夫夫というものは…

テーマ:




こんばんは
ななぴぃです




僕はこのブログに
ネガティヴな事はあまり書きたくないと思っています




だってみんなそれぞれ生きるのに大変なのに
わざわざ他人の不幸話を聞きたかないでしょ?
(他人の不幸が好きな人もいるけどさ)




ブログだけじゃなく
愚痴れる友達は1人いれば良くて
あとはニコニコして生きてた方が僕にとっても
お得なんですもの



今振り返ると
僕はいままでもずっとそうやって生きてきた気がする



そもそも愚痴れる人が1人いるなんて幸せだよね
自分がゲイって事を誰にも言えなかった時なんて
相談や愚痴れる人もいなければ
何より自分自身が大嫌いで死ねばいいと思っていたんだから。




だから学生時代
上靴を隠されても
息が止まる位殴られても
卒アルの写真撮影前に髪をヘンテコに切られても
何されても
笑っていられたのよ
その方が得だし、自分も自分が嫌いなんだから




でも、振り返ってみるとさ、
このブログを始めた時の想いは
1人のゲイとして
『幸せに暮らす僕ら夫夫を多くの人に知ってもらいたい』という想いや
『LGBT含む性的少数者』を身近に感じてもらい、知るキッカケになれればなんて、
もっともらしい心情があった訳よね。




だからもちろん
ゲイの方から
僕の発言や行動に対して
「ゲイがみんなお前のような人間だと思われたら困る!」とか
時にはお叱りを受ける訳ではありますが…
気にしておりません!



だってそもそも
ゲイ=同性愛者であって
人間性なんて人それぞれだもん
そんなの当たり前じゃん




それでも
僕が亮介君と結婚式を挙げて
夫夫仲良く暮らす生活をこのブログで配信して
若い同性愛者の方に
『僕のようなこんな人間でも、幸せに
生活出来てるよ( ´∀`)』
って
少しでも生きる希望になれればと思ってたのよね




だから自分で
『幸せを掴んだゲイ』として
ちゃんとしなきゃ!
ゲイ=不幸
と若いゲイの方たちに思われない様に
自分が一番幸せでいなきゃ!
と自分に課してたのね




でもね…




夫夫生活って大変だわ!




それはもしかしたらゲイとかもう関係ないね!
他人と生活をする訳だから
大変なのは当たり前なんだわ
きっとね



亮介君にプロポーズされた時には
大変な事もあるだろうけど
二人なら乗り越えられる!
と思ったのよ。



でも大変だわ!




亮介君はキチンとした人で
プライドもそこそこ高い人
几帳面なのだけど
でも間違った事は言わないのね




それに比べて
ななぴぃは
何事もあまり深く考えてない
能天気者




今日は
洗濯物干しっぱなしで
しかもベランダの網戸もドアも全開で
そのまま仕事に行っちゃったの。私。
しかもその後雨降って洗濯物は台無し…



言い訳だけど
家で仕事に集中してたら
出かけなくてはならない時間に気づかず
あわてて
そのままダッシュで家を出たらそんな事になっていたのね





それに亮介君は激怒(*´Д`*)




LINEでこっ酷く叱られた私。
網戸も閉めないでゴキブリが入ってきたらどうするんだ!!って
(8階なので泥棒は入れない)



でも僕もさ、
すぐムキになるから
「その言い方がムカつく!なんなの!モラハラ!」とかって言い返したの。




だってさ、洗濯物干しっぱなしにしちゃうミスってよくある事じゃん
また洗えばいい話でしょ?
それかそのまま明日まで干しとけばいいじゃない!そのうち乾くわ!




網戸開けっ放しは自分でも良く分からないんだけど事故よ!!




いつもいつも叱られて
もう完全頭に来ちゃったの




だから、もう
『1週間口聞かない!ご飯もつくらない!てか家出してやろうかな!』
とか思いながら帰ってきたの




帰ってきたら
亮介君は寝室で寝てたんだけど
その寝顔をみたらさ




『ごめんね』って思えちゃってさ
亮介君も仕事でイヤな事あったのかな?とか
考えると
ギュってしたくなっちゃってさ




『いや、でも今自分は怒ってるから!』と自分に言い聞かせて
ぎゅってするのを我慢してさ



本気でムカついてるハズなのに
愛おしいのよね
そんな自分に腹がたつし




だからね
夫夫ってやつは難しいわ…









AD

コメント(21)