The Swim Smarter Kit: My Invention/スイムスマーターキット | 今井亮介でよかろうもん!!Ryosuke Imai's Blog

今井亮介でよかろうもん!!Ryosuke Imai's Blog

Ryosuke Imai expresses in English and Japanese 株式会社ワンダーイヤーズ代表のブログ 英語/日本語


テーマ:
I had a brief discussion on my invention, "Swim Smarter Kit" when I met up with this eminent triathlon coach in Tokyo. She said she appreciated the kit and had her swimmers/triathletes use it so they learn to recruit latissimus dorsi in swimming motion.   
 
I am happy with the fact that many coaches & athletes of various sports find the kit valuable and use it in their training. Yes, the kit works for pretty much all the sports and I knew it did when I first came up with it. Well, I got a help of former pro tennis player, Alex Sugai, in production process. Of course it works for sports other than swimming.
 
{4F397069-1348-4190-9F8F-6B3C09FA5361}

 

The concept of the (Swim) Smarter Kit is to to enhance your movement by updating your muscle memory. With the kit, your body learn to execute the specific movements, targetted to improve your performance, more efficiently using correct muscles, in correct order, and in hermony. 

 

The kit has 2 attachments and 2 different tubings, one heavy and one light, to your body. Light tubing should be attached to either your wrists, or your ankles, and heavy tubing should be attached to the body parts closer to your core.  

 

The aim for attaching the heavy tubing to the part closer to your core is that you recognize using proximal muscle with your core muscle recruited in a motion. The tubing emphasizes the stimulation so the proprioceptive information your body and brain receive would become clearer.  

 

Furthermore, the kit enables to shorten the leverage your body would deal with the load. That contributes to sphisticate your movement. Most swimmers, especially beginner to upper intermediate, tend to use their hand, which means distal muscle here, to generate power and it results in deteriorating movement effiency. Well, you aren't as relaxed as you should be in the sports. I think it is because your sensory nerves are concentrated around your hands. You could swim faster, longer and easier by updating your movement.

 

The triathlon coach pointed out that you did not need lighter tubings since heavy tubings attached closer to the core would pretty much do the work. I agree with her on that, but you have to be a veteran of the sports to understand the magic of the kit only using 1 tubings. The light tubing helps people to imagine their target sports/activities and it would make their training and movement optimal.

 

The kit is versatille. Those tubings and attachments gives freedom which you could come up with optimal exercises for your sports and target movement. 

 

東京出張でトライアスロンのコーチの方にお会いし、僕が考案したスイムスマーターキットについて意見を交換しました。キットを評価して下さり、生徒さんに動作中の広背筋の動きを理解してもらうために使用するそう。

 

(スイム)スマーターキットがより多くのスポーツでコーチやアスリートの方々に評価され、トレーニングに用いていただいていることを嬉しく思いますね。ということで、このキットは水泳以外のスポーツにも有効ですし、これを考案した時に様々なスポーツに有効だと思っていました。このアイテムの商品化について力を借りたのが元プロテニスプレーヤーのアレックス須貝さんだから当然なんですけど。

 

このキットのコンセプトは、「筋肉の記憶のアップデートによる動作の洗練」。キットを使ったトレーニングにより、パフォーマンス向上を目的とした、動作においての正しい部位や順序での調和的な筋力発揮を体が学習することを狙っているんですよね。

 

このキットは2つの強度の異なるチューブとアタッチメントを用います。軽い方のチューブは足首や手など、体幹から遠い部位に装着。重い方のチューブは体幹に近い部位に行きます。

 

重い方のチューブを体幹部近くに装着する理由は、動作中にコアが動員され近位の筋肉が動いていることを、チューブで刺激を高めることで固有受容感覚向上のために学習したいから。

 

また、キットが体幹に近いところに装着されることで、テコの原理の作用点から支持点までのトルクを短くすることができるため、作用点(末端部分)付近の過緊張を防止し、動作をより洗練させやすくなるんですよね。

 

多くのスイマー(特に初級から中上級あたり)は動作中に遠位の筋肉が緊張した状態で泳ぎ、結果的に動作の効率を悪化させているのではと考えてまして。感覚神経が掌に集中している点がこの現象の理由だと予想しますが、動きのアップデートでより速く、長く、楽に泳げるようになるのでは。

 

お会いしたトライアスロンのコーチから、体幹近くのチューブだけでその効果は十分発揮できるのではとご指摘いただきました。直接的な効果という点では賛成なんですが、キットのチューブ1本でその効果を認識するにはスポーツにおける熟練が必要だと思うんですよね。

 

軽いチューブが作用点近くにあることで、ユーザーが向上を目的にしているスポーツや動作をイメージしやすくなり、エクササイズをより最適化するでしょう。

 

このキットはたくさんのトレーニングに応用可能なので、様々なスポーツや動作の最適化に役立つでしょう。

 

 

 

 

 

今井亮介さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります