昨年12月20日に新たに着任した航空自衛隊小牧基地の基地司令が、小牧基地のホームページの新年の挨拶で、ブルーインパルスの展示飛行計画を明言しています。(以下、抜粋)

「今年の3月3日には、毎年恒例の小牧基地航空祭、オープンベースを開催予定です。今年で4年連続となるブルーインパルスによる華麗な飛行展示も計画中ですし、」

これは極めて異例だと思います。なぜここまで前のめりにブルーインパルスの展示飛行計画を前面に押し出しているのでしょうか。

そもそも2015年には春日井市、小牧市、豊山町の首長が当時の基地司令に対し、直接ブルーインパルスの展示飛行の中止を求めています。その後も春日井市は明確に反対の意思を示し、小牧市、豊山町も2015年の姿勢は崩していません。

自治体の同意なしにブルーインパルスの展示飛行は許されません!

このまま黙って見過ごすわけにはいきません。