ケモノガリ【本】 | 史上最強の暇人日記
2010年10月06日(水)

ケモノガリ【本】

テーマ:本紹介・感想
どもどもです!!

何だかんだで書くこと迷ってる暇人です。

いやー。何書けばいいかわからないんだけど、色々書くネタはあるんですよね。

困っちゃって困っちゃって。



▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


本の感想。


評価とかはしないし、



ネタバレちょくちょくあるので読みたくない人はUターン。





ケモノガリ


ケモノガリ (ガガガ文庫)


あやかしびと等の18禁ゲームのシナリオライター 東出 祐一郎さんの作品。

奈須きのこさんがオススメしていた作品ゆえに読んでみた。



この人すげぇよwwww



ニヤケ顔でかなりハイペースに全部読み終えてしまった。


この東出さんは・・・。



完全な中二病患者だ。


こう評価せざるをえない作品。


小説としては粗が目立つように感じた。

だけど、暇人はこんな作品めちゃくちゃ大好きですよ。


奈須さんの作品と比べたりすると劣るかもしれないけど好きです。



作品を一言で言うならば・・・。



主人公の俺つぇぇぇを満喫する作品ヽ(゚◇゚ )ノ



読めば読むほど目が冴える。

気づけば殺害殺害殺害殺害。

あっという間に作品内部の人間の数が減るわ減るわ。

びっくりです。


何が何だかわからないで色々進むし、主人公の強さの理由も説明皆無。

それなのにあっという間に読み終えてしまった。


序盤の
逃亡展開が凄く良かった。

追い込まれてる感があって、緊迫感が凄くて面白かった。あんまり他の作品でない気がしたんだよな。

終盤の戦いは凄く色んな意味で『濃い戦い』だと思った。濃すぎるかもなw



キャラクターの個性とかそういうものとは関係なく、エンターテイメントって感じ。

キャラクターの内面を掘り下げてほしいとか思ってたりする人は合わないかもしれない。


だけど、敵がかなり濃い。一回読んだら忘れない敵キャラ。

ロビン・フッドが凄いね~。武器とかも凄い面白い武器だったな。

他の娯楽提供者(エンターテイナー)はちょっと適当にやられた感があったので残念。

ま、凄すぎる『ケモノ』が相手だったのでしょうがないか。


何だかんだで勢い任せ


色々言われるかもしれないけど凄い大好きですよ。

アク強くて作品としての完成度は低いけど好きだ。

オチも気になるオチだったので続編読みたいわ~。



ケモノガリ 2 (ガガガ文庫)/東出 祐一郎

¥660
Amazon.co.jp


次はどうなるんだ!!!!!


楽しみだな。続編。

敵がどんなのでてくるのか気になる。

凄いチープな名前っぽい気がするんだよなw

今回も結構面白い名前だったけどさ。



是非とも勢いとかで乗り切りる作品が好きな人は読んでみてくださいませ。


ちょっと読んでみると、中盤あたりで奈須さんのツボにハマる理由が分かりますよwww




んじゃ、また次回パー


チャオ×2モノクロブー



DDD 1 (講談社BOX)/奈須 きのこ

¥1,365
Amazon.co.jp

暇人RYUさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス