沖縄県知事選挙「辺野古移設賛成vs反対」 | りゅうきゅうかるちゃーぶろぐ

りゅうきゅうかるちゃーぶろぐ

琉球島嶼文化協会のブログです。
沖縄を中心に東アジアの島々との文化交流をブログで発信します。


テーマ:
こんにちは。

仲井眞弘多知事任期満了に伴う、県知事選挙ですが、今回の選挙の一番の争点は、普天間基地の辺野古への移設問題。革新勢力であった民主党が政権を握り、鳩山前首相の迷走によって混乱させられた民主党も政権時には移設容認しました。その結果、今回の知事選は沖縄県内の選挙でよく見られる保革対立から一転し、保守系と革新系がいずれも分裂選挙に陥りかねない異例の展開を呈しています。



立候補者は仲井真弘多知事、翁長雄志那覇市長、下地幹郎元郵政民営化担当相、民主党県連代表の喜納昌吉氏。 喜納氏は移設反対を主張している翁長氏が「辺野古の埋立て承認の撤回」を公約に明記しなかったことを批判して立候補を表明。

しかし、そもそも既に、知事が承認した政府の埋め立て申請を、後で撤回したり取り消したりすることは可能なのでしょうか?もちろん承認手続きに瑕疵があったり、深刻な環境破壊など公益に反する状況が明白になったりすれば撤回できる」かもしれませんが、辺野古の場合には、長い期間をかけて環境も調査し、反対派が理由としているジュゴンの生育地も現場から遠く離れているので、それほどの悪影響はない」と結論付けられました。
現実的には、撤回は難しいようです。仮に移設反対派の知事が誕生し撤回した場合、国が県を相手に違法確認訴訟を起こす可能性もあるとか。
そもそも、一国の総理(たとえルーピーと呼ばれていたとしても)が辺野古の代替案を見つけられなかった問題。
辺野古移設反対の候補者は、その方法論を示すべきですね。
そうでないと、県民は支持しません。そう思っていたら、国際通りでチラシを配っていたおじさんがいました。

内容は、普天間固定化と辺野古移設、どちらが県民にとって実利があるかと言うものでした。
なるほどと思いましたので記載しておきます。








琉球島嶼文化協会 ホームページはこちら



りゅうかるさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス