曲技飛行は航空法違反

 

ブルーインパルスは危険 愛知住民388人刑事告発

 昨年3月5日の航空自衛隊小牧基地(愛知県小牧市)航空祭で、「ブルーインパルス」が人口密集地の上空で「曲技飛行」を行ったのは航空法違反だったとして、名古屋市、春日井市、小牧市、豊山町などの住民388人が26日、名古屋地検に前小牧基地司令と飛行隊員を刑事告発しました。

 航空法の第91条は、国土交通省の許可なしに、人や家屋の密集している地域の上空で宙返り、横転などの曲技飛行を行ってはならないとし、第81条では低空飛行を禁じています。ところが、昨年全基地司令が大臣に許可申請もとらず、航空法を無視した「曲技飛行」「超低空飛行」を行ったことを糾弾しています。昨年3月の航空祭では、基地周辺の2市1町(春日井市、小牧市、豊山町)の首長が展示飛行に反対。周辺住民8479人分の反対署名が大村秀章県知事に提出されました。

 

危険な飛行中止せよ やめさせる会が会見

 ブルーインパルスの飛行をやめさせる会は26日、前小牧基地司令らを刑事告発した後、名古屋市内で記者会見をしました。

 告発人代理人の長谷川一裕弁護士が「告発人が目標の200人を大きく上回って388人になった」ことを報告。昨年3月の航空祭で行われた展示飛行の動画を分析した結果、航空法違反が明らかになったと述べました。

 市川哲宏弁護士は、地検に提出した動画を示し、低空飛行を続けている様子や、機体の姿勢を急激に上向きに変化させている様子、急上昇・急旋回した様子などを紹介。「航空機の異常な姿勢での飛行は墜落の危険性がある。危険な飛行は今後も中止されてしかるべきだ」と話しました。

 同会は、防衛相に「横転」の定義について、「機体を90度以上に傾ける行為」をさすのではと質問。防衛相は、「横転の定義はないが、一回転した状態をいう」と回答しました。

 ブルーインパルスの飛行をやめさせる会の安達賢一郎さんは「事故が起きれば犠牲になるのは地元住民。なぜ、あえて危険を伴う曲技飛行をするのか、腹立たしい」。小牧市の女性は「3月3日航空祭でもブルーインパルスの飛行が予想される。何としても中止させたい」と話しました。