麺類のだしは「めんつゆ」と決め込んでいませんか? | レシピのいらない料理術

レシピのいらない料理術

サイエンス クッキング プロデューサー 木村万紀子のブログ

うどんだしは、市販のめんつゆで!

多くの方がそうされているのかもしれません。

その中で、
「うどんだしを自分で作れませんか?」

と、この一年、もう何度も聞かれています。

なぜだと思いますか?

・・・・・・・・・


 

サイエンスクッキング プロデューサー
木村万紀子です。

あと2週間ほどで、春休みですね。

そんなときのお昼ご飯や、
週末のお昼ご飯、

簡単に済ませたいときに活躍するのが

「麺類」


だから、ちゃちゃっと作りたい。



うどん、そば、そうめん

麺類のだしに、
めんつゆを希釈して使っている

という方は、

「普通はそうするものでしょう」
と思っていると思います。


それでも、考えください。



おうちにあるめんつゆは1本だと思います。

それで、うどんもそばも作っていたら、

いつも、同じ味ですよね。



当たり前過ぎて感じたことがないかもしれませんが、


今日も、この味、うれしい~というより

おうちで食べる麺類は、こんなもん

と、いささか飽き飽きしていませんか?


その味に特別な期待もしないというか。

考えてもみてください。


自らもその味に期待していない
食事を作ることほど、

面倒なことはありません。

△  △  △

どこか思い当りませんか?



う~ん、私が思うには、

めんつゆは、おいしくできていますが
独特のだしの味に特徴がありすぎるのですよね。


そのメーカーの
めんつゆ一色になってしまう。



では、外食したらどうでしょう?

うどんには、うどんのだし。

そばには、そばのだしがあります。



関東で食べるのと、
関西で食べるのとでは、

そのだしが違いますし、

濃口しょうゆか、薄口しょうゆか、
その割合も異なります。



家では、
そんな味は出せないと決め込んで、

めんつゆありきだと思っていました??

 

作れますよ!おうちで。

 

ちょっと時間がある日に、

ご主人に
「今日のうどんのだし、いつもと違うね」

と言わせてみませんか?



化学調味料のうまみにどこか頼っている
ところがある

めんつゆ ではなく、

自然なうまみのうどんだしを作ってみませんか?



この味ほっとする~♡

をおうちで作り出すのです。



みなさんが、
めんつゆを使う理由は

①だしのとり方がわからない

②しょうゆの他に、

 何をどう混ぜたらいいのかわからない


からだと思うのですね。



ということで、
今日は、だしの話からします。

%LAST_NAME%さんは、
うどんやそばのだしは何でとると思いますか?


こんぶ

makombu-01 290.jpg


かつおぶし
かつおぶし2.jpg



ブブー  × ×


「えっ!?違うの?」

と思われましたか?



半分正解。


これは吸い物のだし。


おうちで、
うどん屋さん、そば屋さんの味に
手軽に近づけたい

ときには、あるものが足りません。

次回は、それが何なのかからお伝えしますね。

 

 

サイエンスクッキング・プロデューサー 木村万紀子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス