本とお芝居

テーマ:

 

 

 

 

 

前も一回読んだのですが、図書館で見かけて今一度読みたくなりまして。

時を経て読むことで理解が深まることもあります。

 

水木先生の太平洋戦争体験記が衝撃過ぎてそれ以降をあまり読む気がしなかったのですが、改めて読むと面白いです。そんなに解りやすいわけでもめちゃ面白いわけでもないんですが、その解かりにくい感じもひっくるめて昭和後期なのかなって気がします。

本はほぼ楽しいです。まあイマイチだなって思ったらその先読まなきゃいいだけなので、楽です。それに選ぶ時点でほぼ失敗しないです、自慢です。

 

舞台は、ね。

ですので出演する際は一所懸命やります!

 

でも、先日は楽しいお芝居を観てまいりました。

 

 

艶∞ポリス「個性が強すぎるのかもしれない」で共演しました足立さん(足立信彦さん)所属の

 

順風男女 コント公演2017 の新作公演

 

「順風ジャンボ」

 

を観てまいりました。

 

美穂さん(伊藤美穂さん)、ひろむ(緑川大陸くん)、鶴ちゃん(鶴町憲さん)も出ております。

 

美穂さんはもう、なんにもしてなくても面白い、上に、なんかやるとめちゃ面白い。

 

ひろむはスゴイ。あの若さでコント公演に出るってなったら、もっと「やらかしてやるぜ!」ってなって実際やらかしちゃうパターンってよくあるのに、ひろむはちゃんと引き算してる感じが素敵。

 

鶴ちゃんがコントやってるのを客席から観るのはかなり複雑な思いです。過去三回共演してて二回はコントだもんで。いや、全然ダメ出しとかじゃなくて。鶴ちゃんが舞台上でふざけてるのを観るともうね、ホントにね

 

「なんで俺はそこにいないんだ?」

 

って思っちゃう。なにかまたやりたいですね。

 

 

観に行ったみなさんと。でしゃばりみたいでごめんなさいね。

 

22日まで下北沢 OFFOFFシアターでやってます。

 

前回共演して、毒っ気のない素敵なお兄さんだと思っていた足立さんが脚本を書いたコントがどれも頭のおかしい作品たちで

 

「あ、この人、実はこんなにぶっ飛んでたんだ。」

 

とわかって足立さんの事がもっと好きになりました。

 

 

ではまた。

 

AD