日本でインターナショナルスクールや


海外のインターに留学している方で


英語での教育について深く理解している方はすでにお気づきでしょうが


今日は語学について書きたいと思います。


インターナショナルスクールに子供を通わせることにした


両親日本人の場合、半分以上の方は英語を身につける為に留学を決めたと言います。


コレ・・・間違いです。


海外留学、マレーシアの場合、学校によって英語レベルは大幅に違いがあります。


キチンとネイティブ英語を身につけることができる学校は限られています。


英語ネイティブ率の低い学校に留学すれば英語なんていつまでたっても上達しません。


ほとんどの方が海外留学、インターナショナルスクールへ行けば


英語も日本語も話せるようになるから将来安心と思ってたり


更には中国語も話せるようにしようと2か国語、3ヶ国語やらせてみたり


ちょっと良く考えてみて下さい。


いまの子供達が大人になる頃には英語の話せる日本人はいっぱいいるでしょう。


・・・このフレーズも良く聞く言葉ですよね。


だったら、中国もやらせよう・・・3ヶ国語話せればすごい大人に育つ!


なんて方向に進んでいくのは更に大きな間違いです。


マレーシア、アジアでは英語、日本語、中国語、(マレー語)


と2ヶ国語、3ヶ国語、4ヶ国語を話せる人なんて山ほどいます。


多言語話せる現地の人達を見て下さい。


多言語、話せても大した強みにはなってません。


そんなにいっぱい語学は必要なのか?


母国語、英語以外に中国語は必要なのか?


はっきり言って必要ありません!


日本では英語以外の語学(中国語)の需要はわずか。


正直、私は将来中国語を必要とすることはないと見ています。


なぜなら、将来的には英語を話す中国人が山ほどいるからです。


貧富の差が激しい中国では中国語しか通じない場所はもちろんあるでしょうが


そこに外国人が活躍するような需要はありませんし商売は成り立ちません。


将来中国のマーケットで活躍するであろう裕福な環境の子供達は


すでに英語を第2言語として身につけています。


中国にはインターナショナルスクールも沢山ありますし


英語を第2言語として学ぶ学校もいっぱいあります。


アジア圏の子供達が大人になった時、


第2言語として英語を話せるアジア人で溢れるでしょう。


だから子供達が大人になる頃には中国の人と仕事をする場合でも


アジア人と話す場合でも英語で話せばいいんです。


中国語話せたほうが取引が有利になったり、コアな情報がとれるという話しもありますが


そこは言葉(中国語)が話せるかどうかではないと思います。


取引が有利になったり、コアな情報がとれるかどうかは人間力にかかっていると思います。


大切なのは言葉ではなくて、その人自身です。


この先、世界マーケットを見た場合でも


中国語を必要とする活躍の場は限られています。


だからはっきり言って3ヶ国語もやる必要はないと思います!


必要になってくるのは母国語+やはり英語だけです。


多言語を話せる多くの人が母国語以外は中途半端な多言語を話します。


今の子供達が大人になった時、英語を話せる日本人なんて沢山いるのと同じ


多言語を話せる人なんてアジアにはいっぱいいます。


語学を勉強させて、何か国語も話せるようになったって


大した強みにはなりませんし、日本でも世界、アジアでも需要はないでしょう。


多言語を話せるようになったってそれだけでは魅力はない!


じゃあ、やっぱり英語を身につけなきゃねと思うかもしれませんが


英語を身につける為にがんばるのではなくて


大切なのは、スペシャリストになること!


世界で活躍する日本人を見て下さい。


みんな始めは英語なんて話せませんでした。


英語なんて話せなくても世界で活躍する日本人もいっぱいいます。


大切なのはスペシャリストになれるよう努力すること道を探すことなんです。


語学なんてやる気があればいつだって身に付きます。


海外に留学して英語教育、語学にばかり焦点をあてるのではなく


子供が将来何をやりたいのかを見つけて


その目標に向かって必要な環境をあたえてあげること


これが親の役目ではないでしょうか?


進む道は親が決めるのではなく、子供に決めさせてあげること


子供が小さい場合は決められないでしょうがある程度の年齢になったら


子供に決めさせてあげましょう。


そのためには日本の教育を一度は体験させてあげたほうがいいでしょう。


子供が見つけた夢、目標に向かっていける


一番いい環境の学校を見つけてあげることが親ができることです。


BESTな環境は、子供それぞれ違うでしょう。


日本のほうがBESTな環境を与えられるというお子さんもいるでしょう。


子供にとってBESTな環境を探したら、海外(留学)という選択になった。


そういう方もいるでしょう。


一番大切なのは語学ではありません。


子供の可能性を広げてあげたいから海外留学した


でも、そのことが子供の可能性を狭くしてしまうことだってある。


よく考えてみて下さい。


子供にとってBESTな環境を与えてあげること


大切なのは語学じゃない! 


自信をもてるもの、こと、を一つ見つけることです!