わっぱ①

      皆さん、こんにちは!2月からチェコ共和国第2の都市、ブルノに留学しているわっぱです!留学開始から早くも1か月以上が過ぎて、履修授業も確定し、チェコでの生活にもすっかり慣れたので、ブログ更新します!1. ブログ名を教えてください!  わっぱです!お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、AIU広め隊の元隊長です!  ブログ名は、高校2年生でAIUのオープンキャンパスを訪れた際、秋田空港で食べたわっぱ飯の美味しさに感動したのでそこからつけました。(笑) 秋田と自分の最初の出会いということで。2. 留学先の国名と町の名前を教えてください!  チェコ共和国第2の都市のブルノで生活しています!  ヨーロッパの中心に位置しているわりに、まだまだマイナーな国なので、一応地図を貼っておきます。チェコ東部のモラヴィア州の中心都市で、大学が4つほどある学生の街です。プラハからはバスで2時間半、隣国オーストリアのウィーンからはバスで1時間半という旅行には最高のロケーションです。観光という面では、プラハほどの観光スポットはありませんが、逆に観光客が少なく、ごちんまりとまとまった街なので住み心地のいい街です!ちなみに、生物の授業で有名なメンデルがえんどう豆の交配実験をしたのはこの街です。寮から徒歩5分のところにその修道院が残されており、トラムの駅名にも彼の名前が使われています。街を見下ろすようにそびえるお城から眺めるブルノの街並み。3. 大学名を教えてください!Masaryk University (マサリック大学)です。大学の名前はチェコスロヴァキア初代大統領であるマサリックに由来します。チェコではプラハのカレル大学に次いで2番目に古い大学で、今年創立100周年です!第一次世界大戦までオーストリア・ハプスブルク帝国の支配下にあったため、多くの国民はプラハかウィーンに学びに行っていましたが、「チェコ人のためのチェコ語の大学を」ということで創立された大学です。チェコのナショナリズムやアイデンティティがよく表れた大学だと思います。4. 学科・取っている授業は?所属はFaculty of Social Studies ですが、留学生は学部の縛りがなく、医学部以外の授業は自由に履修できます。僕は今学期は、最初のセメスターということで、中欧地域に関する授業を中心に履修しています。総合大学なので、授業の選択肢の多さはAIUと比べものになりません。SAN300 Roma in Central Europeヨーロッパにおけるマイノリティーであるロマ(ジプシー)の歴史や文化、差別に関する、日本ではおそらく絶対にとれないであろう授業です。現地の学生やヨーロッパ出身の学生の経験談などを聞いたりもできるので、ロマとの接点がない日本人にとっては何もかもが新しく、かつ知的好奇心の満たされる好きな授業の1つです。CZS32 Czech Cinema Ⅰ映画が好きだということと、社会学系以外の授業もとってみたかったので履修しました。約1時間半教授がスクリーンで20世紀初頭くらいから順番にチェコ映画を見せて終わり、という終着点がイマイチ理解のできない授業です。ほぼ解説やディスカッションもないので、本当にただ映画を眺めるだけです。(笑) とはいえ、ミッドとファイナル試験のエッセイはあるのが困り者。面白い映画もありますが、ストーリーを理解できないモノクロ映画を朝から2時間半見せられた時があり、なかなかきつかったです。CZS50 Intercultural CommunicationAIUに全く同じ分野のコースが存在し、確実に単位変換ができるというだけの理由でとりました。(AIUの単位変換作業はけっこう手間がかかり、各分野ごとに変換できる最大単位数が決まっているため、興味のある授業ばかりをとるわけにはいかないのが悩ましいところ。しかもAIUにはヨーロッパに関する授業がほぼないので、直接変換できないことが多く、面倒な時があります。)異文化コミュニケーションに関する授業ですが、ディスカッション中心なので、発言できればそこまで難しくはないです。また、アジア人、特に日本人は希少なので、日本での事例などを説明すると、かなり重宝されます。(笑)CZS51 History of Central Europe中央ヨーロッパの歴史を古代から現代にいたるまでひたすら追っていくという授業です。世界史選択ではあったものの、ヨーロッパ史は基礎しか触れていなかったため、英語力としては問題がなくても、基本的知識の欠如により、なかなか厳しい闘いを強いられています。欧米からの学生は当たり前のことも多いようで、サクサク進んでいくので、授業終わりにひたすら日本語で復習する必要があります。びっしりと文字の埋められたスライドが30秒に1枚とかのスピードで進められるので、授業中にノートをとることはあきらめました。(笑)もうすぐミッド試験で、論述形式のテストらしいので、早めに詰め込みます。(先学期に履修した友達によれば、とりあえず授業中に言われたことをたくさん書けば好成績がつくらしいですが、果たしてどうなるのか。)あとは、英語名で発音されると、人物名と既存知識が結びつかず、けっこう困ります。ある時は、「リチャード」という名前を連呼されて、「そんな人チェコにいたっけ」と思ったら、「カレル4世」のことだったということがありました。大学や橋の名前にもなっているという説明を聞いてようやく理解。まあ、パスはできるようなんとかします。CZS55 Approach to Migration in Europe and V4 countires移民学(migartion studies)の基本的法則や中欧地域での事例などについて学ぶ授業です。日本ではあまり報道されない中欧の近年の難民危機を巡る意見を知ることができるので、なかなか興味深いです。これは2週間に1回の授業ですが、リーディングがどっさり出て、それに関するエッセイを毎回書く必要があります。その代わり、試験やプレゼンはないので、日々の積み重ねで単位を獲得できます。CZS58 Current Political Development in Europe: A View from the Visegrad Group近年のヨーロッパの政治や歴史、社会問題について、V4(チェコ、スロヴァキア、ポーランド、ハンガリー)を中心に考えていく授業です。日本で、中欧や東欧のことを学ぶことは少ないので、その面ではかなり面白いです。進度が予定より遅れ気味で、この前ようやく冷戦時代の話が終わりました。教授のご両親の経験談なども聞くことができて、チェコ留学ならではの授業だと思います。6本のshort essayとミッド・ファイナル試験があります。5. 最大何単位中、何単位取っていますか?履修単位の上限は決まっておらず、こちらのシステムで20単位(日本では10単位)以上は毎学期とってねと言われています。上限はないものの、40単位以上履修すると大変な目に遭うからとらないようにと、オリエンテーションで言われました。僕は39単位(日本の19単位)分とっています。つまり、大変な目に遭う一歩手前ですね。(笑) たしかに平日はリーディングやエッセイに追われますが、AIUも課題が多かったので、タイムマネジメントさえできればそこまで悲惨にはなりません。また、秋田ではできなかった舞台鑑賞が日常的にできるので、息抜きになるため、ストレスはほぼ感じないです。むしろ、日本にいたときよりも「毎日生きている!」という実感が湧いて、とても幸せです。6. 大学(または地域)を選んだ理由は?① 何が何でもヨーロッパに住みたかった!  ヨーロッパで生活することが幼いころからの憧れであり夢でもあったので、留学申請をする際もヨーロッパ以外の地域は考えませんでした。母が学生時代にフランスのソルボンヌ大学に留学していて、ヨーロッパ留学の話をよく聞いていたため、自然と心はヨーロッパに向かっていたのかもしれません。また、チェコは一度旅行で訪問したことがあり、なんとなくですが、雰囲気が分かっていたことと、「あの国なら住める/住んでみたい」という印象を受けたことが国を絞る要因の1つでした。② 文化レベルの高さと豊かな歴史  チェコは、ヨーロッパではマイナーな国に入ってしまうかもしれませんが、歴史が息づいた街並みと文化レベルの高さでは、他の国に引けをとらないものがあります。元々、日本のものとは全く異なるヨーロッパの文化や歴史に興味があり、それらを身近に感じられる国に行きたいという思いは強かったです。また、市民が芸術に触れる機会も多く、ブルノにも国立オペラ・バレエ劇場があります。舞台鑑賞が趣味ながらも、日本では来日公演をプレミア価格で観る以外にほとんど舞台芸術に触れる機会がなかったため、毎日のように公演が行われる劇場のある街に住みたいと感じていました。↓19世紀に建てられた国立劇場内部③ ヨーロッパ周遊旅行 ヨーロッパはほとんどの国が陸続きのため、バスや電車で気軽に近隣諸国を回ることができます。日本からはるばる飛行機で時間とお金をかけて行くよりも、はるかに短時間かつ安く旅行ができます!自由に使える時間があるのは、学生の特権なので、行けるときにあちこち回っておこうと思っています。④ 難民危機についての理解を深める上記3つだけだと、なんだか遊び要素で留学先を選んだ感があるので(それも否めないが)、一応学問の面での理由も上げておきます。僕の研究テーマは、「日本における多文化共生社会の実現」というものなのですが、そのテーマをより深める一環として、EUにおける難民危機をケーススタディーにしようと考えています。日本にいると、やはり文献やネットなどの2次資料から情報を得ることになるため、実際に現地で生活することで、地元の方の意見やメディアでの報じられ方等を自分の目で見て、肌で感じたいという思いがありました。また、以前マサリック大学に留学されていた先輩が、僕と似た分野を研究されていて、マサリックの社会学部を勧めてくださったことも影響しました。実際、マサリック大学では、移民・難民分野に関わる授業が多く開講されており、図書館の文献も充実しているため、学術面でも実りのある留学になると思います。7.実際にその町に住んでみた印象は?良かった点ヨーロッパの歴史ある街並みが残されていること通学のためにトラムに乗っていると、丘の上には中世から残るお城が見え、旧市街を歩いていると、大聖堂の鐘が聞こえるという生活が日常になっていることに、ヨーロッパ留学の醍醐味を感じます。交通網が発達していることAIUにいた時は、1時間に1本のバスしかないというド田舎の秋田のインフラ設備に苦しめられましたが、ブルノは交通機関が発達しています!街全体がトラムとバスで網羅され、日中は5分に1本、夜でも20分に1本、そして深夜以降はナイトバスというものが運行されています。バスの時間をあまり気にせずに行動できるので、かなりストレスフリーな生活です。学生に優しいISICカードという国際学生証を出せば、1年間ブルノのトラムやバスすべてに乗車できる定期が1万円台で購入出来たり、お店でも学割が効いたりと、学生に優しい街だと思います。一番驚いたことは、国立オペラ・バレエ劇場の前売り券が学割で半額(元値も安いので、良い席でも2000円~3000円)、さらに当日券は50コルナ(250円)で購入できることです。その結果、毎週のように足繫くオペラやバレエに通う日常ができあがりました。これに慣れたら、もう日本では観られません。(断言!)旧ソ連圏にしては明るいチェコはソ連の支配下にあったものの、旧共産圏特有の陰気な雰囲気は、街並みや地元の人の様子からはそこまで感じられません。ラテン系の国には負けるかもしれませんが、ほぼ毎日晴れてますし(ここ重要。)、暗いなと思ったことはほぼありません。より東欧寄りの諸国に比べると、かなり過ごしやすい雰囲気だと思います。予想と違った点路上喫煙者が多い室内禁煙のお店が多い一方で、「歩きたばこ禁止条例」がないので、みんなお店の外や歩きながらたばこを吸っています。特にバーやクラブの前を通るときは、息を止めてダッシュで通り過ぎないとむせます。食事をファーストフードで済ませる人が多いこれは人によると思いますが、レストランに入ってしっかり食事をする人が少ないように思われます。カフェで何か食事をしているのかと思ったら、コーヒーやビールだけとかの人が多いです。対照的にファーストフードが大人気で、ピザ、ケンタッキー、ケバブ、バーガーを食べ歩きする人がとても多いです。一度、90歳くらいのおばあちゃんがバス停で巨大なピザにかぶりついているのを見た時は衝撃的でした。8.治安はどうですか?想像していたよりもはるかにいいです!チェコ自体、世界平和度指数で、日本を上回る7位にランクインするほど、ヨーロッパの中では治安が高い国に分類されます。さらにブルノは、観光地よりも学生街としての側面が強いため、プラハに比べてスリ、物乞い、ホームレスなどを見かけることはほぼありません。観劇後、22時ごろに1人でトラムに乗って帰っても、危険な目に遭ったことはないです。さすがに深夜以降は集団で行動する方がいいですが。また、本駅付近には、物乞いや酔っ払い、いかにもヤバそうな中東系の移民グループがいることがありますが、見るからに危険そうな人たちは遠巻きにして、サッサと通り過ぎれば大丈夫です。ただ、やはり海外なので、貴重品の管理などは、緊張感をもつ方がいいと思いますが、適度に気を付けたら問題ない印象です。あと、警察官のパトロールが非常に多く、それの効果で秩序が保たれている気もします。9.物価は日本と比べてどうですか?食料品や交通費等の生活必需品は、日本に比べて圧倒的に安いです。500mlペットボトルの水が15円、焼き立てパンが10円~100円、玉ねぎ1kgで150円という感じなので、今までスーパーで3000円を超える買い物をしたことがありません。服飾品、ブランド品、雑貨類などは、お店に入ったこともないので分かりませんが、日本と同じか安いくらいだと思います。あと、セールで60%オフ規模のものがしょっちゅう行われていて、よくつぶれないなと感心したりもします。娯楽に関しては、国立オペラ・バレエ劇場の前売り券が学割で1000円~4000円、当日券は250円で買えるので、日常的に芸術に触れることができます。10.気候は日本に比べてどうですか?今の気温は、東北地方の冬とそこまで変わらない、または少し暖かい気がします。また、日本一日照時間の短い秋田とは対照的に、晴れている日が多い印象です。先週は少し雨が降ったりやんだりでしたが、それ以外はここ1か月ずっと晴れています。朝起きて、窓の外が曇っていて落ち込むということが少ないので、瀬戸内の気候に慣れた自分にはとても嬉しいです。その代わり、湿度は40%くらいなので乾燥しています。11.日本との文化的な違いは?日本との違いを挙げ始めるときりがない気がしますが…。店員さんの接客常にお客様ファーストな日本と違い、こちらの接客は原則として「従業員ファースト」です。接客スマイルはほぼないですし(そもそも他人に笑顔をむやみやたらに見せる文化がないらしい)、商品は適当に放り投げ、ガムを噛みながら接客し、挙句の果てにはお客さんが並んでいても平気でレジを閉めます。最初はびっくりしましたが、慣れてくると、むしろ日本の方が過剰サービスすぎて、そのせいでブラック企業が増えるんじゃないかと思いました。日本人から見るとロマンチックなカップルが多いこれはチェコに限ったことではないかもしれませんが、チェコの特に若いカップルは愛情表現が日本人よりもより明確で、公共の場で抱き合ったりキスしたりするのは当たり前で(チェコではあいさつの際に頬にキスする慣習はありません。)、周りもなんとも思っていないようです。また、女性にプレゼントをする男性がとても多いと思います。バレンタインデー前後には、街中にバラの花束をもった男性が大勢出没しますし、特に何もなくても女性にちょっとしたプレゼントを贈ることが多いようです。日本では女性が自分で自分のために買うことが増え、それ向けのマーケットまで開拓された感じですが、こちらは「男性から女性へ」が基本です。日本人女性には理想のパートナーが多いと思います。あと、文化の違いではありませんが、街中には美男美女が非常に多く、DNAの違いを痛感させられます。(180センチ超の自分が小さいと感じたのは生まれて初めて。)ビールの消費量が半端ない1人当たりのビール消費量が世界一のチェコでは、真昼間からビールを飲んでいる人が非常に多いです。カフェにも必ずアルコール類が置いてあり(むしろアルコールメニューの方が充実している。)、夕方以降はパブが大盛況です。ちなみにビールは大ジョッキで15円くらいと、水よりも安いです。個人的には、日本のものよりもチェコビールの方が、すっきりしていて飲みやすいです。また、ヨーロッパの学生はパーティーが大好きで、事あるごとにパーティーが開催されます。(正直飲みたいだけだと思う。)交友関係を広める意味ではいいですが、毎回参加していると体がもたないので、特に日本人はけじめをつけて参加するイベントを選んだ方がいいと思います。誘われるたびに「Yes」と返事をしていたらきりがありません。以上チェコからわっぱがお届けしました~。最後に1つ宣伝を。以下の個人ブログでチェコでの生活の様子や舞台鑑賞の感想等綴ってます。チェコでの生活に興味のある方はぜひのぞいてみてください。https://ameblo.jp/czechwappa2019/

      3
      テーマ:
  • 18Mar
    • 韓国 ソウル きむそに①

      みなさんこんにちは!AIU14期 3月から韓国留学中のきむそにと申します留学がはじまり3週間ほどたち、こちらの生活にもだんだんと慣れてきましたということで!他の方々のようにQ&A形式で留学についてお伝えしていこうと思います!ぜひぜひ参考にしてくださいね~1. ブログ名を教えてください!きむそにです!韓国語の授業でつけてもらったこりあんねーむなんですが、お気に入りなので本名が難しくて覚えてもらえないときとかに名乗ってます2. 留学先の国名と町の名前を教えてください!韓国のソウルに来てます3. ⼤学名を教えてください!高麗大学(Korea University)です!韓国の早稲田大学とも言われ、とにかく生徒数多い韓国トップの総合私立大学です。大学提携の交換留学ではなく、教育学部との学部提携らしいです!基本的にはなんにも変わりありません4. 学科・取っている授業は?私は大学では東アジア学専攻で、興味分野は日韓関係・メディア・言語教育ですが、授業登録諸々で、結果、今学期は経済とメディアの授業を取っています。全体的にどれもわかりやすく、楽しく授業を受けてます。(さすが韓国のトップ私立)基本的に取れる授業は学科に縛られていないので、いろいろな学科から授業を取ってます。取っている授業を細かく紹介しますね!(高麗大学留学希望の人参考にしてくださいね~ ちなみに[ ]内は授業登録の際に使う情報です、参考までに)※ちなみにここで載せる授業は授業登録終了後のもので、最初に希望した授業とは異なりますDISS261 Technology, Information and Society (기술.정보와사회(영강)) [ 国際系学部 Division of International Studies ]マスメディアに興味があったので、情報系で似たような授業内容かと思ったら、経済系の授業だった!もうここまでくると一種のタイトル詐欺(?)だ!けど、内容が面白いので取ってます。(Requirementとして、Microeconomics程度の事前知識があるとよい、って書いてあった,,,)とはいえ、先生が丁寧に板書しながら授業してくれるのでわかりやすいです。ECON201 Microeconomics (미시경제이론(영강)) [ 政治経済学部 経済学科 College of Political Studeis and Economics, Department of Economics ]実はこの授業は授業登録に落ちまくった結果焦って入れた授業です笑もともと1年生の頃は経済にも興味あったしな~くらいのノリで入れて授業行ってみたら先生が面白い!わかりやすい!ホワイトボードの上の数式はわからないことだらけですががんばれそう!と思ったので取ってます。今のところ上記の授業と内容がかぶっているのでダブルでカバー、って感じで理解深めてますJMCO269 Media and Economics (미디어경제(영강))[ メディア・コミュニケーション学部 School of Media and Communication ]今学期一番取りたかった授業!そして上記2つの授業ともつながってくるのでとても楽しいです!授業内容はタイトルの通り、、ゲームセオリー等をメディア業界の特性と絡めて勉強していく感じです。授業登録でことごとく落ちたものの、Add Drop期間中に滑り込みしました!うれしい!JMCO255미디어와정치 (Media and Politics)[ メディア・コミュニケーション学部 School of Media and Communication ]今学期唯一授業登録で通った授業です(金曜1、2限だから?)、、、内容は興味分野ドストライクで楽しいのですが、ついていくのが大変なのと先生とのコミュニケーションが多い授業です。韓国語力を伸ばしたくて韓国語の授業を取りました!*韓国語レベル的には、韓国語4までAIUで受講後、休暇中に3週間語学学校通いました。でも聞き取り切れないので授業を全部録音して復習します。IFLS112 Advanced Korean1(한국어고급Ⅰ)いわゆる韓国語5って感じですね。いまのところやったことあるテーマを扱ってるので語彙力etc.で困ったことはありません。個人的にはAIUの韓国語4のほうがしんどかったです...5. 最⼤何単位中、何単位取っていますか?最大19、最低12のうち、15単位取っています!(ただし、AIUで韓国語系授業をコンプリートして来たので単位変換したらおそらく12単位)6. ⼤学(または地域)を選んだ理由は?授業の時に述べた学術的興味 の中でも、日韓関係が一番大きかったので、(あと語学も伸ばしたかった) 韓国の大学のみで申請を出しました。(+@ 海外で体調を崩しやすい体質なので食文化も気候の変化も大きくないっていうのも良きポイント◎でした)高麗大学は私の中でセカンドチョイスで、その理由は、ずばりネームバリューです。(第一希望は 韓国の東大・ ソウル国立大学) 正直、第一希望大学に行きたい理由はたくさんあったのですが、第2~4希望の大学は 韓国にあること+有名順 で選んだので、高麗大学にこだわりはまったくありません!ただ、きてみたら留学生へのサポートもしっかりしてるし、なにより授業が楽しいので満足◎です!7. 実際にその町に住んでみた印象は?  a. 良かった点ソウルは何より地下鉄が充実してるので秋田と比べてしまうとはるかに交通網がいいです。路線が数字で表されてるので、乗り換えも楽だし、迷うことも少ないです。(1→6乗り換え、等)ソウルが大きいので私の暮らしてるアナム、という地域で考えてみると、学生街なので、何でもそろってる。という印象です。AIUの暮らしとは大違いで車がなくてもいつでもどこでもなんでもできる!  b. 予想と違った点予想以上に学生数が多くて、クリック戦争の際にホームページに10000名待機中...の文字が表示され、5分弱待たされたときはさすがに驚きました。大学内も外も人が多くて疲れます…坂が多くて寮に帰るときにはひいひい言ってます。8. 治安はどうですか?多分良いんではないでしょうか?? 治安のランキングでいうと(留学セミナーでは)50位代なので一概に油断はできませんが、私はまだここ3週間(+休暇中の語学留学3週間含め約一か月半)トラブルに巻き込まれたことはありません。ただ、クラブで麻薬がどうこうとかの話も聞くので、ある程度警戒はするようにしてます。あ、運転が荒いのでいつか事故にあうんじゃないかと怖い部分はあります(これ治安?)9. 物価は日本と比べて安い?高い?うーーん、これ微妙なところで若干安い(?)くらいだと思います。物価も地価も首都にしては(東京と比べると)安いですが、秋田(というかAIUでの生活)と比べるとやはり高いと思います。ただ、おいしいごはん屋さんが多いのと、自炊がしずらい(限られたキッチン+スーパーが少ない)ので、出費する機会が多いです。泣 おうちでご飯会したいなあ、、、10. 気候は日本と比べてどうですか?雪のない秋田、といった感じです。(緯度は東北と同じくらい)ただ、空気が汚い。ミセモンジって言って、これは旅行で韓国来る人も要注意!のやつです。なんか調べたらPM10(PM2.5より大きいやつ)のことらしく、とりあえず健康に悪いらしいです。ミセモンジの濃度ですぐ警報出ます。みんなマスクしてます。11. 日本との文化的な違いは?おそらく何回も来たことがあるせいで、カルチャーショックはまだ経験してないように思います。しいて言うならば、カード文化なのと、外食が多いこと?(これ秋田との文化的な違いだなあ)私立だからかわかりませんが、金銭感覚が秋田と違いすぎてすっからかんなさいふに困惑中です。さいごに長い中、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!書きたいことをつらつら書いたら長くなってしまいましたが、参考になれば幸いです!気になることあったらコメント等ぜひお願いします

      5
      テーマ:
  • 04Mar
    • アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ナイスなミドル①

      初めまして、AIU14期のナイスなミドルです!名前でピンときた方!そうです!私は生粋のリトルトゥースです。先日、武道館でのライブが開催されたことがニュースで大きな話題となりましたね。とまぁ、自己紹介にもなってないですが本題に入ろうかなと思います。※リトルトゥースについて気になった方は土曜日の25時にニッポン放送をお聴きください。私は2018年の8月よりアメリカのニューヨーク州立大学オスウェゴ校(SUNY Oswego)に留学しています!この記事では、私の経験に基づいて大学のことや留学についてなどお話しできたらなと思っています。お時間のある方どうぞお付き合いください!1. ニューヨーク州立大学を選んだ理由 何と言っても授業の選択の幅が広い!ということです。この大学では歴史学、社会学、言語学、心理学、理系の科目まで留学生であろうと自分が取りたい授業を受けることができます。ここに今まで留学された先輩方が受けた授業の一覧を見たときに”こんなになんでも取れたら卒業までに必要な単位しっかり抑えられるじゃん!”って思いました。 あとは、移民や多様な文化、人種によって形成されてきたアメリカの雰囲気を肌で感じたかったというのも大きな理由の一つです。ただただ大きい国、力のある国というぼんやりとしたイメージでしかなかったのでここで1年間、学び、生活し、人との関係を築けたら幸せそうだなっていう感じです! そして何と言ってもアメフトですね!スーパーボウルの熱気を現地の人と味わいたかった!メジャーリーグもです!2.授業についてSUNY Oswego では1学期に最大で17単位しか取れません。2セメスター合わせても34単位と他の国や大学に比べたら少ないかなと思います。僕は2018年秋学期は17単位履修しました。以下、履修した授業とそれぞれについてのコメントです。ECO200 Principle of Macroeconomics (マクロ経済学)経済学は一度迷子になると本当に何を言ってるか分からなくなりますね。苦戦しました。HIS216 Modern Latin America (近代ラテンアメリカ史)愉快な教授とラテンアメリカの地域がどのように支配され、独立へ向かったか!!HIS 385 Modern Japan (近代日本史)アメリカから見た日本の歴史は違った目線で面白かったです!PSY100 Introduction to Psychology (心理学基礎)基礎だからか兎にも角にも人の名前とセオリー!覚えるの辛かった。。。GEO100 Physical Geology (地学)一番楽で尚且つ、一番楽しい授業でした。GEO101 Physical Geology Laboratory (地学ラボ)石の名前、ミネラルの名前、本当にいっぱい覚えました。IST190 Global Issues & Awareness (世界の問題を知ろう!)ペーパー5枚も書いて1単位とは涙が出ますね。寮に住む為に取らないといけません。3. ニューヨーク州オスウェゴ 街の様子:何と言っても隣接するオンタリオ湖からの眺めは絶景です!夕暮れ時、晴れた夜空、夜明け、どんな時でもここに来ると心が落ち着きます。来るまでは対岸のカナダが見えると思っていましたが全く何も見えませんでした笑五大湖の中で一番小さいオンタリオ湖ですが流石アメリカ大陸、規模が違いますね!!!                治安:大学都市ということもあって、比較的治安は良いです。アメリカは治安が悪いと勝手に想像してこちらに来たのですがそんなことはなく、地域の人も大学関係者も優しい人が多いように感じます!そしてみんな地元愛が強い!大学のアイスホッケーチーム”レイカーズ”の試合がある日には多くの観客が大学内のリンクに足を運び、声援を送ります! 物価:高いです!!!アメリカ留学の人みんなが言っていますが高いです!ちょっとしたお菓子なんかも平気で200円、300円しちゃうので小学校の頃の遠足で持っていけるのは一個か二個だな〜なんて思いながら買い物をしていますが、どれも大きいし量も多いので納得かなと思います!!アメリカならではの商品も多く、ハロウィンの時期には様々な種類類の南瓜が売られていました! 気候:夏場の昼間は日本の秋頃のような気温で30度弱ぐらいで、夜になると蒸し暑いというような日が続きます。基本的には曇りや雨が多く秋田に似ているかなと思います!!年が明けて、1月以降は兎にも角にも寒い!!!氷点下10度前後という気温に加えて湖からの強風が吹き荒れるということも日常茶飯事。あまり外に出たくなくなりますが、雪も綺麗なので楽しく過ごせる気候かなと思います!最後まで読んでいただきありがとうございました!これから留学先を決める方、AIUへの入学を考えている方、参考にしていただけたら嬉しいです!!アディオス

      テーマ:
  • 07Feb
    • アメリカ ベーツビル いずみ①

      1. ブログ名を教えてください!いずみです。2. 留学先の国名と町の名前を教えてください!アメリカのアーカンソー州にあるベーツビル(Batesville)という町です。(北アメリカ大陸の真ん中あたり少し東寄りにあります。)3. 大学名を教えてください!Lyon College(ライオンカレッジ)です。感覚的にはAIUと同じくらいの小さい大学です。4. 学科・取っている授業は?ACC310 Essentials of Accounting ほぼExcelで作業。ぺらぺらーっと教授が話しながら進んでいくので油断していると置いて行かれます。BUS210 Principles of Management 上のアカウンティングと同じ教授の授業です。グループディスカッション多め。PSY101 Introduction to Psychology もともと興味があったので楽しいっちゃ楽しいのですが、朝8時に始まるクラスを選択してしまったのでそこだけ辛いです。RPH140 World Philosophies 古代ギリシャの哲学とかキリスト教の考え方とか色々。グループでの話し合いがままならなくて凹むことが多々あります。抽象的なものがこんなに説明しづらいとは。POL105 American Experience せっかくアメリカに来たからには政治について知らないままではまずいなと思い取っています。私は日本で生まれ育ったため背景知識がない分大変ですがそれもまた面白いです。5. 最大何単位中、何単位取っていますか?最大17単位中、16単位取っています。時間割が月水金の50分×3か火木の75分×2かで組まれています。AIUの金曜日はほとんど休みのようなスケジュールに慣れてしまった身には少々辛いものがあります。5つ取っているクラスのうち4つを月水金にまとめてしまったのも一因かもしれません。時々履修登録をした数か月前の自分が恨めしくなります。6. 大学(または地域)を選んだ理由は?留学先にアメリカを選んだのは、中学生の時に地元の市のプログラムで1度行ったことがあったからです。言いたいことはあるのに緊張しすぎて話せない、その結果ものすごく静かな人だと思われる+ホームステイ先の家族ともあまり仲良くなれなかったというにがーい思い出があるため、ある意味自分にとっての再トライになるのではという思いもありました。大学は取りたい授業がある、かつ日本人留学生があまりいないところという基準で選びました。どうしても自分に甘い性格のため人と関わらなくても済むという逃げ場を先に無くしておこうと考えた結果、ほぼ周りが地元出身の人という環境に身を置くことになりました。悪くない。7. 実際にその町に住んでみた印象は?静かーな田舎町です。数年前にこの大学に来ていた先輩が別のブログで書かれていた、「バス便のないAIU」という表現がしっくり来ます。食品とちょっとした日用品なら徒歩10分くらいの所にあるスーパーで買えますが、それ以外となると誰かしら知り合いを捕まえて車を出してくれるよう頼むことになります。ミールプランのおかげで自炊しなくて良いのであまり困りませんが。a. 良かった点学生の数が少ないので、授業に行くと誰かしら顔見知りに会います。人見知りしがちなため若干安心できる材料があるのが心強いです。キャンパスもそこまで大きくなく、AIUと同じ感覚で徒歩で授業に行けるのもありがたいです。b. 予想と違った点クラブ活動のスポーツがものすごく本格的。初心者だけど挑戦してみよう、とか思うとえらい目に遭います。学内の建物が外から見ると赤レンガ造りでほぼ同じにしか見えません。到着して3日で遭難するかと思いました。8. 治安はどうですか?田舎だからかとても良いです。今のところ不安要素は特に思いつきません。9. 物価は日本と比べて安い?高い?同じくらいじゃないかと思います。まだあまり買い物をしていないのでよくわかっていない部分もありますが。お金つながりで日本と違うところを挙げると、クレジットカード払いが浸透していると感じました。現金で支払う人は全然見かけません。小銭を考える必要がないためとても助けられています。10. 気候は日本と比べてどうですか?最初の数日は乾燥しすぎて喉がダメージを受けましたが、最近は慣れてきたのか特に何も感じません。気温の変化は結構大きいです。つい最近まで‐7℃とかだったのに急に20℃近くまで上がることがざらにあります。それと個人的に気に入っているのが雪がほぼ降らないところです。今まで冬になれば雪が降って当たり前の土地にしか住んでいなかったため新鮮です。スニーカー万歳。11. 日本との文化的な違いは?雨が降っていても傘をさしている人をあまり見かけません。文化の差なのか地域差かはわかりませんが。個人的に微妙に困っているのが、食堂に箸がないところです。カレーでもケーキでも箸で食べるという行動をしていたツケが回ってきたようです。当たり前ですが盲点でした。フォークとナイフの使い方練習しておけば良かったなあ。単位が分かりづらい。気温、長さ、重さが話に出てきてもすっと理解できません。Google先生に変換してもらってやっと話についていける感じです。文明の利器に日々感謝しながら生活しています。ありがとうございました:)

      4
      テーマ:
  • 05Feb
    • フランス レンヌ ぺんた ①

      1. ブログ名を教えてください!ぺんたです。2. 留学先の国名と町の名前を教えてください!フランスのレンヌという町に留学しています。レンヌはパリから電車で2,3時間くらいのところです。3. ⼤学名を教えてください!ESC Rennes School of Business (RSB) です。ビジネススクールです。4. 学科・取っている授業は?マーケティング、マネジメント、ファイナンス、サプライチェーンの4つのコースがあるのですが、その中で私は必修のマネジメント、そしてマーケティングのコースをとっています。他にもフランス語、フランス文化の授業も履修しています。5. 最⼤何単位中、何単位取っていますか?1年間で最大30単位とれるのですが、私はMAXの30単位(1セメスター15単位)とっています。6. ⼤学(または地域)を選んだ理由は?AIUで幅広い分野を学んでいる中、専門的な知識を身につけたいと思うようになりました。AIU生のほとんどは卒業後会社員になるのですが、自分もおそらく会社員になるだろうと思っているので、将来役に立ちそうな勉強をたくさんできるビジネススクールに行こうと思いました。また、芸術にも興味があり、ヨーロッパ中の美術館、博物館をできるだけたくさん廻りたいと思っていました。レンヌは少し田舎なので治安もよく、パリに近いので移動にたくさんのお金をかけなくても済みます。7. 実際にその町に住んでみた印象は?  a. 良かった点町がかわいい!おしゃれな建物や芸術的な建築物がたくさんあって、町を歩くだけでも楽しいです。交通の便がとても良い!地下鉄やバスは時刻表を気にせず乗ることができて、夜中の1時ごろまで走っています。スーパーもショッピングモールも郵便局もレストランも、どこもかしこもすぐに行けます。優しい人がいっぱい留学前は「フランス人冷たいよ」「フランスはホームステイ上手くいかないよ」と言われていたのですが、実際は親切な人ばかりでした。大学にいるフランス人はフレンドリーで沢山話してくれるし、ホストファミリーもとても親切です。たまにワインをくれたりガレットを焼いてくれたりして、留学初日から感謝の気持ちであふれていました。  b. 予想と違った点天気ほぼ毎日雨が降っています。今日は晴れてるかな、と思った日でも大体小雨が降ります。雪は滅多に降りませんが、たまに濡れ雪やあられが降ります。また、予想と違ったことではないのですが、歩道が結構汚いです。タバコのポイ捨てや犬のフンがそのまま放置されていたり、割れた瓶の破片が散らばっていたりします。学校のトイレは比較的きれいですが、ショッピングモールやレストランのトイレは汚かったり臭かったりします。8. 治安はどうですか?パリなどの大きい町と比べたら、治安は良いほうです。ただ、一人で歩くのは危険です。不審者やスリに遭遇する確率が日本よりもはるかに高いので、集団で行動するようにしています。友達と一緒であれば、夜中まで外で飲んでいても何事もなく家に帰れます。また、最近は休日にデモが起きるので、デモの呼びかけがある日は家でおとなしくしています。9. 物価は⽇本と⽐べて安い?⾼い?そんなに変わらないか、少し高いです。食品は日本よりも少し安いですが、文房具や生活用品は少し高いです。オーガニックの食品が日本よりも多く、お手ごろな値段で手に入ります。生活用品に関しては、百均ならぬ2€(¥250くらい)ショップがあるので、そこで比較的安価でクオリティもそこそこなものを手に入れることができます。お洋服や靴は、日本と比べたら安いところが多いです。特にセール期間中は大幅に値下げされるので嬉しいです。ちなみに交通費は安いです。10. 気候は⽇本と⽐べてどうですか?先ほども書きましたが、雨が多いです。地面は100%の確率で湿っています。でも、日本ほどじめじめしていないので過ごしやすいです。11. ⽇本との⽂化的な違いは?一番の違いはデモです!最初は物騒だなぁと思っていましたが、デモに参加する若者はどんどん減っているそうです。デモに参加する=自分の国の政治について真剣に考えているという考え方もあるようで、若者が政治に関心を持たなくなってきている…と悲しんでいる大人もいます。また、町の人はみんな当然のように信号無視をします。歩行者側が赤信号でも、車が道を譲ってくれることがあるくらい信号の存在が薄いです。タバコを吸いながら歩いている人、パンを食べながら歩いている人も多いです。地味に驚いたことは、ホストファミリーがパンを紅茶につけて食べたり、クッキーをコーヒーにつけて食べたりしていたことです。自分も真似してやってみたのですが、硬いフランスパンが柔らかくなって美味しかったです。そして、毎晩のようにパーティやイベントがあります。レンヌは学生都市なので、毎週木曜日は「学生の日」と言われていて(公式かどうかはわかりません)、その日は学生が一晩中パーティーをしたり飲み歩いたりしていてにぎやかです。フランスに着く前から相当覚悟していたので、カルチャーショックはあまり受けていません笑ありがとうございました!

      1
      テーマ:
  • 10Jan
    • アメリカ合衆国 ウィリアムズバーグ ちぇる①

      あけましておめでとうございます、AIU14期のちぇるです!新年早々騒がしくしてすみません...でも...さっそく!私は2018年の夏から、アメリカのWilliamsburg(ウィリアムズバーグ)という町にあるThe College of William and Mary(ウィリアム・アンド・メアリー大学)に来ています。略してWMと書くことが多いので、以下WMとさせてください。今日は、この大学と町について、私の経験から軽くご紹介します。ほな、暇つぶしにでもどぞ~~(*'▽')~目次~Ⅰ. なぜWMを選んだのかⅡ. 秋に取った授業たちと、ひとことⅢ. 大学のある町、ウィリアムズバーグ    a. 概要   b. 治安・住民層   c. 物価   d. 気候Ⅰ. なぜWMを選んだのか英語圏、リベラルアーツ、コミュニティの小ささ。ボン。 私は自身の英語力を磨きたいという願いから、英語圏に留学しようと決めました。特にアメリカでは移民の流入により年々人種の多様性が増しているため、白人でなくとも、英語が流暢な移民第二世、第三世がそこらじゅうにいます。以下は私の推測ですが、そんな状況に慣れているアメリカ人なら、見た目は100%アジア人な私にも、超スピード英語で話しかけてくるんちゃう?だってきっと私もアジア系アメリカ人やと思われるやん?こんな風に考えて、一年間くらい英語地獄に身を置いてみようと思った次第です。 次にリベラルアーツ、またの名は教養教育について。私は留学申請の時点で、自らの研究分野を決めきれずに、様々な分野に興味が散らばっている状態でした。だから、○○学部生、として留学するのではなく、留学先でも分野にとらわれずいろいろな授業を履修したい!なら教養教育に力を入れているリベラルアーツの大学が最適!という流れです。 又、三点目はただ個人の好みですが、私は少人数クラスが主で、生徒間や教授・生徒間のつながりが自然と深まる環境が落ち着くので、アメリカ国内では比較的規模の小さいWMを選びました。Ⅱ. 秋に取った授業たちと、ひとこと履修については最大単位数が18と、AIUと変わらない制度です。2018年秋セメスターは、15単位履修しました。語ると長くなるので、ひとことコメントを添えた授業リストを以下に。●GIS201Introduction to GIS (地理情報システム)週に8時間くらい、課題に時間を取られる。一番好きだった授業。●MATH106 Elem Probability/Statistics(統計学)皆さんが思い浮かべる統計学と同じかな。●PHIL215 Right & Wrong in Contemp World(哲学です)日常に応用できるトピックについて議論するので、哲学あるあるの「こんな概念的なこと考えてどーすんの?意味ある?」っていう葛藤はほとんどありませんでした。●PSYC202 Intro Psychology as a Social Science(社会心理学)人多い、テストが選択肢問題だけ...内容は時々興味深い。●DANC111 ModernⅠ(モダンダンス)良い運動。裸足でスタジオで。●MUSCP10 Percussion Lesson(ドラムの個人レッスン)週一30分、私の何倍も人生経験を積んだおじいちゃんと。Ⅲ. 大学のある町、ウィリアムズバーグ   a. 概要 大学のキャンパスはColonial Williamsburgというエリアに隣接しており、そこにはイギリス植民地時代の政府の宮殿等、歴史的価値の高い建造物が立ち並んでいます。形や窓がかわいい建物に広い通りに大きな木に、とてもきれいな街並みです。   b. 治安・住民層  退職後、キュートなわんこと一緒に余生をゆったり楽しみに越してきたリッチ老夫婦オンパレード。お分かりの通り、治安はとても良いです。私の感覚では、日本と変わらないほどです。毎週土曜日の午前にはファーマーズマーケットが開かれ、地元の農家やカフェやパン屋さんなどが出店をして賑わいます。人々は買い物がてら、ここぞとばかりにわんこたちを連れて散歩しているので、マーケットの通りを歩くいきものの3分の1はわんこです。ちょっと盛りました。   c. 物価 高いいいい。水のボトルを1ドルで見つけた日にゃ踊って喜びます。Colonial Williamsburgはちょっとした観光地でもあるので、レストランや雑貨屋は比較的値段設定が高めで...ただ、大学にいるとそこまで買い物をする機会もないので、大きな打撃は受けません。   d. 気候 読めません。光らないのに音だけめちゃめちゃ聞こえる雷のハーモニー、暑くなったり寒くなったり、いきなりのドカ雪、からの雪の上に注ぐ豪雨、むちゃくちゃです。大学の雪対策が万全でなかったので、ドカ雪が降った日から数日間は一部の食堂が閉まり、期末試験が延期され、学内がパニックでした(笑)。下の写真は、かわいそうな野外ステージの屋根です..おっと...ということで少し悲しいニュースでしめてしまいましたが、結論!私はウイリアムズバーグの町が好きだし、WMに来て良かったなあと思っています。留学チョー楽しい!あまりダラダラ書きたくなくて説明を削ってしまった部分もあるので...もし気になること、質問等ありましたら気軽にコメントをどうぞ!ではまた次の投稿までバイバイ~👋

      3
      テーマ:
  • 04Jan
    • アメリカ フェアファックス Gulinda ②

      1. ⻑期休暇中は何をしましたか?週末は必ずチームのリハーサルがあるので金曜〜日曜は朝から夜まで練習でした。平日はおやすみなので、彼氏と買い物へ行ったり、趣味の刺繍をしてみたり、映画を観てのんびりしたり(ネットフリックスだけではなくてアップルTVとかアマゾンfireStickとかとりあえずめちゃくちゃあります。おかげでアメリカのドラマに少し詳しくなりました笑)2. 日本から持っていったほうが良かったもの or いらなかったものよいクオリティの消しゴム。私も話を聞いてたくさん文房具を持ってきたのですが、残念ながら消しゴムをなくしてしまい、アメリカのを使っています(二つで50セントの格安!笑)外国の物に触れる機会は留学ならではなので、後悔はしていませんが、あると嬉しかったかな〜って感じです。留学前には荷物を削ってみたつもりでしたが、とりあえず紙の資料はいらない!と実感しました。日本は印刷文化なので、すべて紙で手続きしたがりますが(特に留学センター関係やお役所系)、アメリカ(ルーミー曰くオランダも)ほぼオンラインで済ませます。わざわざ印刷しません。紙の無駄遣いなので。私も書類系を紙に印刷して持ってきましたが、余計に重くなるし、PDFでクラウドに入れておけば心配無用だったなあと感じています。3. 授業形式は、AIU と比べてどう違いますか?このセメスター私が履修したものは、ほぼほぼ同じでした。ただAIMSのようなサイトのBlackBordというウェブサイトを使って、授業のコンテンツの配布や宿題の提出を行います。英語圏ではポピュラーなサイトのようです(CMも見ます笑) 履修した授業は、一番少人数で6人(院生も一緒に履修してました)、多いものは30人程度でしょうか。もっと大きいクラスサイズもあると聞いています。定員が5人のクラスなんかもあります。そういえば授業時間は全く違いました!朝早いものは8時から(私も金曜の朝8:30やりましたよ、、)、遅いものは夜の10時まで。週二回だけでなくで、週一回の代わりに240分の授業なんかもあります。私は月曜と木曜にそれぞれ夜7:20〜10:00の授業がありました。慣れれば問題無いし、住居が学内なので、交通の心配もいりません。(GMUの約60%の学生は通学しているので交通面はみんな敏感です)4. 宿題の量や難易度は、AIU と比べてどうですか?私が今セメスター履修したものは特に難しいとは感じませんでした。もちろん新しいボキャブラリーが出てくると覚えるものは増えますが、教授はとても親切ですし、授業後に質問したり、メールで質問をしてもきちんと回答してくれます。真面目に頑張っていれば現地の学生にも引けを取らない成績が残せると思います。ペーパーを書くときには、CitationやAPAがもちろん厳しくて(しかし英語圏ではそれがスタンダードです。日本人学生はペーパーの書き方を知らなさすぎると実感しました)5. テストは AIU と比べてどのくらい難しい or 簡単ですか?履修する授業によると思いますが、秋セメの5つのコースのうち、実際のExamがあったのは統計学のみ(これもOpen noteだったので、きちんとノートを整理してお行けば大丈夫でした)で、あとはessayでした。長さはまちまちでしたが、400番台の授業ではAcademic paperのレファレンスを6つ以上、などの制約はありました。AIUと比べて教授も親切だし、セメスター中にExtra pointを稼ぐチャンスもあったので、その点は有難かったです。AIUで英語力が無い、TOEFLのスコアが取れない、と嘆く方も多いと思いますが(私もその一人であったし、スコアギリギリで留学申請出しました)、AIUでしっかり勉強しておけばアメリカでも不安に思う必要は無いと思います。6. 好きな授業・おすすめの授業はなんですか?私のオススメはScience of Well-beingという心理学の授業です。もともとポジティブ心理学という分野の心理学に興味があって、GMUを志望したのですが、その心理学の背景・現在までの過程・様々な事象と関連しながら活かされている研究などを、毎週平均で3−5本の論文を読みながら学ぶ授業でした。実際に瞑想のアクティビティをしてみたり、実際に企業とコラボして働いてあるゲストのお話(なんとGoogleとも協働してある方でした)を伺うことができたり。私は芸術教育と関連させたトピックを専門としていますが、心理学はすべての人が生かせる学問分野ですので、機会があればぜひぜひ履修してください!!!7. 週末は何をして過ごしていますか?週末は大学の所属機関であるMason Green machine ensemble /Mason Open Winter Guardというカラーガードのチームのリハーサルに参加しています!9月のオーディションで合格をいただき、正式なメンバーとしてパフォーマンスする機会をいただきました。1月終わりから地区大会が始まり、4月にはオハイオ州デイトンで全国大会が行われます。昨年の結果からすでに全国大会出場は決定しているチームですが、今年は去年逃したメダルの獲得を目指してチームメンバー全員が頑張っています。年末年始も4日間のキャンプでがっつり体を動かしていたので、年越しは身体中筋肉痛でした笑 週末に旅行に行くような楽しい留学生活の機会は逃してしまいましたが、自分が技術的・精神的に確実に成長できる環境に身を置けていることにとても感謝しています。8. 「この留学先を選んで良かった!」と思った瞬間はどんなときですか? または、最近あった嬉しいこと・楽しかったことはなんですか?授業で「まさにこれが自分の学びたかった分野だ!」という喜びを感じられる瞬間、ルーミーや交換留学生とご飯を食べながら色々な文化の違いを学べた瞬間、所属しているガードチームの仲間たちと楽しい時間・苦しい時間を共にしながら成長できたと実感した瞬間、勉強も仕事も頑張る同級生と共に過ごしている時間そのもの。GMUで過ごしている時間そのものが、いつも私に「ここを選んで良かった」「なんて自分は幸運だったんだろう」と実感させてくれます。最近あった嬉しいことは、クリスマスのファミリータイムに自分の友人が招待をしてくれた上にプレゼントまでいただいたこと(ホームステイとかではなかったのに!)、4日間9−21時のリハーサルを生き延びてMason Openのショーがとても良い仕上がりになってきたこと、自分の中で技術的な成長を感じられたこと、年末年始も友人宅でアメリカンな過ごし方(Netflixでたくさん映画を観る)をしてのんびり過ごせたこと。何か特別なことをしていなくても、楽しい毎日を過ごしています。バージニアの冬は秋田より暖かくて過ごしやすいですよ!笑

      3
      テーマ:
  • 02Jan
    • アメリカ フェアファックス Gulinda ①

      1. ブログ名を教えてください!Gulindaです。2. 留学先の国名と町の名前を教えてください!バージニア州にある、フェアファックスというところです。3. 大学名を教えてください!George Mason University (ジョージメイソン大学)、バージニアの公立(州立)大学です。4. 学科・取っている授業は?心理学、教育学を中心に履修しています。メインはPositive Psychology/Well-beingという心理学の分野です。5. 最大何単位中、何単位取っていますか?GMUでは、留学生は一学期に最大16単位履修できます。私は秋MAX16単位履修し、春もMAXの16単位の予定です。6. 大学(または地域)を選んだ理由は?ポジティブ心理学の分野を研究している教授が多く在籍していたから。また、大学やバージニア州自体もWell-beingやMental Healthというトピックに貢献していたから。例えば今年からバージニアの公立学校では生徒、教師など学校に関わる全ての人がメンタルヘルスを向上させる活動に関わることが義務付けられました。7. 実際にその町に住んでみた印象は?a. 良かった点超安全です。アメリカは危険だらけというイメージがありますし(普通にホームレスの方は道にいます)、ワシントンDCのような大きな街では発砲事件があったりしますが、キャンパスのあるフェアファックスは高級住宅街が近いこともあって、ものすごく安全です。秋セメスターには、夜10時に終わる授業を二つ履修していて、夜一人でキャンパスを歩く(キャンパスが大きいので10〜15分くらいかかります)こともありましたが、身の危険を感じたことはありません。大学専門の警察も24時間パトロールしているので安心です。b. 予想と違った点GMUの学生は60%くらい通学しています。だから授業もきっかり時間通りに始まって終わります。(アメリカの道路は渋滞しやすい時間(ピークタイムと呼びます)にひっかかるとものすごく不便です笑)あと学生だからといって勉強勉強ではなく、仕事・アルバイトをしてる友人も多いです。パパママでしっかり家族を持っていて学生をしてる人もいます。小さい子供がいる方もいれば、退職して子供も自立したから…みたいな人もいます。学内に託児所もあります。みんな等身大の人間なんだなあ、という感覚と多様性が強調されているGMUの良さであると考えています。8. 治安はどうですか?超安全です。また、GMUの提携校が韓国にあることもあり、韓国・中国系の生徒が語学学校に来ていたり、アラブ系の人もいればヒスパニック、白人黒人と人種もさまざまです。なので日本人だから、という疎外感を感じることもなければ特別扱いをされることもありませんでした。9. 物価は日本と比べて安い?高い?高級住宅地が近いからか、物価は高いです。日本の東京と同じくらいではないでしょうか。家賃むちゃくちゃ高いし、絶対に買わなくてはいけないミールプランも高いです。しかしアメリカはブランド品を安くゲットできるお店(Marshal’s,T.J.Maxxなど)も多いので、逆に良いものを安く買える利点もあります。私もスポーツブランドのジャージやランニングシューズを3,000円でゲットしました!10. 気候は日本と比べてどうですか?​私の感覚だと秋田に近いです。アメリカは基本日本よりも乾燥しているのですが、蒸し暑さがあったり、一度秋の気候になるとぐっと寒く・乾燥していました。11月をすぎてからは、天気が良い日でも、秋田よりも寒くマイナスになるくらいです。11. 日本との文化的な違いは?​人種、政治、性教育などのトピックが特に強調されているように感じます。人種差別があるからこそ、ここの人たちは自分のアイデンティティとしてのルーツ(人種)を大事にしている気がします。また、政治についても、トランプ大統領の中間選挙(こちらで目撃できたのは良い経験でした)があったのですが、学生同士議論しますし、ランチを一緒に食べながら『どう思う?日本の政治ってどうなの?』って会話が自然に始まります。私は特に親しくしている友人が国際政治学を専攻しているので、とても勉強になりました。性教育に対する姿勢も日本と全く違います。キャンパスのイベントとして、Consensual sex (同意に基づいた性行為)、コンドームの正しい使い方講座が開かれていたり、女性の身体を守るものとして低用量ピルを服用することは自然なことであったり、最初はとても驚きました。しかし、日本でも中高生の望まない妊娠・中絶率の増加、HIV/AIDSの流行などの問題を考慮すると、性教育はタブーだとして沈黙を貫くべきではない、と実感しました。さいごに私のインスタアカウントです。めちゃくちゃAIU推してるわけではないけど、GMUでの生活について英語で毎日日記をつけているので、参考になれば。。。URL: https://www.instagram.com/anju_fcg/

      1
      テーマ:

プロフィール

ryugakuaiu2019のプロフィール

ryugakuaiu2019

性別:
男性
誕生日:
1998年4月2日
お住まいの地域:
海外
自己紹介:
秋田県にある国際教養大学(AIU)の14期生です。 ただいま続々と留学へ飛び立っています。

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ